べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムの建国
ドンソン文化

 紀元前から北部ベトナムの紅河(ホンハー)流域一帯には東南
アジア最古の青銅器文化として知られる東山(ドンソン)文化が広
がっていました。

 東南アジア地域から出土する青銅器で銅鼓(どうこ、青銅器の太
鼓)を持つのがドンソン文化です。この文化の名はそれらが出土し
た地名からつけられています。この文化は青銅器文化と思われて
いましたが、この遺跡から鉄器も出土しており、後期は鉄器時代に
入るものと考えられています。紀元前1000年から紀元後200年
頃まで続いたドンソン社会は、農業が主体で、首長が共同体の成
員を支配する階級社会が成立していたと考えられています。

 この時代の人々を古越人と呼び、現在のベト族の祖先と言われ
ていますが、祖先については中国・紹興一帯を支配した越の末裔
が、民族のルーツとの説もあります。



ヴァンラン国(文朗国)  伝説の国

 ベトナムの史書「大越史略」によ ると、紀元前1千年の中頃、紅
河沿いに雄王(フンヴオン)と呼ばれる支配者が文朗国(ぶんろう
こく、ベトナム語:Văn Lang)を作っていたといわれています。

 雄王とは称号であり、王の名前ではありません。

 文郎国は、ベトナム史上初の国家とされていますが、国家形態
を示す記録も遺構も存在しないため、伝説上の国家とされていま
す。

 この時代はいろいろな部族が群雄割拠しており、そのなかで青
銅器文化をいち早く取り入れたVăn Lang部族が最も強力な部族
になったと思われ、雄王(フンヴォン)の下に他部族を吸収してい
たようです。Văn Lang部族の中心はハノイの北西、現在のフート
ー省のBack Hacにありました。

フン王1
フン王


フン王1 (1)
ヴァンラン国


雄王(フンヴォン)伝説

 フン・ヴォン(雄王)はベトナムにおける伝説の王で、ベトナム最
初の王国の建国者とされています。その昔、龍と仙人が結婚し、1
00人の子どもが生まれました。龍である父に従った50人の子ども
のうちの長男がフン・ヴォンとなって王国を造りました。ですからベ
トナム人は龍の子孫ということになります。龍は旧正月やお祭りの
時には町を練り歩きますし、宮廷の石段の両サイドにも飾られてい
ます。中国の史書によると、ベトナム最初の王国は、紀元前2880
年に建国されたそうです。その後、紀元前258年に滅びるまでの
2622年間、フン・ヴォンを名乗る王が18代続きましたから、一代
の王が146年間君臨したことになります。伝説なので、話の内容
が若干違っている説があります

 この伝説に基づく「雄王神社=デン・フン・ヴォン」が北部ベトナ
ムを中心に多数存在し、なかでもヴィンフー省のギアリン山(175メ
ートル)の「デン・フン」は国家的な信仰の対象となっています。

フン王1 ()

フン王1 (3)
デン・フン


 1954年9月19日にはホーチミンが参拝しており、有名な言葉を
残しています。
「雄王が苦労して作った国を、我々はお互いに力をあわせて守って
いかねばならないのです」
フン王1 (4)


 1993年にはベトナム共産党書記長ドー・ムオイも参拝しています。    

 フン・ヴォンの命日3月10日(旧暦)はベトナムの祝日になりまし
た。


 サイゴンでも文化公園の中にフン王を祭っている寺がありますし、
フン王の命日には盛大なお祭り儀式があります。
フン王1 (5)

フン王1 (6)


 紀元前258年、文郎国は安陽王(アン・ズオン王)によって滅ぼ
されました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。