べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム書道
ベトナムも昔は1000年も中国の属国でしたから書道の文化があるのは推察できる
のですが、石にアルファベットで文字を書くのはベトナム独自で発展した文化ではと思います。

昔は漢字で書いたのだと思いますが、1930年ごろからアルファベット文字の書体が
現れたそうです。

日本でも山奥の川原にわざわざ石を探しに行って、村人の力を借りて下流まで運んでもらい、
わが子のようにピカピカに石を磨いて置物にしている趣味人が居ますが、ベトナムではその石
に書道が付け加わっているのですからとても手間のかかる芸術作品なんです。

ベトナムにはお正月(テト)近くになると自分の好きな言葉や詩を書道家に書いてもらい、
自宅のインテリアとして飾ったり贈り物などにする慣習があるそうです。

先日、焼身自殺でも有名なサーロイ寺に行きましたらお土産店に文字だけが書かれた絵葉書?
が売っていました。


01書道 (1)  02書道 (2)  03書道 (3)



04書道 (4)  05書道 (5)  06書道 (6)



07書道 (7)  08書道 (8)

08 これは書道でないかもしれませんが

LACQUER WARE

ベトナムとはもともと森林を意味する言葉なのだそうですので、この国では木製品の工芸
が盛んです。

ラッカーウェアーはパイン材やぶな材に貝殻などを貼り付け、ラーカーを表面に塗った
木製品です。繁華街のお土産やには必ずラッカーウェアーという看板があるお店があります。

このラッカーウェアーで有名なお店にTAI SON という店があります。製造販売をしていて、
観光バスも止まっています。

ラッカーウェアーを知らないうちは漆なのかなと思いましたが、このお店に行って製造過程
を説明されてラッカーウェアーの知識が身に付きました。

完成品が出来上がるまでの工程は17段階あり、工期は約3カ月だそうです。
店内には見ただけで高そうな商品がスラリと展示されています。

場所はNAM KY KHOI NGHIAとVO THI SAU のT字路にあります。

ついでですが、TAI SON の隣には、BLUE-WHITEのセラミック屋さんがあり、日本では手に
入らないような巨大な花瓶を売っています。これも大変高そうで値段を聞く
気にもなりませんでした。



01TAY SON (1)  02TAY SON (2)  03TAY SON (3)


04TAY SON (4)  05TAY SON (5)  06TAY SON (6)


07TAY SON (7)

ベトナムの陶磁器
 01陶磁器 100 (1)   02陶磁器 100 (2)   03陶磁器 100 (3)


 04陶磁器 100 (4)   05陶磁器 100 (5)   06陶磁器 100 (6)

ベトナムの木工製品
 01木工製品 (1)   02木工製品 (2)   03木工製品 (3)


 04木工製品 (4)



ベトナムは木工製品の製作で有名。日本の家具製造業社も何社かベトナムの工業団地に工場を持っています。

日本の大手の家具屋さん(ニトリさん)などで売っている家具、多分ベトナム産です。

ホーチミン市の国営デパートの2階に行くとシクロなどが全部木製で作ったオブジェが飾られています。
タイヤまでが木製です。昔タイヤは本当に木製だったのです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。