べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグロの刺身
P1220335.jpg


ホーチミン市の日本食堂で刺身定食を食べたら、まず5ド
ル以上はします。日本の価格感覚からすれば安いかもし
れませんが、ベトナムの物価水準を考慮したらとても高い
価格になります。我々庶民の一食は1ドルで食べられる
のですから。

最近、日本食材を売っているレタントン通りのスーパー、
シティーマートで冷凍のマグロの刺身を売っているのを
見かけました。とても安かったので味見のため買ってみま
した。

6人分の定食ぐらいあって、42000ドン。ベトナムの海で
取れたものなのか、輸入品なのかわかりませんが、赤み
のマグロです。味も日本で買うものと変わりませんでした。

ベトナム人も基本的には生の魚は食べないようですが、
しかし最近は日本の寿司が食べたいという人がたくさん
いて、ちょっとした寿司ブームです。

いつでも買えるわけではありませんが、たまに自炊される
方は、一度味見する価値はあります。でも最初はわさびと
日本の醤油も買わねばならないので高くついてしまいま
す。

ベトナムの塩
塩 (4)


ベトナムの塩、とにかく美味しいです。マンゴー食べると
きも、ステーキを食べるときも塩を使います。日本でも高
級料理店で新鮮な寿司、天ぷらや牛肉食べるとき塩だけ
つけて食べるそうですが、ベトナムでは日常食でよく塩を
使います。

ベトナム国も東側は全て海岸ですから、塩田はそこら中
にあるそうでが、有名なのはファンティットからニャチャン
にかけての海岸で、このあたりにはには大規模塩田が続
き、ベトナムで生産される塩の80%が産出されます。

海水から塩を作るには、いったん海水を沈めて不純物を
取り除いてから、蒸発させて作りますが、ベトナムではこ
の過程がなく、ほんとに素朴な天日塩田ですので、
不純物がたくさん塩に含まれています。しかしこの不純物
がきっとベトナムの塩を一味違った美味にしているのでは
ないかと思われます。

出来上がった塩は倉庫に入れることもなく、売れるまで海
岸に山積みにしておくだけ。雨季が近づけばシートをか
ぶせる。塩作りの工程はとてもシンプルです。

塩 (1)  塩 (2)  塩 (3)

ホビロン ( Hot Vit Lon)
P1190769.jpg


孵化寸前のアヒルの茹で卵で、日本人は大好きな人と見る
のも気持ち悪いという人に極端にわかれているようです。

私も後者に属する部類ですが、ベトナム庶民はよくビールの
つまみに食べています。一個5000ドン位です。

スプーンで卵の上を数回叩いて壊し大きな穴を開け、スプー
ンですくって食べます。ピンク色した調合香辛料をつけている
のですが、このピンク色が輪をかけて気持ち悪いのです。

ベトナム野外食事風景
ベトナム人の食事風景には歩道がつきものです。歩道に小さなテーブルと椅

子を出して食べていると何だかキャンプに行って食事をしているみたいです。

野外で食べる食事もなかなか美味しいものです。

屋根のないところで食べる食事はニャ-ハン-ガン-サーオといいます。食事所-

千-星 の意味です。つまり5つ星のレストランもいいけど、われわれは5つどこ

ろか千の星が輝いている所で食べているんだぞという意味でなかなかしゃれっ

気のある言葉です。中にはホントに5つ星レストランより美味しい野外食事処が

ありますので、観光の一休みにちょっと立ち寄るのも楽しいものです。



01食事風景 (1)  02食事風景 (2)  03食事風景 (3)
01~03 野外というより路上での昼食。ここでは普通です。


04食事風景 (4)  05食事風景 (5)  06食事風景 (6)
04~06 仕事帰りの一杯。これもベトナム人は大好きです


07食事風景 (7)  08食事風景 (8)  09食事風景 (9)
09 これ練炭といいます。もう今の若者は知らないかも。昔、日本でも使っていたのですよ。
飲料水
東南アジアでは衛生面から水道の水は飲まず、ペットボトルの水を買って
飲むのが一般的ですが、バンコクなどでは水道の水も結構、品質が向上し
ていて、そのまま飲んでも大丈夫じゃないのと言われる程になっているよう
です。上水道事業は日本が援助しているのですから。

ここホーチミンはまだペットボトルを買う状況ですが、現在では自動給水器
が取り付けられている建物も出始めてきました。リートゥチョン通りにある
図書館にも設置されているのですが、もっぱら学生さんが、空のペットボトル
に水を継ぎ足して持ち帰っています。まあその程度は何ということないのですが、
問題は残水を受ける口が塞がれていることなのです。

前の人の飲んだコップをゆすぐことが出来ないのであります。水を大切に、
節約して飲みましょうという意図なのでしょうが、衛生的には不安ですよね。

ベトナム人の露天での夕食を見ていると、大きなピッチャーに冷茶が入って

いて、コップは回し飲みしています。ゆすぐなんてことしませんから、これが
当たり前なのでしょうか。

バンコクの人はB型肝炎も多いことから、コップから直接、飲み物を飲むこと
ははありません。必ずストローを使います。


P1080789.jpg
赤いテープで残水口が塞がれています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。