べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムワイン
ベトナムでよく見かけるお店の一つにワイン専門店があります。日本ではデパ
ート内の一角にほかのお酒類と一緒にワインも陳列して販売していますが、ホ
ーチミン市では繁華街に面した家族経営のような店舗でよくワインだけを専門
に販売しています。誰が買いに来るのでしょうか?。

ワインの価格はそれこそピンキリですが、概して安い品揃えになっています。

日本では1本10万円するワインなど、ざらにありますけどこちらでは1000円か
ら5000円ぐらいの品揃えです。

それでもベトナム庶民にとっては高値の花ですから、店内が人だかりなどという
光景にはお目にかかりません。

現在ベトナム産のワインはダラットワインだけですから、100%近く輸入品のワ
インが並んでいます。

ダラットはホーチミン市から300Kmぐらい北上した高原地帯で、フランス植民
地時代に避暑地として開拓されています。この地域が唯一、ベトナムでワイン
作りに向いている気候らしく、他地域ではぶどうの栽培がうまくいかないそうで
す。

作られているワインはVang Dalat(バン・ダラット)とVinh Tien(ビン・ティエン)と2
つありますが、ホーチミン市に出回っているのはバン・ダラットでビン・ティエン
は見かけません。

ダラットワインはベトナム人がフランスに行ってノウハウを教わってきて作ったベ
トナム最初のワインで、葡萄に桑の実を加えさっぱりした辛口に仕上げている
とのことですが、一説には蓮の実が混ざっていますという人もいます。ワインが
好きでも、微妙な味がわからない私には何が混ざっていようが、美味しければ
いいのですが。

何でもありのベトナムでは、ダラットワインのラベルを張り替えてフランスボルド
ーワインとして販売していた業者がハノイで摘発された、などと聞くと飲みたくな
くなってしまいます。

ソムリエさん曰くには、揚げ春巻や鶏手羽のニョクマム風味焼きなどとあうそう
ですよ。


01ダラット1  02ダラット2
01 赤、白、チェリーがあります。
02 パスター通りにあるワイン専門店
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/98-3fbb3f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。