べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーク ハイアット サイゴン
パーク ハイアット サイゴン PARK HYATT SAIGON
2 Lam Son Square, District 1
TEL 08-3824-1234


01ハイヤット1   02ハイヤット2

パークハイアットはシカゴの大資産家、プリツカー家が世界規模で展開
する大型ホテルチェーンのうち、隠れ家的コンセプトを持つ、300室以
下のスモール・ラグジュアリホテルにつけられるおテル名です。客室数
が少ない分、きめ細かなサービスをモットーとしています。

コンチネンタルホテルの隣、人民劇場の裏側にあたる場所に2005年に
オープンした9階建、252室を持つパークハイアットホテルはコロニアル
調のエレガントな最高級ホテルで近辺の景観を一気に美しく変貌させま
した。
最新の設備を誇っているにもかかわらず、客室の天井にはファンが付け
られ、窓の開閉も自由など古きサイゴンの面影が設計に生かされていま
す。
館内には街の昔の様子を伝える写真もあちこちに飾られています。



03ハイヤット3   04ハイヤット4

パークハイアットホテルの正面入り口の右側、ハイバチュン通りの一角
には1964年のクリスマス・イブに起きたベトコンの「テロ攻撃記念碑」が
建てられており、この場所がベトナム戦争中の悲惨地であったことを歴
史に残しています。観光ガイドブックには載っていないので、観光客も
す通りしていますが。

ハイアットホテルの場所はベトナム戦争当時、6階建て193室を持つブ
リンクスホテル(Brinks Hotel)があり、アメリカのCIAをはじめとする米国
軍首脳陣125人と民間人が滞在していました。

この時期アメリカは北爆を開始しようとしていた時期で、このテロの目的
は「米国による北爆が開始されれば我々も首都サイゴンを攻撃する用意
があり、また攻撃能力もある。」ということを見せ付けると同時に「アメリカ
人によって犯されたすべての犯罪が、このホテルにいる首脳部から指示
されている」ことを南ベトナム人に注視させるためだったとされています。

このテロはベトコンのXuanという人物と彼の仲間が11月の終わりごろか
ら用意周到に準備し、実行されました。1964年12月24日のクリスマス・
イブ、彼らはアメリカ軍事関係者の運転手を装い、17時45分ブリンクス
ホテルの地下駐車場に時限装置付きの90Kgの爆薬を積んだ2台のジ
ープを乗り入れました。駐車場にはガスボンベが多量に保管されていて
爆発時には引火して被害が増大することも計算済みでした。

またこの日のイブにはボブ・ホープを含むアメリカ人の芸能人が呼ばれ
ていたのですが、タンソンニャット空港での荷物の到着が遅れ、難を逃
れています。

そして5時55分、爆発は起こりました。,ガスボンベの誘発も起こり、ホテ
ルの1階は完全に破壊され、周辺の小さなビルも破壊されました。レタン
トン通りをはさんでホテルの向かい側にはフランス文化センターがあり、
ここでフランス語を勉強していた日本人の方が帰路途中、このものすご
い爆音に遭遇し、思わず地面にひれ伏したとの記述があります。

この爆発で2人のアメリカ人が死亡、107人のアメリカ人、ベトナム人、お
よびオーストラリア人が負傷したといわれていますが、死傷者について
は確定した数字がありません。

テロの犯人はその後も捕まることなく、ベトコン側はラジオを使って犯行
声明を出しています。

南ベトナムでの米軍最高司令官ウィリアム・ウェストモーアランド将軍は、
北ベトナムに対して直ちに報復爆撃を認可するようジョンソン大統領に
促しましたが、本国の国務長官ラスクと国防長官のマクナマラはクリスマ
スの期間の戦闘増大が不適当であると反対し。結局なんらの報復攻撃
は行われませんでした。

しかし、ベトコン(Vietcong)が農村地域での脅威にすぎないと確信して
いた米国軍首脳は南ベトナム軍が最強精鋭部隊を首都サイゴンに配置
していたにもかかわらず攻撃されたことに衝撃を受けるとともに、この事
件以降南べトナム軍だけではこの戦争に勝てないと考えるようになり、1
975年ダナンにアメリカ海兵部隊が上陸し、アメリカ陸軍が直接北ベト
ナム軍と交戦するきっかけとなります。

破壊されたホテルは修理され、アメリカの軍関係者はサイゴン陥落の19
75年4月30日まで滞在し続けていたそうです。

南北統一後はほったらかされていたようでベトナム人に聞くとずっと荒地
だったといいます。
サイゴン陥落から20年後の1995年、ベトナムは米国との国交回復を
経て、2000年7月3日の米国との通商協定も締結された後の2005年
にこの地に米国資本のホテルが建設されました。それがこのパークハ
イアットサイゴンなのです。
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/03/15 14:08] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/80-f6aeeba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。