べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争証跡博物館 ベトナム戦争の実態
戦争証跡博物館
WAR REMNANTS NUSEUM
BAO TANG CHUNG TICH CHIEN TRANH
バオタン チュンティック チエンチャン
場所:28 VO VAN TAN, Q1

1975年9月に設立。
当初はアメリカ傀儡戦争犯罪展示館と呼ばれていたが、観光上の理由で穏やかな名前に変更された。
昔の米軍情報省の建物を博物館として使用している。

内部展示場と外部展示場に分かれており、外部には戦争に使われた米軍の戦闘機、戦車、大砲、
爆弾が展示され、野外の別棟にはフランス軍の使用した処刑道具のギロチン、拷問道具、コンソン
島にあったトラの檻と呼ばれていた刑務所の部屋を再現している。

内部にはアメリカ軍のミーライ大虐殺やベトナム全土に無差別にばら撒かれた枯葉剤の被害写真
が展示されています。

日本人の軍事写真家、石川文洋氏の写真も彼の言葉とともに展示されている。

以下は石川文洋氏の言葉
「戦争は一人でも多く相手を殺すことである。だけど、自分は助かりたい。このことを、
神はどう考えているのだろうか」

この博物館に来れば戦争の悲惨さと、犠牲者はいつも一般市民であることを強烈の感じさせてくれる。

この博物館を見学するだけでもホーチミン市に来た価値があります。

10パンフ1  11パンフ2  12正面1



13独立宣言1  14独立宣言2  15パリ和平会談
13,14 1945年の独立宣言
15   パリ和平会談


16戦車突入
16 サイゴン陥落の歴史的瞬間



投入された兵器
20兵器 (1)  21兵器 (2)  22兵器 (4)



23兵器 (5)  24兵器 (11)  25兵器 (12)



26兵器 (13)  27兵器 (14)  28兵器 (15)



29兵器 (16)  30兵器 (17)  31兵器 (18)



32兵器 (19)  33兵器 (20)  34兵器 (21)



35兵器 (22)



投下された爆弾
40爆弾1  41爆弾2  42爆弾3


戦争の実態
50写真 (1)  51写真 (2)  52写真 (3)



53写真 (4)  54写真 (5)  55写真 (6)



56写真 (7)  57写真 (8)  58写真 (9)



59写真 (10)  60写真 (11)  61写真 (12)



62写真 (13)  63写真 (14)  64写真 (15)



65写真 (16)  66写真 (17)  67写真 (18)



68写真 (19)  69写真 (20)  70写真 (21)



71写真 (22)  72写真 (23)  73写真 (24)



74写真 (25)  75写真 (26)  76写真 (27)



77写真 (28)  78写真 (29)  79写真 (30)



80写真 (31)  81写真 (32)  82写真 (33)



83写真 (34)  84写真 (35)  85写真 (36)



86写真 (37)


日本人従軍記者 沢田さんの遺品
90沢田 (1)  91沢田 (2)  92沢田 (3)



93沢田 (4)  94沢田 (5)



枯葉剤の悪夢
100枯葉剤 (1) 101枯葉剤 (2) 102枯葉剤 (3)



103枯葉剤 (4) 104枯葉剤 (5) 105枯葉剤 (6)



106枯葉剤 (7) 107枯葉剤 (8) 108枯葉剤 (9)



109枯葉剤 (10) 110枯葉剤 (11) 111枯葉剤 (12)



112枯葉剤 (13) 113枯葉剤 (14) 114枯葉剤 (15)



115枯葉剤 (16)



刑務所とギロチン
120刑務所 (1) 121刑務所 (2) 122刑務所 (3)



123刑務所 (4) 124刑務所 (5) 125刑務所 (6)



126刑務所 (7)
126 ギロチン処刑場に向かう














スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/68-093c96f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。