べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムのお葬式
ベトナムのお葬式は土葬も火葬もあるようです。都会では火葬が多いようですが、地方ではまだ圧倒的に土葬です。土葬というと土の中に埋めてしまうイメージですが、それもあるでしょうが現在ではお棺を四方をコンクリートで固めた穴の中に入れて蓋をする形式です。

火葬しか認められていない?日本と違ってお棺はとても立派に造られています。

土葬の場合でも何年もすれば、骨だけになってしまうのでしょうか?
お棺の中には香のする木のチップがたくさん入れられます。

お葬式は普通は4日間行われます。親族が遠くに居るときは到着を待って出棺しますので、1週間も続くことがあります。

親族は白装束に三角帽をかぶっていたり、白い鉢巻をしています。参列者は日本のように喪服を着ている人はあまり見かけませんでした。地味な服装なら何でもよいようです。私は黒のT シャツを買って着ていきました。

ベトナムのお葬式は、楽団が来ていてお焼香をするときには演奏してくれます。中にはお焼香にかかわらず、にぎやかに演奏している場合もあると聞きます。

霊柩車もキンキラキンで花車のようです。

ベトナムのお葬式は日本と違って故人が天国に行って寂しくないように楽しく送ってあげるそうですよ。

付けたし
ベトナムの保存技術はすばらしく、ホーチミン主席はそのままの状態で弔問客に相対しましたが、追って中国の毛沢東主席が死去したときに、中国はベトナムに保存技術の教えを乞うたのですが、その時期ベトナムと中国は関係が悪化していた時だったので、ベトナムは教えなかったそうです。結果、毛沢東主席の遺体はかなり腐ってしまって顔だけしか弔問客と対面できなかったそうです。そういえば当時のニュース写真も顔だけしか映っていません。


01お墓1  02お墓2

01 土葬のお墓
02 寺院の納骨室
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/65-ffcb77f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。