べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水上人形劇

起源
ベトナムに伝えられる水上人形劇は、Mua Roi Nuocといい、9世
紀の中国・宋代にあったという「水傀儡」の流れを汲んだものといわ
れています。

文献に現れるのは1121年にHaNam省Doiパゴダに建てられた
漢文の碑文で、Nguyen Cong Batが李王朝の宮廷で水上人形
劇が催したことが記されていますので、碑文の記録以前に紅河デ
ルタ地帯の稲作農民のあいだで演じられたのが起源のようです。

従って伝統的な水上人形劇は、タンロン(現ハノイ)が中心で、劇
団は村ごとの職能組合になっています。劇団の入門に際しては秘
伝を堅く守るという誓いを立て、外部に秘伝が漏れるのを防いでい
るそうです。同様の意味で女性の入団は認められていません。ベト
ナムには『息子の嫁は自分の娘。娘の夫は赤の他人』ということわ
ざがあり、水上人形の動かし方や作り方が他の村に知られないよう
に、絶対秘密にしていました。

ハノイ市内の有名な常設劇団は、中央木偶戯院(Doan mua roi
Trung Uong)と升龍木偶戯院(Doan mua roi Thang Long )があり
ます。

人形の製作
人形の大きさは30~100センチ、重さは1キロから5キロで、いちじ
くの木で作られ、水中にもぐる部分には漆が塗られます。仕掛けは
すべて水中にありますから、人形を操るには遠隔操作が必要にな
ります。この動かし方が秘伝なのでしょうね。


公演
公演は古典楽器の音色と語り手の口述にあわせて人形が動きます。

劇場

ホーチミン市では
Nguyen Thi Minh Khai 通り (旧大統領官邸近く)
GOLDEN DRAGON WATER PUPPET THEATRE
入場料は70000ドン

歴史博物館(街中からタクシーで10分)
小規模です


パンフレット
01人形劇 (1)  02人形劇 (2)  03人形劇 (3)



正面玄関と切符
04人形劇 (4)  05人形劇 (5)  06人形劇 (6)



公演の一部
07人形劇 (7)  08人形劇 (8)  09人形劇 (9)


10人形劇 (10)  11人形劇 (11)  12人形劇 (12)


13人形劇 (13)  14人形劇 (14)  15人形劇 (15)


16人形劇 (16)  17人形劇 (17)  18人形劇 (18)


19人形劇 (19)  20人形劇 (20)  21人形劇 (21)


22人形劇 (22)  23人形劇 (23)  24人形劇 (24)



全員がすだれの奥から出てきて最後の挨拶。
25人形劇 (25)  26人形劇 (26)



楽団です。語りも兼ねています。
27人形劇 (27)  28人形劇 (28)  29人形劇 (29)




30人形劇 (30)  31人形劇 (31)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/54-0499b50e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。