べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給水塔 更新
給水塔

当初  Château d’eau
現在  Công trường Quốc tế(国際広場)


聖マリア教会(サイゴン大聖堂)の裏側から一直線
に伸びたPhạn Ngọc Thạch道路を行くとロータリー
に突き当たります。ここにはフランス植民地時代に
建設された給水塔がありました。

11 (400x303)

1878年
フランスが聖マリア教会の基礎工事を始めだすと、
大量の地下水が湧き出てきて、工事が難航しました。

1879年
フランスは地下水を辿って水源を見つけ、給水塔を
建設し、サイゴンの住民に供給しました。サイゴン
で最初の給水塔です。

1918年
サイゴンの人口増加に対応し、サイゴン-チョロン-
フートー-タンソンニャット-ゴーヴァップを連結し
た新しい給水システムを構築し始めます。

1921年
新たSài Gònな給水システムが完成すると、広場の
南側に建設されていた水道局(現在のTổng Công ty
Cấp nước Sài Gòn=SAWACO=サイゴン水道総公社)
の奥に新たな給水塔が建設されました。会社の敷地
内にあるので見学はできません。

12 (400x252)
左側が給水塔

11月、この広場は第一次世界大戦中のフランスの
英雄、ジョッフル元帥(Joseph Jacques Césaire
Joffre)の来越を控えて「ジョッフル元帥広場」と
命名されました。

13
ジョッフル元帥

1927年11月11日
その後、給水塔に代わってフランスは第一次世界大
戦で戦没したフランスやインドシナの兵士のため
に戦没者記念塔を建設しました。

14
戦没者記念塔

第1次世界大戦でフランスはインドシナ人民を徴
兵し、ヨ―ロッパ戦線に送り込みました。そのほと
んどがベトナム人で、ドイツとの戦場や武器弾薬の
製造工場に送られ9万人が死亡したとされていま
す。

1956年
ゴ・ディン・ジェム大統領はなぜかこのモミュメン
トを取り壊し、その後すぐには新しい建築物が立て
られませんでしたが、1960年代の後半まで地元
の人々はこの広場をCông trường Chiến si (兵士の広場)
と呼び続けていました。

1967年後
現在のモニュメントはデザインコンテストで優勝
したNguyễn Kỳによって設計されたものですが、
グエン・バン・チュウ大統領は香港から風水の専門
家を呼び寄せ、モニュメントは風水理論によって建
築されています。
大統領はサイゴン政権を支援してくれている連合
国に感謝するために各国の名前を刻んだ石碑を建
てました。

15
上部はベトナムの国花ハスをイメージし、池の周り
にはブロンズの亀が置かれました。

1972年~1972年
広場の周囲が整備され交通量も増加していき、広場
は「Công Trường Quốc Tế」(国際広場))と改称さ
れます。

16

1975年後
サイゴン陥落後は連合国の石碑はすぐ取り除かれ
ましたが、亀は無事でした。しかし翌年不審な爆
破裂によりモニュメントは重大な損害が生じまし
た。
その後復旧されましたが、ブロンズの亀は再現され
ませんでした。しかし人々は現在でもこのモニュメ
ントをHồ Con Rùa(亀の池)と愛称しています。

現在、都市部では各家庭で給水塔を持っていますが、
サイゴンでもところどころに公共の給水塔を見る
ことが出来ます。

17
4区のグエンタッタン通りの給水塔

18
マリーキュリー高校の給水塔
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/539-5ca4f3cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。