べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レヴァンタン公園
レヴァンタン公園

植民地時代 Cimetière de la rue de Massiges
(マッシジ墓地)
現在    Công viên Lê Văn Tám
(レヴァンタン公園)
場所 Đa Kao地区
  (ディエンビエンフーとハイバチュン通りの交差点)

11 (400x300)

グエン王朝のミンマン帝の時代にはこの土地にレ
ヴァンズイットの廟があり、チョロンの人々は初詣
に中華街にある寺だけでは足りずレヴァンズイッ
トの廟にまで足をのばしたと言われています。

その後、廟はミンマン帝により国賊として破壊され、
遺骨は不明ですが、廟は1Vũ Tùng, Phường 1, Quận
Bình Thànhに復活されています。

12 (400x268)
現在のレヴァンズイットの廟

1859年
フランス軍はサイゴン侵略の際、戦死した兵士らの
ために現在のHai Bà Trưng, Điện Biên Phủ, Võ Thị
Sáu , Phan Liêm通りで囲まれた一角に墓地を造営しました。
正門はマッシジ通り(現在Hai Bà Trưng
通り)。その後はフランス人だけでなく、サイゴン
に住んだ外国人の墓地となります。

1965年
Massiges通りがMạc Đinh Chi通りと改称されたの
に伴い、墓地はNghĩa trang Mạc Đinh Chị(マック
ディンチー墓地)となります。
この頃からはベトナム戦争で戦死した南ベトナム
の兵士なども埋葬されます。

1983年
ホーチミン市人民委員会は子どもの文化宮殿を構
築するためにマックディンチー墓地の移転とサイ
ゴン市内の華美な廟の取り壊しを決定します。

フランス人はじめ外国人の墓は取り壊され、発掘さ
れた遺骨は焼却されそれぞれの故国に返還され,
ベトナム人の遺骨もライチウの人民墓地に再埋葬さ
れました。
タンソンニャット空港近くにあったアドラン司教
の霊廟も取り壊され、遺骨は現在パリの宣教師協会
に保存されています。

13 (400x249)
アドラン司教の廟

1985年4月30日
南ベトナム解放10周年にあわせて公園が開園し
ます。

当初、この墓地に当初埋葬された著名人:
LêVănDuyệt グエン王朝建国の立役者の一人
Francis Garnier フランスの軍人、探検家
Doudart de Lagrée フランスの探検家
Ngô Đình Điệm 南ベトナム大統領
Ngô Đình Nhu  大統領の弟
Francois Sully  フランスのジャーナリスト
Grace Cadman アメリカの宣教師

現在の公園はきれいに整備され、週末には市民のス
ポーツセンターになっています。

14 (400x299)
現在のレヴァンタン公園

2年に一度、ベトナム中の出版社や文房具店が集ま
り、レヴァンタン公園で展示即売会が開かれていま
す。2016年には9回目が開催されます。

レヴァンタン公園には巨大な地下駐車場や地下モ
ールが2013年に完成する計画がありましたが、
計画倒れに終わっています。


コラム  レ・ヴァン・タン
レヴァンタン公園の裏側はティゲ運河が流れてい
て、そこにはフランス軍の武器庫がありました。
ベトナム8月革命に始まる各地での蜂起の流れの
中、13歳のレヴァンタンは武器庫を破壊するため
自分にガソリンをかけ火達磨になりながら武器庫
のガスタンクに突進し、爆発させました。
この話はベトナムの小学校教科書にも記載された
ため、彼はベトナムの英雄として尊敬されています。
しかし近年、この話の検証が行われています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/538-3759bfd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。