べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史博物館  更新
歴史博物館

植民地時代 ブランシャール・ドゥ・ラ・ブロス美術館
Musée Blanchard de la Brosse)
現在 ホーチミン市ベトナム歴史博物館 
Bảo Tành Lịch Sử Việt Nam, TPNCM 
場所 2 Nguyen Bỉnh Khiêm
レズアン通りの突き当たりで、動物園の入口にあります。

11 (320x400)

1790年
この土地はグエンフックアイン(後のグエン王朝初代皇帝
ザーロン帝)がサイゴンを奪還した時に、援助を惜しま
なかったフランス人アドラン司教のために家を建てたのが
始まりです。

1882年
フランスがコーチシナを植民地にした後、サイゴンには考
古学研究機関が2つ設立され、インドシナの考古学的
工芸品の収集や保存に多大な貢献をしました。

1882年発足「インドシナ研究会」
         (Société des études Indochinoises)
1898年発足「インドシナ考古調査団」
      (Mission archéologique d’Indo-hine)
1900年改称「フランス極東学院」
       (l'École française d'Extrême-Orient)

1925年時点
インドシナの各都市では国営の博物館を持っていました
が、(ハノイ・・1909年、プノンペンとダナン・・1919年、
フエ・・1923年)サイゴンにはまだ適切な博物館があり
ませんでした。     

1927年
海軍の薬剤師であり、古美術収集家であった
Victor-Thomas Holbé博士の死は博物館建設に向け
てフランス当局を動かします。

博士の多くのアジア美術コレクションが壊れたり、オーク
ションで販売されてはならないことを懸念した「インドシナ
研究会」は45000ピアストルで彼のコレクションを買い
取り、政府に博物館を建設させる意図を持って政府に
寄贈します。

1927年11月24日
この戦略は功を奏しコーチシナ総督ポール・マリー・アレ
クシス・ジョセフ・ブランチャード・デ・ラ・ブロス(Paul
Marie Alexis Joseph Blanchard de la Brosse)はサイ
ゴンに博物館を建設する命令書に署名します。

1928年12月
建築家オーギュストデラバル(Auguste Delaval)によっ
て設計された斬新な和洋折衷の博物館が完成します。
展示品の多くは「インドシナ研究会」が収集したもので
す。

12 (400x249)
完成当時の博物館

建物のデザインは基本的には北京のイ和園(中国清朝
の夏離宮)をモデルしたと言われています。

建物は中庭を取囲んで建築される中国の四合院建築
方法で、風通しと採光のため、中庭に向けて窓がいくつ
も作られています。八角錐のドーム型屋根の角には龍や
不二鳥が飾られ、屋根の尖塔には4つの玉が天を仰い
でいます。

1929年1月1日
新しい博物館の開所式が行われ、美術館はその建設
命令書に署名したコーチシナ総督の名誉のため「ブラン
チャード•デ•ラ•ブロス美術館」と命名され、管理責任は
フランス極東学院が負いました。

13 (400x252)
開館式

1956年5月16日
フランスが撤退するとベトナム共和国の教育省管轄下で
「ベトナム国立博物館」となります。

14 (298x179)
ベトナム国立博物館

1970年
建築家Nguyễn Bá Lăngの設計による両ウィングが増
築されます。

1979年8月26日
南北統一後はベトナム歴史博物館(ハノイ)のホーチミン
支店として機能しています。

15 (298x195)
現在の歴史博物館

16 (400x299)
ドーム型の屋根

17 (400x299)
八角に飾られている装飾

展示品はベトナムの歴史に沿って展示されています。
- 原始時代
- 建国の歴史
- 中国からの独立戦争 (1-10世紀)
- リ王朝 (11-13世紀)
- チャン王朝 (13-14世紀)
- レ王朝 (15-18世紀)
- タイソン王朝 (18-19世紀)
- グエン王朝 (19~20世紀の中頃 )

18 (300x400)

その他、チャム族、クメール人文化、現在の少数民族の
文化工芸品が展示されています。

この博物館には1947年から1964年までサイゴン国立
博物館で働いていたVuong Hong Senという古美術収
集家のCollectionも展示されていて、18世紀から19
世紀にかけてのBlue and white ceramics 逸品が展
示されています。

展示品の中にはベトナムで発見された「ミイラ」や「水上
人形劇」も見ることが出来て盛りだくさんの内容になって
います。ミイラは1869年に死亡したチャンと言う女性で
ホーチミン市5区で発見されたものです。

この博物館は有料ですが展示品の写真撮影が可能で
す。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/537-4f84b850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。