べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジェスティックホテル 更新
マジェスティックホテル

Majestic Hotel Saigon
場所  1 Dong Khoi

11 (400x263)
ライトアップされたマジェスティックホテル

12 (400x323)

マジェスティックホテルは創業90周年、ラッフルズ(シンガ
ポール)、オリエンタル(バンコク)、E&O(ペナン)、ペニン
シュラ(香港)などと並んで植民地時代のホテルの老舗
です。

1925年
フランス植民地時代に開業したホテルで、フレンチコロニ
アルとも、フレンチリビエラスタイルとも呼ばれている白亜
の格調高い五つ星ホテルです。
建設当初から同じドンコイ通りにあるコンチネンタルホテ
ルと並び称されるサイゴンを代表するホテルです。

フランスの「ビスタ」と呼ばれる都市計画手法で建設され
たマジェスティックホテルはドンコイ通りの起点で、一直線
に散歩すると「聖母マリア大聖堂」に突き当たります。

13 1925年 (400x240)
1925年開業時のホテル

創業当初はフランスのコミュニティーや船でサイゴンにや
ってくるヨーロッパの旅行客で賑わいました。

ホテルはサイゴン川に面しているので、屋上のスカイバー
や各部屋のバルコニーから眺めるサイゴン川の夜景は
絶景です。

14 1940年 (312x400)
1940年のホテル

1941年7月28日 
日本軍は南部ベトナムに進駐しましたが、マジェスティッ
クホテルはフランス植民地政府から日本政府に貸し出さ
れ、主に日本軍の将校の宿舎として使われました。

15 (400x264)
「日本ホテル」となっています

その後ベトナム戦争中には、ホテルのルーフトップバーか
ら対岸のサイゴン2区の戦況がよく見えるため、Good
place to watch the warとして西側の軍関係者やジャ
ーナリストの多くが定宿し、ベトナム戦争の情報を各国に
送り続けました。

16 (294x192)
ルーフトップ

17 (300x200)
ルーフトップから2区を望む

朝日新聞社の特派員だった作家の開高健がベトナム
戦争中の1964年から1965年にかけて滞在した103
号室には、記念プレートが張られています。

18 (400x287)
103号室。日本人が宿泊すると案内してくれます。

19 (116x158)

1975年4月
ベトナム戦争末期、6階のレストランが北ベトナム軍のロ
ケット砲の直撃を受けてレストランは大破、従業員が
1人死亡しています。

南北統一後、一時ホテル名をフランス名からベトナム名
の「クーロン(九竜)ホテル」と変更しましたが、現在ではも
とのマジェスティクに戻っています。

20 1985年 (400x267)
1985年の写真 ホテル名がクーロンホテルとなっていま
す。

ベトナム政府の公式な迎賓ホテルとして、ミッテラン元
フランス大統領を始め、各国のVIPが滞在しています。

<マジェスティック ホテルの歴史>

フランスがサイゴンを占領してからマジェスティックホテル
が建設されるまで、この場所は小さなホテルHôtel
d’Annamや南インド人の両替商などいろいろな商店が
並んでいる場所でした。

1925年
中国人の大富豪フイボンホアが経営するSociété
immobilière Hui Bon Hoa(フイボンホア不動産会社)
により5階建て、44室をもつフレンチスタイルのマジェステ
ィックホテルが建設されます。設計はフイボンホア不動産
会社の本店を設計したRivéra によります。

1948年
インドシナ観光に買収されます。

1951年
コンチネンタルホテルの所有者であったコルシカ系フラン
ス人フランチニ・マシュー (Mathieu Franchini)に15年
契約で賃貸されます。

1966年
フランチニ・マシューとの賃貸契約が終了すると、南ベト
ナム政府の観光省に引き継がれます。

1968年
2階分を増築し、宴会場、レストランと客室が新たに追
加され、ほぼ現在の概観になります。

1975年4月30日
北ベトナム戦車隊はサイゴン川に沿ってこのホテル前を
通り、レロイ通りから一直線に南ベトナム大統領官邸に
午前10時30分突入しました。

21 (392x215)
1975年4月30日 サイゴン陥落後、マジェスティックホ
テル前で寛ぐ北ベトナム軍兵士。

1985年
現政府に接収後は国営企業サイゴンツーリストによる運
営が始まり、99室を持つホテルに生まれ変わります。

2003年
8階建ての別館が増築され、現在は175室を持つ格調
高いホテルとして名声を保っています。

22 (400x249)
左端が増築分

2007年
ベトナム政府観光局の格付けで5つ星の認定を受けて
います。

23 (400x300)
正面

24 (400x300)
正面玄関

25 (400x282)
内部のシャンデリア


<マジェスティクに宿泊したVIP>

FRANCOIS MITTERRAND  フランス共和国の前大統領
CATHERINE DENEUVE    フランスの映画俳優
AKISHINO             日本の秋篠宮
EDWARDS ANDREW イギリスのエドワルドス
HENRIK デンマークの王子
PHILIPPE LEOPOLD ベルギーの王子
MAHA CHAKRI SRINGDHOR タイの王女
LEE HSIEN LOONG       シンガポールの副首相
JACQUES BEKAERT BBC の特派員
日本の作家、記者
開高健、近藤紘一、沢田教一、石川文洋、岡村昭彦
              
開高 健「ベトナム戦記」
マジェスティック・ホテル103号室のベッドに寝ころんで英
字紙の「サイゴン・ポスト」を読んでいると、思わずうなり
声がでた、ヤング少佐なら、「シーッ!」と舌打ちして床へ
たたきつけるところだ。

近藤 紘一「サイゴンのいちばん長い日」
レストランを物色しながら、ツゾー通りをサイゴン川の方へ
歩き、思いついて、川岸に面したマジェスティック・ホテル
に入った。造りは古いが、町でいちばん格式の高いホテ
ルである。五階のレストランに上がり、まっすぐ窓際の席
に行って腰を降ろす。奥のテーブルには新米の新聞記
者らしい連中が2.3組いるだけで、広い食堂はガランと
静かだった。

青木 富貴子「ライカでグッドバイ」
1965年2月1日、サイゴン時間の夜7時タンソンニュット
空港へ着いた沢田教一は、その晩マジェスティック・ホテ
ルに泊まった

石川 文洋「戦場カメラマン」
1985年の元旦をホー・チ・ミン市のクーロン(九龍)・ホ
テルで迎えた。サイゴンのマジェステック・ホテルと言った
方が、ベトナム戦争を取材していた人々には親しみが感
じられると思う。当時、日本からも大勢のジャーナリスト
がサイゴンに集まっていた。その誰もが、一度ならずこの
ホテルの五階のレストランで、眼下のサイゴン川を見なが
ら食事をしたことがあると思う。

岡村 昭彦「南ヴェトナム戦争従軍記」
ジャングルの戦闘に参加し、雨に濡れて、すっかり役に
立たなくなったカメラを修理に、サイゴンに帰ってくると、
一通の電報が待ちかまえていた。「ライフガ、アナタノシャ
シン、9ペイジツカイ、トクシュウクンダ、オメデトウ」。私は
その電報を持って、マジェスティック・ホテルにいる「読売
新聞」のH君の部屋に飛び込んでいった。

マジェスティックホテルは長い年月の間にアールデコの建
築様式が現代的な味付けに美容整形されてしまいまし
たが、マジェスティック、コンチネンタル、レックス、グランド
の各ホテルはサイゴンの4大コロニアル様式のホテルと言
われています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/529-059d53a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。