べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイントンタイ教会
ハイントンタイ教会

場所 ホーチミン市ゴヴァップ区クアンチュン通り53/7番地

11 (400x264)

ビザンチン建築様式で建築されたこの教会は白く塗られ
、聖堂の上にはビザンチン建築の特徴である半球形の
塔があります。

ドーム上部に採光の塔があり、祭壇はイタリアの大理石
、外壁には浮彫り装飾がなされている。教会内には
1925年フランスのPaccardで鋳造された3つの鐘が
あります。

教会ハイントンタイ教会は1921年から1924年までの
3年間でレ・ファット・アン(Lê Phát An)が投資した
Baader会社とLamorte会社によって建てられました。

レ・ファット・アンはバオダイ帝の皇后ナムフーンの叔父で
、当時の南部ベトナム4人の有名なプランテーション主の
一人、レ・ファット・ダットの息子です。レ・ファット・アン氏
の力に感謝の意を表明するために、聖堂の中にレ・ファ
ット・アンとその夫人の墓があります。

ハイントンタイ教会は150年に渡り、この地域の6千人
の信徒に強く印象を与え、宗教の面で貴重な財産とし
てホーチミン市の特別な建築の遺産となっています。


12 (400x266)
ミサ

13 (400x259)
聖堂内の絵

14 (400x307)
聖堂の祭壇

15 (400x266)
ドーム型の屋根

16 (400x264)
キャンパスの像
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/528-176c6621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。