べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドホテルデナシオン
グランドホテルデナシオン

植民地時代  Grand Hôtel des Nations
現在  ユニオンスクエア (Union Square)
場所  ラムソン広場(Quảng trường Lam Sơn)

11 (400x247) (400x245)

アンドレパンクラーツィ(André Pancrazi)はコルシカ家
系のフランス人入植者の一人でグランドホテルデナシオ
ン(Grand Hôtel des Nations)所有者として記憶されて
います。

しかし、19世紀後半にサイゴンに定住したいくつかのパ
ンクラーツィ家系の一人であったようです。パンクラーツィ
家系の人には彼のビジネスパートナーとなったアントワー
ヌ(Antoine)、サイゴン移民局の事務員フランソワ
(François)、ロンスエン地方の植民地管理者ボナ
(Bonaventure)がいます。

1900年までは植民地時代の記録にはあらわれません
でした。

12 (354x400)
グランドホテルデナシオン

ガルニエ広場4番地(現在のラムソン広場)にある音楽
カフェ(Café de la Musique)と上階グランドホテルデナシ
オンは1880年代の半ばに実業家だったヘルマン婦人
によってオープンしました。

1890年代後半
パンクラーツィがグランドホテルデナシオンを買収します。

この音楽カフェは最も人気のコーヒーショップの一つにな
りましたが、ホテル施設や経営は道路を隔てコンチネンタ
ルホテルが開業していたため芳しくありませんでした。

1900年~1901年
パンクラーツィはホテルを65室を有する建物に改築し、コ
ーヒーショップは通称「レストランパンクラーツィ」と呼ばれ
るようになり、サイゴンの美食家が集まってきたとありま
す。

1905年
新しくオープンしたグランドホテルデナシオンの人気が高
まりアンナンツアーに参加したフランス人はこのホテルに
宿泊し、1階のレスチランで毎回食事を取る観光客が増
えていきました。

1913年
パンクラーツィのサイゴン市に果たした功績に対して勲章
が授与され、彼はサイゴン市の植民地評議会の議員に
なります。

1919年
パンクラーツィはグランドホテルデナシオンを売却し、その
後サイゴンを離れます。その理由については記録があり
ません。

1922年
グランドホテルデナシオンは極東で最も古く、大手の薬局
として宣伝してMaison Holbé et Renouxを経営してい
たL. Solirèneに引き継がれます。

13 (400x250)

14 (289x174)

パンクラーツィがサイゴンを離れてもホテルは「古きパンク
ラーツィの家」として経営されました。

15 (400x230)
1926年 グランドホテルデナシオンの広告

16 (400x229)
グランドホテルデナシオンの前にはフランシス•ガルニエ
(Francis Garnier)の銅像が建っていました。

1950年代
ホテルは6階建てのリアンセン複合ビル(Liên Seng
complex)として新築され、1970年代初頭まで続きま
すが、その後ホテルは閉鎖され賃貸ルームとなったようで
す。

17 (400x257)

リアンセン複合ビルの1階にはショッピングセンターの
「エデンモール」(当初は映画館)やカフェの「ジブラル」
(Givral Café)が造られました。

18 (400x260)
マルグリット•デュラス原作のヒット映画「ラ・アマン」もここ
で上映されました。

19 (398x297)
ジブラルカフェ(創業1950年)

その後のベトナム戦争中にはこのカフェはコンチネンタル
ホテルのテラスと並んでジャーナリスト達の溜まり場として
有名でした。

2010年
場所柄、周辺のビルがリニューアルされたり、新規高層
ビルが建設されて、サイゴン中心街の景観にあわなくな
ってしまったのか、人民委員会は全住民に立ち退きを通
告します。

20 (400x244)

住民は取壊しに猛反対のデモを敢行しましたが、とても
静かなストライキでした。住民は僅かな立ち退き料をもら
って引っ越していきました。

21 (400x300)
ビルはあっけなく取り壊されました

2013年秋
ユニオンスクウェアーとして複合ビルが誕生します。

22 (400x253)

内部のショッピングモールはhttp://vietnam.navi.com/shop/169/参照
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/517-d82684e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。