べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グエンヴァンクアの邸宅
グエンヴァンクアの邸宅

植民地時代  Imprimerie de l'Union
場所 49-57 Nguyễn Du(グエン・ユ)

11 (400x295)

12 (400x300)

サイゴン中央郵便局の近くのグエンズ通りにはフランス
植民地時代に印刷会社として成功した旧グエンヴァン
クアの大邸宅があります。

1867年
フランスは植民地時代の初期に官報を公布するために、
現在のインターコンチネンタルホテルの敷地に「Annuaire
de Cochinchine Française」と「Annuaire de l'Indo-Chine
française」という印刷管理所を設立し、高級官僚に管理
させました。

13 (400x251)

1904年
官営印刷所は老朽化し、労働環境も悪いため民間企
業との競争に勝てず、職員を解雇して官営の印刷会社
は閉鎖されます。その後の印刷物は一切、民間会社に
任されるようになります。

1920年代
その中で最も有名で成功した印刷会社がグエンヴァン
クアが経営する印刷会社“Imprimerie de l’Union”でした。

14 (400x212)
“Imprimerie de l’Union”の標識は現在も残っています。

彼は新聞の印刷を引き受けたのでした。
1.L'Écho annamite:
2.Organe de défense des intérêts franco-annamites
3.L'Eveil économique de l'Indochine
4.L'Ere nouvelle:
そして印刷範囲は雑誌やコーチシナやサイゴン市の
広報誌へと拡大していきます。

1907年
クウォックグー(現在のベトナムの国語)で書かれた
コーチシナ6州のニュース新聞「Lục Tỉnh Tân Văn」
の印刷を引き受けます。

15 (245x400)

当時この新聞はベトナムの知識人が読む新聞と見なさ
れ、グエンヴァンクアはフランスの市民権を獲得し、植民
地評議員に選出され、しばしばコーチシナの社交界に
現れるようになります。

彼はビエンホアのロンタン(Long Thành)に288ヘクター
ルのプランテーションを取得し、インドシナゴムプランテー
ション協会のメンバーになります。

1925年
ベトナムの最も優れた知識人のひとりとされるPétrus
Trương Vĩnh Kýの銅像建設資金を募る委員会の
会長に選出されます。

1928年
彼は90000フランの集金に成功し、サイゴン大聖堂の
裏手に銅像が建設されました。(現在はありません)

1927年
さらに彼はインドシナ研究協会の活動メンバーであり、
協会はアジアの美術品を購入するため、彼を購入委員
会の会長にしました。
グエンヴァンクアの卓越した集金能力と人材ネットワーク
で貴重な芸術作品が各地から集められ、その作品は現
在のホーチミン市の歴史博物館の中心になる展示品に
なっています。

1941年5月
グエンヴァンクアが死去した時には、フランス植民地政府
関係者や多くの市民が参加した盛大な葬式が営まれま
した。
数日後、農業会議所の会長は新聞紙上に「フランスと
ベトナムのために尽くした人として長文の賛辞を寄稿してt
います。

印刷会社、旧「Imprimerie de l'Union」はフランス植
民地時代には“Gold Land”と呼ばれていた地域でした
が、現在は再開発の対象地域になっています。

付記: “Gold Land”とはĐồng Khởi, Lý Tự Trọng,
Nguyễn Du, Hai Bà Trưng通りに囲まれた地域を指します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/504-92a18842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。