べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルドリュニヴェール
ホテルドリュニヴェール

Hôtel de l’Univers
当初場所 Ngô Đức Kế通り
現在    廃業


11 (400x301)
19世紀後半のホテルドリュニヴェール

多くの観光情報誌ではサイゴン最古のホテルはコンチネ
ンタルホテルであると信じられています。が・・・・

1869年12月初め
広東人の麻薬王ワンタイ(Wang-Taï)はサイゴン川沿い
に自宅権事務所となる豪華な3階建ての建物を建築し
ました。(現在のホーチミン市税関の場所)それはカンボ
ジアのノロドム国王の国賓訪問のためにこの「豪華なマ
ンション」を提供するためでした。この建物がホテルコスモ
ポリタンでサイゴンで最初のホテルとされています。

12_20150601062821649.jpg
ホテルコスモポリタン 別名ホテルワンタイ(Hôtel Wang-Taï)

しかし1870年代以降はサイゴンに来るフランス人訪問
客はホテルコスモポリタンではなく1872年に開業した
Monsieur A Lacazeが運営するホテルドリュニヴェール
に滞在するようになります。

ホテルドリュニヴェールは当初、2階建てでゴ・ドゥック・
ケ(Ngô Đức Kế)通りにありましたが、その後、ホ-・
フン・ニエップ(Hồ Huấn Nghiệp)通りに3階建てのホテ
ルを建設しました。

13 (400x252)
ホテルドリュニヴェール 1906年

このホテルは室内の設備もさることながら、料理がとても
おいしいことで評価を受けていました。元総督府の料理
を手がけていたシェフを料理長にしていたのです。
「Hôtel Laval for sleeping、 Hôtel de l’Univers for
eating」という評判が立つようになりました。

14_201506010628230aa.jpg
世界的な旅行写真家Hugues Krafftも1881年、この
ホテルに滞在し、高く評価しています。彼は当時の日本
の写真もたくさん残しています。

1886年
料理長だったOllivierとその兄弟がLacazeからホテル
の運営を引き継ぎます。しかし、このホテルの高評価が
レストランにあるということに気付かずホテル運営は上手
くいきませんでした。
そのうちホテル従業員に中国人を雇ったため、サービス
が粗悪になり室内装備の手入れも行き届どかなくなって
いったようです。

1880年にはコンチネンタルホテルが開業しており、その
後もグエンフェ通りにはHôtel des Nations、Hôtel de la
Paix、Hôtel de Bretagne 、ドンコイ通りにはHôtel de
France、Hôtel de la Rotondeが開業したため、ホテルド
リュニヴェールの黄金時代は終わろうとしていました。

そして1920年半ばには廃業したようです。

ホテルドリュニヴェールはベトナムからは撤退しましたが、
現在もフランスではフレンドリーなホテルとして健在です。 

15 (400x266)
フランスのホテルドリュニヴェール
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/487-48859b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。