べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハムギ帝  「フエの待ち伏せ」
ハムギ帝  「フエの待ち伏せ」

<背景>
1883年8月20日トゥアンアン(Thuận An)の戦いで勝
利をおさめたフランス軍は脅迫に近い強行態度でにアン
ナン(中部ベトナム)とトンキン(北部ベトナム)をフランス
の保護国とするよう迫り、フエ宮廷はほぼフランスの言う
なりにフエ条約を締結させられます。

多くのベトナム人はフランスの保護を振り払うことを切望
し、フランス統治に反対する勢力が1884年、1885年
と次第に増加していきます。

1884年8月からトンキンのフランス軍はベトナムの宗主
権を主張する中国、清朝との戦争に突入していったため
に(清仏戦争 1884年8月~1885年4月)、フエ宮廷
内の対フランス強硬派はこの間にフランスに対する反乱
の準備を整えて生きます。
1885年6月、フランスとの戦争に負けた清国は「天津
条約」を結び、ベトナムに対する宗主権を放棄します。
この時ベトナム人の憤慨はピーックに達します。

1885年7月
11
Léon-Frédéric-Hubert Metzinger大隊長
(1842年~1914年)

12
フエ宮殿と右下のフランス公使館

フランス軍に対する武装反乱はクールシー提督
(Courcy)率いるトンキン遠征部隊の先遣隊が7月2日
に信任状奉呈儀式のためフエを訪れた時に起こりました。
フエ宮廷の権臣トン・タット・トゥエットとグエン・ヴァン・トゥ
オンを司令官とした数千の宮廷軍は突然、対岸のフラン
ス軍に対して計画的な夜襲を強行し、フランス兵が傷つ
きました。。

この夜はフランス軍がフエ宮廷の官僚を招いて夜会を開
いた夜でした。フランスは宮廷軍の夜襲に驚くと共にフエ
宮廷の裏切り行為として憤りを露にします。

クールシー提督は彼自身を警護する兵士に加えてフラン
ス軍の他の軍隊の兵士を呼び集め、反撃を開始します。
フランス軍は宮城の東西両方向から攻撃します。
その後、Metzinger将軍の指揮で宮城西側からの反撃
に成功し、宮殿中庭を通って宮殿を占拠していきます。

13
夜明けにはフランス軍は統制を取り戻し、王宮を完全に
制圧していました。フランス軍はこの攻撃を「フエの待ち
伏せ」と呼び、王宮内の宝物を略奪していきます。

「フエの待ち伏せ」は一夜にしてすぐに制圧され、ハムギ
帝と「三宮」を初めとする皇族はフエ宮廷の西門から逃
れ、クワンチ省タンソに向かいます。

タンソで権臣トンタットトゥエットはハムギ帝に「勤皇の激」
を宣布するよう進言します。勤皇運動の始まりです

アンナン地区では数千のベトナム愛国者たちがすぐに
「勤皇の激」に反応し、フランス植民地支配に対する抵
抗運動はトンキンにも拡大していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/473-2d4fbf69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。