べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バオダイの正妻・愛人・子供 その2
バオダイの正妻・愛人・子供 その2

2.Lê Thị Phi Ánh(暎妃胡氏)

11 phi-anh

1922年  
フエで生誕。名声も地位もお金もある良家で誕生し、
バオダイ帝の従姉妹、母親の姪にあたります。

1935年  
フエで愛人になる。
子供を生むまではダラットのクワンチュン(Quang Trung)
通りにあるヴィラに住んでいました。

12 (296x400)
中央はバオダイの母Hoàng Thị Cúc

13 (400x300)

1953年
バオダイ国長はフランスへ行っていましたが、子供を連れ
てサイゴンPhùng Khắc Khoan通りのヴィラに移住しま
す。

1957年
ゴジンジェムが「ベトナム国」を廃止し、「ベトナム共和国」
を建国し大統領になると、1957年に一家は24時間以
内に家を退去するように命令され、サイゴン、ダラットなど
の多くのヴィラを没収されました。

その後、死去するまでグエン王朝の皇族だったために、
迫害され転々と住居を変え、苦しい生活を送ったようで
す。

1984年  
サイゴンで死去(62歳)

<庶子>
Nguyễn Phúc Phương Minh(阮福芳明) 
生没年  1950年~2012年
結婚しフランスに渡ったが、その後離婚し、1975年以
前にサイゴンに戻り、母を訪ねた。その後アメリカでビジ
ネスをしている途中で死去。

Nguyễn Phúc Bảo Ân(阮福保恩)
14 (388x284)

生没年  1951年~     ダラットで生れる。
サイゴンのセンポール学校、Taberd学校を卒業。
米国 カリフォルニア州オレンジ郡ウェストミンスター
在住。

現在生存するバオダイ帝の最年少で、2児の父親。
ナムフン皇后が生んだ長男、次男は双方とも子供がい
ないので、グエン家の次期当主になるものと思われます。

1975年
Phương MinhとBảo Ânの子供達は213 Công Lý
Quận 1の家から追放されます。この屋敷には南ベトナ
ム国家警察のNguyễn Ngọc Loanも住んでいたためで
した。現在の南ベトナム婦人博物館です。

1976年、1977年
長男Nguyễn Phước Thụy Sĩ、次男Nguyễn Phước
Quý Khangが生れます。
バオアンはフリーマーケットで商品の転売をして生計を立
てます。
その後、醤油の販売や音楽CD販売を手がけます。
 
15 400x300)

1978年
Lê Phi Ánh親子は身内であったPhan Văn Giáoの
妻Phi Hoaの家に住みます。
親子は3回、国外脱出を試みましたが失敗しました。

1992年
1984年、母親の死後、バオアン一家は米国カリフォル
ニア州オレンジ郡ウェストミンスターに亡命します。

1997年7月31日
バオダイがパリで死去した時、バオアンは米国の市民権
がなかったため、フランスに渡航することが出来ず、葬儀
には出席できませんでした。


2004年 
パリでバオダイの愛人Mộng Ðiệpを訪問しています。
16 (262x400)

2005年
バオアンはバオダイの墓を訪ねます。墓はとても質素で
死去後8年間、誰も訪れる人がいなかった様でした。
バオアンは墓の前で涙し、新しい墓を立てようと決心しま
す。

17 (400x266)
当初のバオダイの墓

2008年
バオアンは墓を立てるために寄付を募り、50%を寄付し
てくれる企業が現れてくれたため、父親の新しい墓を建
設します。建設総額は25000ユーロでした。

18 (400x264)
現在のバオダイの墓です。左は次男 Quý Khang

2012年
双子の孫、Nguyễn Phước Ðịnh LaiとNguyễn Phước
Ðịnh Lai が生れる。
19 (400x300)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/458-c1906605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。