べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナムフン皇后との子供 
ナムフン皇后との子供達

1.バオ・ロン

11 (263x346)

Nguyễn Phúc Bảo Long(グエン・フク・バオ・ロン 阮福保隆)
生没年 1936年1月4日~2007年7月28日

グエン朝最後の皇帝バオダイ(保大帝)の長男で、
旧帝室となったグエン氏の当主であった。

1936年1月4日
バオ・ロンは、グエン朝のバオダイ皇帝とナムフン皇后を
両親として、フエの建中殿で生まれました。

12

13
バオロンと侍従

1937年

14
1月4日

1939年3月7日
フエの勤政殿にて、儒教の儀礼に則って皇太子としての
地位を附与・宣言されます。

1947年
ナムフン皇后とバオ・ロン皇太子及びその兄弟はベトナ
ムを離れ、フランスのカンヌ郊外にあるソレンツ城へ移住
します。
そこで彼は敬虔なカトリック教徒として成長し、ノルマン
ディーのエコール・デ・ロッシュ(L'École des Roches)の
Maslacq, Clères校で教育を受け、その後国事の遂行能
力を身に付けるため、パリに赴いて法学と政治学の研
究に従事しました。


15
エコール・デ・ロッシュ

1953年
バオ・ロン皇太子はベトナム皇族の代表として、イギリス
王室のエリザベス2世の戴冠式に招待されます。

1954年
ソーミュール騎兵学校の中にあるサンシール軍事専門
学校に入学し、中尉のランクを得ます。

16
サンシール軍事専門学校

1955年
父親のバオ・ダイがベトナム国元首の地位を追われ、
フランスに亡命します。

17 (274x376)

18

バオ・ロンは、アルジェリア戦争(1954年から1962年)
時にフランス外人部隊で職務を務め、戦闘における勇
気を示す三つ星と、戦功十字章(Croix de Guerre)を
授与されたことにより、関係者間で著名になりました。

19 (400x315)

彼は他にも、
●国家功労大十字章(Grand Cross of the National
Order of Merit)
●二等勲章金章(decoration of the Golden Gong 2nd
Class)
●カンボジア王室大十字章(Grand Cross of the Royal
Order of Cambodia)
●Order of the Million Elephants and White Parasol
of Laos
●イギリス女王エリザベス2世の戴冠式出席記念メダル
を授与されている。

彼はフランス外人部隊で10年間職務を務め、除隊後
はフランスに戻り銀行で働きました。

1960年代後半~1970年代初頭
パリの彼のアパートでインテリアデザイナーとして働いてい
たIsabelle Hebeyと親しい間柄でHebeyの離婚後、
1969年6月に結婚する予定でしたが、実際には結婚
式は行われませんでした。

1997年7月31日
バオ・ダイの死去に伴い、バオ・ロンは旧帝室である
グエン氏当主としての地位を受け継ぎます。

20

ベトナム大阮君主立憲連盟
(Vietnamese Constitutional Monarchist League
 VCML)などの政治団体は、カンボジアやタイのような立
憲君主制によってベトナムにおけるグエン氏の権威を復
活させようと活動していましたが、バオ・ロン自身は政治
の世界に身を置くことなく、そうした活動から一線を画し
パリで静かに余生を送りました。

彼は、大南龍星院勲章授与の長としてズクドゥック帝の
公子バオ・バン(Bảo Vang)と共に、ベトナム人に対し人
道、教育、文化的な面での活動を行ないました。

2007年7月28日
フランスブルゴーニュ地方セン市のガストンラモン中央病
院(Le Centre Hospitalier Gaston Ramon, Sens,
Burgundy)で静かに息を引き取ります。
葬儀は8月2日に行われました。

未婚であったため、死後は実弟であるバオ・タンがグエン
氏の次代当主の座に就くこととなりました。

Thérèse Marie Delanneが事実上の妻と言われて
います。


2.バオ・タン

11 (300x334)
1997年の写真(54歳)

Nguyễn Phúc Bảo Thắng (グエン・フク・バオ・タン 阮福保陞) 
生没年 1943年9月30日~

バオ・ダイ帝の次男であり、2007年7月28日、長男
バオ・ロンの死去に伴い、旧皇族となったグエン氏の
当主を引き継ぎます。

バオタンはダラットで生まれ、1947年に、ナムフン皇后と
子供達はフランスのカンヌ郊外にあるソレンツ城へ移住
します。

フランス・パリのヌイイ・シュル・セーヌ
(Neuilly-sur-Seine)にあるschools of Convent
des Oiseaux、及びダラットのCollege d'Adranに通い
ます。

12 (400x267)
schools of Convent des Oiseaux

13
College d'Adran

現在はフランスに住んでいます。


3.フンマイ

Nguyễn Phúc Phương Mai
1937年8月1日  
生誕 ダラット

1947年 
フランス、カンヌ郊外のカンヌ郊外にあるソレンツ城へ
移住

1949年~1953年
フランスで教育を受けた後、ダラットのConvent des
Oiseauxで教育を受けます。

1971年8月5日
イタリア人Pietro Badoglio(1939年–1992年)、 2nd Duke of Addis Abeba
and Marquess of Sabotinoと結婚

11 (400x306)

12 (400x281)

2人の子供をもうけます。
1. Flavio Badoglio
2. Manuela


4.フン・リン

Nguyễn Phúc Phương Liên

1938年11月3日
誕生

1962年
ボルドー地方のフランス人銀行家Bernard Soulainと
結婚。
結婚式はナムフンの住む Chabrignac村で行われました。
この結婚式がフランスに移住したナムフン皇后の最大の
楽しい出来事であったと言われています。

11 (314x400)


5.フン・ユン

Nguyễn Phúc Phương Dung

1943年生れ






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/457-ccd3926c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。