べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒップホア帝
ヒップホア帝
11

写真はありません

Hiệp Hoà(協和帝)
別名 Nguyễn Phúc Thăng(阮福昇)  
諱   Nguyễn Phúc Hồng Dật(阮福洪佚)
生没年 1846年11月1日~1883年11月29日
グエン朝の第6代皇帝
在位 1883年7月23日~1883年11月29日(36歳)
父    ティウチ帝  
母    Trương Thị Thuận

3日間の皇帝に終わってしまった先帝が監禁され
ている間に権臣のグエン・バン・トゥオンとトン・
タット・ティエットは次期皇帝として、第3代皇帝
ティウチ帝の29番目の子で最年少のホンザット
(Hồng Dật)を皇太后トゥズウ(Từ Dũ)に推薦し
ます。
ホンザットはフエから遠い場所で平穏に暮らしてい
ましたので、皇帝の地位が特に欲しいわけでもなく
固辞していましたが、2人の権臣の圧力に負けて、
最終的には引き受けざるを得ませんでした。

2日かけてフエに戻ったホンザットは戴冠し、
第6代皇帝ヒエップホアとなります。

1883年8月25日
8月20日、宮廷の前を流れる香川の河口
トゥアン・アンの戦いに負け、直接宮廷を攻撃できる
場所まで迫ってきたフランス軍に対して
ヒエップホア帝は実質的にベトナム全土がフランス
の支配下に入る「ハルマン条約」に署名します。

しかし2人の権臣は猛反対でした。ヒエップホア帝

1.フランスの提示する条件を鵜呑みにしたこと。
2.締結のあたって官僚たちの意見を無視したこと。
3.フランス特使と個人的な連絡を取ったこと。
を理由に退位を迫ります。

ヒエップホア帝は反論しませんでしたが皇帝と2人
の権臣の政治路線の相違が決定的に表面化し
ました。

ヒエップホア帝はだんだんと2人の権臣の権力乱
用に対して不快の念と恐怖心を抱くようになり、
彼らを宮廷から追放しようと考えるようになりま
す。

皇帝は2人の従兄弟Hồng SâmとHồng Phiを
味方に付け、フランスと接近を図り、2人の権臣を
監視するようになります。

皇帝になってから4カ月後のある日、皇帝は2人
の従兄弟から2人の権臣の殺害を計画している
手紙を秘密裏に受け取ります。
手紙を読んだ皇帝は、計画の実行をTrần Tiễn
Thànhにさせることを決め、官官を呼びDinh
市場近くに住んでいたTrần Tiễn Thànhに手紙
を届けるように命じます。

しかし手紙を届けに行く途中で、官官はグエン・
ヴァン・トゥオンにばったり遭遇してしまいます。
官官の気まずそうな態度にグエン・ヴァン・トゥオン
は不信を抱き、官官を立ち止まらせて、官官の持
っていた箱の中に入っていた手紙を奪ってしまい
ます。

手紙を読み終えたグエン・ヴァン・トゥオンの顔は
怒りで見る見る青ざめ、従者に官官を捕らえさ
せ、籠に押し込めてトン・タット・トゥエットの屋敷
に向かいます。

手紙を読んだトン・タット・トゥエットも怒りの悲鳴を
上げ、叫びます。
「兵を呼んで全員殺せ」

グエン・ヴァン・トゥオンはトン・タット・トゥエットを慰
め、2人は復讐の計画を練ります。

2人の権臣は宮廷防衛軍の屋敷にすべての高級
官僚を集合させ緊急会議を開きます。グエン・
ヴァン・トゥオンは大声で手紙を読み皇帝、従兄弟
Hồng SâmとHồng Phiの陰謀を明らかにしま
す。そしてトン・タット・トゥエットの指示に従ってす
べての官僚は皇太后トゥズウに対して皇帝の廃
位を求め、新しい皇帝を求める請願書に署名さ
せられます。

と同時にトゥエットとトゥオンはÔng Ích Khiêmと
Trương Đang Đệに50人の兵士を引き連れさせ、
ヒエップホア帝が住む宮殿に向かわせ、皇帝に
「毒を飲むか」、「剣で恰幅するか」、「首をくくるか」
自殺の方法を選ぶよう強いるよう命じます。

眠っていた皇帝は外のざわめきに突然目を覚まし
ましたが、何が起こっているかわからず毛布に包ま
って怯えていました。

Ông Ích KhiêmとTrương Đang Đệは皇帝に
陰謀のすべては明らかになっており、どの方法で
自害するかたずねますが、ヒエップホア帝は弁明を
し、無罪を主張します。

二人は兵士に向かって穏やかに言います。「皇帝
は御自分では自害なされないようだ。皇帝の課題
を手伝ってあげなさい」

兵士はすぐさま皇帝の腕を押さえ、足を押さえ、
口を開けさせて毒を流し込みます。皇帝はのたくり
まわり舌が動かなくなりましたが、まだ絶命してい
ませんでした。

そこでトゥエットは事を早く済ませないとフランス軍
が助けに来るのではないかと危惧していたので、
宮廷軍の隊長Trần Xuân Soanに命じて、絶命
するまでも棍棒で皇帝を打たせます。
1883年11月29日の出来事でした。

ヒエップホア帝は4カ月と10日の在位、30歳で
この世を去りました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/446-53137278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。