べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.ホーチミン主席の足跡 1910年(20歳) 更新1
8.ホーチミン主席の足跡 1910年(20歳)
更新1

グエン・タッ・タン(後のホーチミン主席)の父
親はビンディン省ビンケー地区の公務員のチ
ーフを務めていましたが暴行事件を起こし、
官職を追放になってしまったので、グエン・タ
ッ・タンも学校へ行けなくなり、自活の道を探
さねばなりませんでした。父親はグエン・タッ・
タンの就職を助けるため、旧知の親友であっ
たフエ宮廷の官僚チュン・ヤー・モ(Trương
Gia Mo)に就職斡旋の手紙を書きます。

11 (301x400)
チュン・ヤー・モ

チュン・ヤー・モは愛国者達によって運営され
ていたファンティットにあるドゥクタン学校で教
師をしているホー・タ・バン(Hồ Tá Bang)を
紹介してくれます。

12 (274x400)
ホー・タ・バン

1910年10月 グエン・タッ・タンがチュンヤ
モーの紹介状を持ってファンティット行き、ホ
ー・タ・バンに会います。

ドゥクタン学校での予備教師の職に着いたグ
エン・タッ・タンは第2学年の中国語と国語
(クオック・グー呼ばれます)教えていましたが、
授業が終わると生徒と一緒に運動をしたり、
よくファンティエットの美しい海岸、Thương
Chánhビーチに生徒を連れて行き、昔の偉
人やファンティット村の祠の話を聞かせて生
徒の愛国心を育てました。

Nguyễn Hiệt Chiの息子Nguyễn Kinh Chi
はグエン・タッ・タンの教え子で、グエン・タッ・
タンがベトナム民主共和国の大統領になっ
た時、第1期から4期まで国会議員に選出さ
れ、保健省の副大臣を務めました。

̉約6カ月間、ドゥクタン学校で教師をしていた
時にグエン・タッ・タンはフランスへの海外渡
航の夢を同僚達に話します。

同僚の愛国者ホー・タ・バンとチャン・レ・チャ
(Trần Lệ Chất)は海外に行くには何よりも
サイゴンに行って渡航のチャンスを掴まねば
ならないと話し、グエン・タッ・タンのサイゴン
行きが実現するよう諸手配をしてくれます。

13 (288x400)
チャン・レ・チャ

彼らはグエン・タッ・タンの為にサイゴンの「Li
ên Thành」会社へ行くように薦め、サイゴ
ン到着時の当面の居住先としてチュン・ヤ
ー・モの母方の親戚レ・バン・ダット(Lê Văn
Đạt)の家を紹介します。

さらに「Ban Va」と言う名前でグエン・タッ・タ
ンのパスポートを取得してくれます。
グエン・タッ・タンはフエのクオック・ホック高校
時代に反税デモに参加してフランス秘密警
察に危険人物として調書を作成されている
ので、本名でのパスポート取得は困難でした。
Ban Vaという名前は数多くあるホーチミン主席
の最初の偽名です。

そして1911年3月、グエン・タッ・タンはドゥク
タン学校を後にし、サイゴンに向かいます。


コラム ドゥクタン学校 14 (400x222)
ドゥクタン学校
số 39 phố Trưng Nhị, phường Đức Nghĩa,
Phan Thiết

ドゥクタン学校は東遊運動拡大の過程で中
部ベトナムの中心的教育機関として愛国者
によって、1907年に創立されました。
ファン・チュウ・チン(Phan Châu Trinh)はフ
エの宮廷で働いていましたが、官僚の腐敗を
見て、職を辞し南部ベトナムを初めとして全
国遊説の旅を始めます。

1905年にはファン・チュウ・チンはチャン・ウ
ィ・カップ、フイン・トゥック・カン(Trần Quý
Cáp、Huỳnh Thúc Kháng)と共にファンティ
ットを訪問し、この地に愛国者の学校を創設
し、愛国的若者の教育を通じてベトナム独
立の礎にしようと行動します。
当時はファン・ボイ・チャウの東遊運動の影
響で、全国にベトナム独立のために次代を
担う人材の育成が急ピッチで行われていた
時代でした。

15 (344x345)
ファン・チュウ・チン

16 (300x300)
チャン・ウィ・カップ

17
フイン・トゥック・カン

6人の創業者(全員儒学者でした)

18 (300x240)
左上からHồ Tá Bang、 Nguyễn Trọng Lợi、
Nguyễn Quý Anh、
Nguyễn Hiệt Chi、Trần Lệ Chất、
Ngô Văn Nhượng

ファンティットは東遊運動の教育面のルーツ
となった場所なのです。

フエの官僚チュン・ヤ・モーの仲介で愛国詩
人Nguyễn Thôngの2人の息子
Nguyễn Trọng Lợi, Nguyễn Quý Anhと
Hồ Tá Bangが東遊運動を広めるために会合
します。その後Ngô Văn Nhượng,
Nguyễn Hiệt Chi, Trần Lệ Chấtの3人が
加わり、6人は東遊運動の3つの信条、
『知識の向上、連絡網の拡大、民生の向上』
の達成を政治的、文化的、経済的に結び
つける為に結束し、次々と組織を結成して
いきます。

1905年 愛国的書籍の普及の為「Liên
Thành Thư Xã」を設立。
Nguyễn Hiệt Chiによって主宰されたこの会
社はファン・チュウ・チンを初め、多くの講師
を招き講演会を開催し、熱狂的な喝采を浴
びました。

1906年6月6日 経済活動に資金を提供
し、人々のための雇用を創出するためにヌッ
クマム製造販売会社「Liên Thành Thương
Quán」を設立。

ファンティットはフーコック島と並んで、魚から
造る醤油「ヌックマム」の二大産地で、「Liấn
Thành会社」はファンティットで製造されたヌ
ックマムをサイゴンに移送し、サイゴン港から
輸出していました。
この会社の活動から生じた資金はファン・ボ
イ・チャウの東遊運動の秘密資金として貢献
したり、後の民族解放運動の資金にもなりま
した。

1907年 劣悪な労働に従事している愛国
少年の為のオープンスクール「Dục Thanh
Học Hiệu」を設立。
この学校は北部ベトナムに設立された日本
の「慶応義塾」まねて設立された「東京義塾」
と同じ年に創設されました。

学校の教室は木造立てが2つあり、自習室
や遠方から来た先生や生徒の為の寄宿舎
も建てられていました。

学校の運営資金は地元の名士Huỳnh Văn
Ðẩuと「Liên Thành Thương Quán」からの
寄付でまかなわれました。
生徒の授業料は無料で教師の給料も寄付
金から支払われました。

学校はNguyễn Quý Anh校長の他に
Nguyễn Hiệt Chi、Trần Đình Phiênが教
師として4クラス約100人の生徒を教えまし
た。

19 (400x236)

サイゴン、ダナン、ホイアンをはじめ、中南部
や南西ベトナム地方から優秀な生徒が集ま
り、ほとんどの生徒が寄宿舎で一緒に過ごし
ました。
教科書はハノイの「東京義塾」で使用されて
いるものをTrần Lệ Chấtの友人であるフエ
宮廷の軍人Đào Nguyên Phổが運んで来ま
した。

授業はとても厳しく管理され、朝6時から午
後5時まで勉強し、授業が終わると起立し、
胸に手を当てファン・チュウ・チンが1907年
に書いた詩を基に作られた愛国ソングを歌う
のが日課でした。

1911年の後半には、愛国書の出版や講演
会を主宰していた「Liên Thành Thư xã」が
閉鎖され、ズックタン学校もいろいろな理由
で閉鎖の一歩手前になっていました。

ズックタン学校の校長をしていたNguyen
Quy Anhは唯一元気に活動していたチョロ
ンにあるLiên Thànhの販売会社に責任者
として赴任してきます。

現在あるズックタン学校はグエン・タッ・タンが
教えていた時の生徒が中心となり再建され
たもので、ベトナムの歴史的場所をして博物
館になっています。

20

グエン・タッ・タンが世話をした木々と、毎日
水を汲んだ井戸は現在も大切に保存されて
います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/423-9fb7e2ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。