べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南シナ海紛争まとめ
中華人民共和国の南シナ海への侵略の歴史


1.フィリピンが実効支配していたミスチーク島を占領。

1955年、ソ連崩壊後、アメリカ軍はフィリピンと共同
軍事演習を行ったのを最後にフィリピンから撤退をし
ました。

アメリカの撤退を確認した中国は、フィリピン海軍がモ
ンスーン期でパトロールをしていない時、ミスチーク島
に漁民を守る為として、小屋を建設し、現在ではヘリ
ポートまである軍事基地を建設してしまっています。



2.ベトナムが実行支配していた西沙諸島の西半分を
侵略、占領。

戦後の中国国民党と中国共産党の内戦で、西沙諸島
の西側に逃げ込んだ国民党員を追って共産党軍が駐
留していました。
一方、西沙諸島の東側は1955年10月に成立したベ
トナム共和国(南ベトナム)がアメリカの支援の下に占
拠していました。

その後、1973年までは軍事衝突もなく、この状態が
継続していましたが、1973年に締結された「パリ和平
協定」に従ってアメリカの南ベトナムから撤退に伴い、
南ベトナムの弱体化を見届けた中国は突如1974年
1月、軍事行動を起こして南ベトナム軍の護衛艦1隻
を撃沈し、西沙諸島の西半分に侵攻し、占領してしまいます。

その後、現在まで西沙諸島は中華人民共和国の実効
支配下にあります。


3.南沙諸島の赤瓜島でベトナム海軍と交戦。赤瓜島
他周辺さんご礁を占領

ベトナムはベトナム戦争後のカンボジア侵攻、中越戦
争、西側諸国の経済制裁で世界の最貧国に陥ってい
ました。
1986年、市場経済体制に切り替える「ドイモイ(刷新」
政策が発表された矢先、近代装備の中国海軍軍艦に
よる虐殺とも表現できるような発砲事件から海戦が開
始されました。

1988年3月14日 赤瓜礁海戦 
交戦の様子

http://www.youtube.com/watch?v=BsmheRCrNTk

ベトナム軍に勝利した中国は、この海戦で赤瓜礁の
ほか、永暑礁、華陽礁、東門礁、南薫礁、渚碧礁の岩
礁(珊瑚礁)を手に入れます。

これで南シナ海の紛争シリーズを一旦、終えます。
中国はどんな時期に侵攻作戦を強化してくるのか、歴
史が示しています。
尖閣諸島紛争では日本が毅然とした態度で臨むこと
が必要です。

考えさせられたことは、憲法改正と自衛隊の役割、核
兵器の保有、国境の廃止、共同統治などたくさんあり
ました。最終的にはそこに住んでいる人々の安定した
平和な生活に寄与するための政策であることが基本
であるべきです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/414-346446dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。