べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南沙諸島 ミスチーフ礁(美済礁)

ミスチーフ礁(美済礁)

11

ミスチーフ礁は東西9km、南北5.2Kmの浅瀬の環礁で、南沙
諸島で中国が実行支配する最大規模の基地です。現在も建造
物の増築が行われています

(領有の歴史)
ミスチーフ礁はタガログ語でPanganibanと呼ばれ、過去フィリピ
ンがこの領域を支配下に置いていました。

1995年、ソ連崩壊後、アメリカ軍はフィリピンと共同軍事演習を
行ったのを最後にフィリピンから撤退をしていました。

中国はフィリピン海軍がモンスーン期でパトロールをしていない時、
ここに建築物を建造してしまいます。

12

この海域はパラワン州よりおよそ209kmと、フィリピンの排他的
経済水域(EEZ)内であり、フィリピンはすぐさま中国に対して抗議
を行ないましたが、中国はこれに応じず、建造物は「自国の漁師
を守るためのもの」であると主張します。

1998年末から1999年にかけて中国は実行支配のため、港を
備えたコンクリート土台、ヘリポート、3階建ての鉄筋コンクリート
製施設、パラボラアンテナが設け、ミスチーフ礁の軍事要塞化を
進めました。

13

2007年、中国農業部南海区漁政局は、漁民を組織し、いけす
養殖のプロジェクトを開始しています。

最近、風力発電装置やヘリポート施設を新設したことが確認され、
周辺には艦船を常駐させています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/408-e02dac72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。