べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レホンフォン高校
建設時   ペトリュス・チュオン・ヴィン・キー高校 
       (Petrus Trương Vĩnh Ký High School)
現在    レ・ホン・フォン高校  
    (Lê Hồng Phong High School)
場所    グエン・ヴァン・クー(Nguyễn Văn Cư)通り  
 
11
  
1925年にフランス植民地政府により建設が許可され、1927年
11月28日にチョークワン(Chợ Quán)に仮校舎が建設されまし
た。


12
建設中のペトリュスキー高校1


13
建設中のペトリュスキー高校2

14
ペトリュスキー高校の正門

全校舎は1928年に完成し、8月11日にレウィドン高校から20
0名が移ってきました。

15  1931年
1931年ペトリュスキー高校の校庭

16  1931年フィリッピン代表団の訪問
1931年2月、フィリピン政府の代表団が見学に訪れています


第2次世界大戦中に一時的に移動したり閉鎖されたりしましたが、
1946年4月に再開され、1947年にはチョークワンに戻ってき
ました。

17-1  1931年
1947年の校舎

18-2 (400x244)
校舎の中庭

1961年にベトナム人を教育する学校になりました。

南北統一後の1976年にベトナム共産党書記長を務めたレホン
フォンに因んで、レホンフォン高校と改名されます。
レホンフォン高校の優秀な学生はベトナム共産党青年部員とな
っています。

1990年にはレホンフォン高校は他の高校とは違って、英才教育
をするクラスが設置され、基礎科学、社会科学、言語分野で特異
な才能を持った学生を授業無料で受け入れています。

<学生の政治活動>
1949年、ペトリュスキー高校の学生は先生や家族、サイゴンの
他の高校生と団結してフランス植民地政府の政策に抗議する集
会に参加した為、学校は閉鎖され、多くの生徒が逮捕されまし
た。

1950年1月9日、ペトリュスキー高校の学生も含めてサイゴン
の高校生20000人がフランス植民地政府の教育省や総督府前
での抗議集会に参加します。政府はデモ隊を排除しようとしまし
たが、群集は50000人に膨れ上がりました。

警官は発砲しはじめ、ペトリュスキー高校のチャンヴァンオン
(Tran Van On)が射殺されました。

19  Tran_Van_On
チャンヴァンオン

3日後、彼の葬儀のための集会が開かれ、ミトー、カントー、ハノ
イからも参加者が集まり1926年のファンチュウチンの葬儀を超
える大集会となりました。

20
黒いリボンをつけて集会に参加する学生達

21
校舎の前に集まった会葬者

1954年7月14日、ベトナムの南北分断後、ペトリュスキー高校
生はジュネーブ協定を支持するスローガンを学校の壁や黒板に
書き、独立と民主を要求する運動を開始します。

1955年3月30日、南ベトナム政府軍とマフィアのビンスエンと
の交戦時にペトリュスキー高校はビンスエンの基地になりまし
た。

1970年ペトリュスキー高校生はカンボジアのロンノル政権がカ
ンボジア居住のベトナム人虐殺したことに抗議して、デモを敢行
し、カンボジア大使館を占拠します。 

1972年、ペトリュスキー高校を卒業したグエンタイビン
(Nguyen Thai Binh)はアメリカで勉強していましたが、アメリカの
ベトナム反戦デモに参加し、ニクソン大統領を非難する手紙を書
きました。 強制退去処分を受けた彼はベトナムに帰還するため
に乗せられたパンアメリカン航空機がサイゴンに近づくと、航空機
をハイジャックしようとして射殺されました。

1975年4月30日南ベトナム解放民族戦線のチャンヴァンチャ
(Trần Văn Trà)将軍はペトリュスキー高校を基地にした為、学
校は1975年7月まで閉鎖されました。

22
2012年9月4日、グェン・タン・ズン首相はレ・ホン・フォン高校の
新学期始業式に出席しました。


<映画の舞台>
マルグリット・ドユラス(Marguerite Duras)の小説『愛人/ラマン』
はサイゴンの高等学校へ通うフランスの下層階級の少女が主人
公で、レホンフォン高校が映画撮影の舞台になりました。

23
マルグリット・ドユラス


<校名の由来>
24     (317x400)
レ・ホン・フォン

生没年 1902年9月6日―1942年9月6日
インドシナ共産党第2代書記長 
    1935年3月31日–1936年7月26日
妻はグエンティミンカイです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/389-5e1bbee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。