べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グエンティミンカイ高校

植民地時代  Áo Tím all-girls school
現在       Nguyễn Thị Minh Khai High School
場所   ディエンビエンフー通り

グエンティミンカイ高校は「Áo Tím all-girls school」として知られ、
1915年に設立された女子高校です。

11  1918   (400x229)
1918年の校舎正門


<学校の歴史>
20世紀の初め、ベトナムの儒教は女性に対してあまり重要性がなく
なっていました。

1908年 数人の知識人はフランス植民地政府に対して、女性の為
の総合教育をする学校の建設を提言しました。建設は了承されまし
たが資金不足のため、1913年になって、現在のディエンビエンフ
ー通りの土地に建設が始まります。

校舎は1915年に完成し、当時のインドシナ総督であった
Ernest Nestor Roumeとサイゴンの知事だったCourbeilが開校式
のテープを切り、新学期の開始を宣言しました。最初の学生は42名
でした。

制服がバイオレット色のアオザイだったので、学校はÁo Tím
(Violet Dress) all-girls schoolと呼ばれました。

12

多くの学生はサイゴン在住でしたが、郊外に住んでいる人のために
寄宿舎が用意されていました。

フランス人運営の学校でしたが、1920年ごろから植民地支配に反
抗する気概が醸成されていきました。

1922年、単科大学が増設され、校門の前に"COLLÈGE DES
JEUNES FILLES INDIGÈNES" (College of indigenous girls 先住民
族の女子大学)と書かれた大理石の石碑が建立されました。

単科大学の1年生からはフランス語が公式の言語として教えられ、
ベトナム文学の授業は週に2時間しかありませんでした。

12-1  1925   (400x246)
1925年の校舎

1941年に南ベトナムに進駐した日本軍によって校舎が使用された
ため、学校はタンディン(Tân Ðịnh)地区に移動し、校名もLycée
Gia Longと変更されました。

1945年にはベトミンを助ける為、多くの女子学生がベトミンにクオ
ックグー(ベトナムの国語)を教えたり、北部ベトナムでの飢餓支援
を行ないました。

1950年、学校はディエンビエンフー通りに戻り、校長はベトナム人
になります。

1953年、制服はドレスに黄杏の花刺繍紋章が付いた紫色アオザ
イから白いアオザイに変更され、フランスの教育カリキュラムからベ
トナム人の為の教育に少しずつ変わっていきます。

13   (400x299)
制服は白のアオザイになりました

1965年の学生数は、午前、午後を合わせて100クラス、3000人
近くになりました。

14 1969    (400x278)
1969年

1975年、サイゴン陥落後、校名はグエンティミンカイ高校(Nguyễn
Thị Minh Khai High School)と改名されます。

15

1978年からは男女共学となりました。

16   (400x224)

2003年、グエンティミンカイ高校の校舎は政府により保存すべき
55の建築物のひとつに指定されました。

2011年、外壁を塗りなおしてきれいになりました。

17   (400x300)

18

現在の校舎には図書館もプールもあります。

19
図書館に通じる廊下

20

<校名の由来>

21   (278x400)
グエンティミンカイ

生没年  1910年-1941年
1930年から1940年にかけてのインドシナ共産党のリーダ
ーの一人。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/388-299e4da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。