べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムのカジノ 更新1
ベトナムにカジノを持ち込んだのはフランス人で、楽しめたのは
勿論サイゴンに来た外国人だけでした。
現在でもカジノは外国人だけに認められており、ベトナム人には
禁止されています。入場するにはパスポートの提示が必要です。

現在のレロイ通りには「バクダン」というアイスクリーム屋さんが
あります。日本の旅行雑誌でも取り上げられている有名店ですが、
お味はお金を払っても食べたいというほどではありません。

11  BACH DANG )

しかしこの「バクダン」アイスクリーム屋さん、歴史的には由緒あ
る場所なのです。

フランス植民地時代に建設されて、フランス人をはじめとする外
国人が楽しんでいた場所です。

12  1920ダカオ
1920年、レロイ通りとパスター通りの交差点にあったカジノ

フランスの撤退後、ベトナム共和国(南ベトナム)が建国されても、
健在でしたが、そのころは「ビンスエン」というヤクザ集団が取り
仕切っていたようです。


もうひとつ、サイゴン郊外ダカオにもカジノがありました。

13  1917年 ダカオ)
1917年のダカオもカジノ


<現在のベトナムのカジノ>

ベトナム国内法でディラーのチップの取り扱いが禁止されている
為、タッチパネル式でルーレット、ブラックジャック、バカラなどを
楽しむので、ゲームセンターと同じ感覚です。

カジノはヴェトナム各地の主要都市の5つ星ホテルに付属してあ
りますが、近年は人民委員会から指導や営業停止処分を受ける
例が多くなっています。

<現在サイゴン中心街で営業している主要なカジノ>

①ビンゴクラブ(ファーストホテル内)
②ビンゴクラブ(レックスホテル内)
③ロイヤル(マジェスティクホテル内)
④クラブベガス(カラベルホテル内)
⑤パラッツオクラブ(シェラトンサイゴン内)
⑥インターナショナルツーリストクラブ(ニューワールドホテル横)
⑦パルム(グランドホテル)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/384-a3b7be59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。