べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャルネ通り(グエンフエ通り)
植民地時代  シャルネ通り(Charner)
現在 グエンフエ通り(Nguyễn Hue)

10 (1)

ホーチミン市人民委員会から一直線にサイゴン川のメイン桟橋に
延びるグエンフエ通りはフランス植民地政府が最初に開発した埋立て
道路で、サイゴン川に向かって左側はドンコイ通りに沿ってすでに
建設された建物があったので、右側に新しい建物を次々と建設しま
した。
なおグエンフエの発音は南部ベトナムでは「ウィンウェ」となります。
「グエンフエ」ではまったく通じません。

<通りの右側に建設されたフランス植民地時代に建造物>

1.  ホーチミン市人民委員会
10 (2)
ホーチミン主席の銅像は南北統一後です。

2.  レックスホテル
10 (3)
建設当初はガレージでした。


10 (4)
現在のレックスホテル

3.  国営デパート
10 (6)
建設当初

10 (7)
現在の国営デパート

4.  キムドーホテル
10 (8)
現在のホテル
フランス植民地時代には「KIMDO INTERNATIONAL」と呼ばれ、
外国人専用のホテルでした。

5.  調停裁判所(現在スンワタワー)
10 (9)
調停裁判所

10 (10)
現在のスンワタワー

6. 旧ベンタン市場(旧インドシナ財務局、現在ホーチミン市財務局)

10 (11)
旧ベンタン市場。火災のため焼失し、現在の場所に移転しました。

10 (12)
現在のホーチミン市財務局

7.  ホーチミン市税関
10 (13)
1900年当時の税関


10 (14)
現在の税関

8.  観光用埠頭
10 (15)
現在の埠頭

10 (16)
昔の埠頭の名残です。


<グエンフエ通りの歴史>

<運河であった時代>
10 (17)
1866年の写真

10 (18)

10 (19)

10 (20)


<埋立直後>

1868年からフランス植民地政府は沼地や運河の埋立てを始めま
した。
グエンフエ、レロイ、ハムギ、パスター通りと次々に埋め立てていき
ます。

10 (21)

10 (22)
左下の階段が今でも残っています。よく探検しないと発見できませ
んが。

10 (23)
引き潮の時にはもっとよく見えます。


10 (24)
7月14日、フランス建国記念日のグエンフエ通り 

10 (25)
1908年のグエンフエ

10 (26)
1909年のグエンフエ


<埋立後の道路整備>

10 (27)
右側建物は税関です

10 (28)
1911年の写真。正面にトレビュー号(Amiral Latouche Tréville)が
停泊しています。後のホーチミン主席が救国を胸にフランスへ旅立
った時に乗った貨客船です。

ホーチミン主席はニャロン桟橋(現在のホーチミン主席記念館、昔
のドラゴンハウス前の桟橋)から旅立ったとされていますが、それは
史実ではなく、実際はグエンフエ通り突き当りの、この桟橋から旅立
ちました。

この写真の説明にもニャロン桟橋ではないと書かれています。
Năm 1911 anh phụ bếp Văn Ba rời Việt Nam từ bến này
chứ không phải từ bến Nhà Rồng


10 (29)
当時の船会社各社の桟橋


10 (30)
中央奥に現在のホーチミン市人民委員会が見えます。
フランスの都市計画手法「ビスタ」によって都市が建設されているの
がわかります。

10 (31)
道路に分離帯が出来、車が走るようになります。

1890年代の後半、フランス海軍の楽団はグエンフェ通りのサイゴ
ン川の近くで夕食後のコンサートを週に1回開いていました。

フランスの居住者はサイゴン川のさわやかな風を受けながら、カフ
ェやベランダから通りを散歩する人々を眺めながらコンサートを楽し
んでいました。

10 (32)
オーペンエアーのカフェレストラン

10 (33)
上の写真の場所には現在 「KITA Cafe Shop」があり、店内に
は上記の写真が飾ってあります。


<南北統一後>

10 (34)
1979年の写真

10 (35) (400x264)
1979年のメーデー

10 (36)
2011年(テト旧正月)のグエンフエ通り。フラワー道路に
なります。

10 (37)
2011年 グエンフエ通りに昔の道路名をつけたカフェ&レストランが
オープンしました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/379-ec4ca8d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。