べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーチミン主席の足跡 1911年補足 カオタン技術学校
カオタン技術学校(Cao Thang Technical School 仏語 Ecole des Mecaniciens)はハムギ通りにあります。

11_20120910175016.jpg
現在のカオダン技術学校

フランス植民地政府は植民地支配と地域の発展のために1906年2月20日、機械技術の専門学校を南ベトナムに設立しました。
南ベトナムの最初の技術専門学校で、卒業生は近くのバソン造船所で働く人が多かったそうです。

1906年の設立から1954年にフランスがディエン・ビエン・フーで大敗を期すまで695人の卒業生を送り出しています。

12
1908年のカオダン技術学校

海外に行くことを夢見ていたバン・バ青年(ホーチミンの当時の名前)はフランスに旅立つ前、この学校で機械技術を3カ月間勉強しました。

13_20120910175014.jpg
学校での技術研修

ホーチミン主席の副大統領に就任し、ホーチミン亡き後に大統領職を引き継いだトン・ドゥック・タン(Tôn Đức Thắng)も1915年から1917年の間、この学校で船の機械技術を勉強しました。

この学校の生徒には愛国者が多く、フランスの植民地支配に抵抗する学生がたくさんいました。

1932年には学生の中にインドシナ共産党の支部が設立され、1940年の南部一斉蜂起や1945年のベトナム8月革命にも多くの学生が参加しました。

ベトナム分断後も南ベトナムのジェム政権やチュウ政権に対して抵抗運動をしています。

14_20120910175013.jpg
カオタン技術学校の卒業証書>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/371-ef9fef7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。