べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーチミンと8人のサムライ 1947年捕捉
フランスのベトナム再侵略に対してホーチミン主
席は1946年末、全国民に向けて「徹底抗戦の
アピール書」を発した後、1947年年初からはタ
ンチャオ村を皮切りにベトバック地方(北部ベトナ
ムの山岳地帯)を転々と移動しながら、反撃の
態勢を整えていきます。

この時期、ホーチミン主席に常時付き添って行
動した21歳から30歳までの若者が8人いまし
た。

若者達の最大の使命は主席の安全を確保する
ために秘密裏に行動することでした。

ある日主席はこの8人に愛称を付け、フランス軍
に悟られないよう、本名を使うことを禁じました。

Trường、Kỳ =Longを意味します。 Kỳは主席の
秘書です。
Kháng、Chiến =Resistance
Nhất、Định =Bound
Thắng、Lợi =Win

Trường、Kỳ、Kháng、Chiếnの4人はベト族
Nhất、Định、Thắng、Lợiの4人は少数民族の
出身で革命運動に参加していました。

この8つの愛称を繋ぎ合わせると「The Long
Resistance is Bound to Win」という意味になり
ます。

主席はこの愛称を呼ぶごとに、国民から自分に
与えられた義務を全力で果たせるよう自らを勇
気付けていました。


スタッフが交代してもこの名前は引き継がれて
使用されました。

各スタッフはそれぞれの得意分野で(狩猟が得
意な人、工芸が得意な人、地理に詳しい人など
多彩でした)ホーチミン主席を助け、現地の山岳
民族もフランス軍の動静を掴むと、各スタッフに
知らせてくれました。

1950年の国境作戦、ドンケの戦いにはベトバッ
ク地方の多くの山岳民族が兵士として参加し、
フランス軍の要塞を陥れ、フランスの支配下から
多くの都市を解放しました。

現在のベトナムでも、特にこの地方の人々に
とっては、ホーチミン主席は「バック・ホー」と
尊敬をこめて呼ぶ以上の存在なのです。

1990年 ホーチミン主席誕生100周年記念
日にホーチミン博物館がKỳ の努力によって
オープンしました。白髪になった最後の8人の
スタッフは記念館に集まり、困難で苦しい時代を
ホーチミン主席と過ごした栄誉をたたえあいました。
この8人は(実際には交代した人が4人いましたの
で12人)今でもベトナムのヒーローとされていま
す。

各人の詳細は後日アップします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/362-a1fa5f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。