べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーチミン主席の最後の日々 1969年捕捉
1969年8月12日 パリで開かれている和平会
談の北ベトナム代表団が一旦帰国します。

いずれ代表団がホーチミン主席に会談の経緯を
報告に来ることは解っていましたが、この日は強
い風が吹きまくり、霧雨が降る寒い日でした。主
席は心待ちに待っていましたが、この日は悪天
候の為、代表団がやってくる気配はありませんで
した。

午後3時にホーチミン主席は車を用意することを
スタッフに伝えます。彼は代表団が宿泊していた
ハノイの西湖に行くと言い出したのです。
「今日は悪天候だから、彼らは家にいるに違いな
い」

彼の健康を24時間見守っている私設の医師
Lê Văn Mẫn を始めとして主席を取り巻くスタッ
フは皆「この悪天候に外出したら主席はきっと風
邪を引くに違いない」と非常に心配しました。

主席の秘書ブーキーが主席に「今日は外出しな
いよう」強くアドバイスしますが、主席の意思を変
えることは出来ませんでした。

ブーキーには代表団を大統領府に呼び寄せるこ
とは簡単なことでしたが、主席の気持ちを十分に
わかっていて、厚い信頼を得ていたブーキーにそ
れは出来ませんでした。

スタッフは主席が少しでも風雨に当たらぬよう最
大限の注意を払いながら、西湖へと向かいま
す。

ホーチミン主席は和平会談の成行きが心配でい
ても立ってもいられなかったのです。彼は代表団
にどんなアドバイスをしたのでしょうか?
「安易な妥協はするな。アメリカ軍の撤退が和平
への最優先事項だ」そんな声が聞こえてきそうで
す。

しかしこの日の主席の行動は彼の命を奪うこと
になります。

案の定、彼は翌日には風邪を引き熱を出します。
そして主席の体力は目に見えて衰えていきます。

8月18日 医師団は医療施設の整ったハウス
67へ移るよう主席に薦めます。
 
ハウス67は当初、主席の防空シェルターとして
建設されましたが、主席は防空シェルターを拒否
して政治局の会議室としました。この部屋に医
療機器が運び込まれて、万が一の主席の容態
に対応できるように準備されていました。

8月24日 主席は心臓に痛みを覚え、夕方医
師団が診察をします。心電図は主席が心臓麻
痺に襲われたことを示していました。

その後も主席の容態は改善されることはなく、容
態は日増しに悪くなっていき、ハウス67でのベッ
ト生活を余儀なくされていました。27日頃からは
寝たきり状態になったようです。

政治局のメンバーは心配して毎日主席の見舞
いに来るようになりました。主席はいつもだんだん
と良くなっているからと話していましたが、内心は
カールマルクスやレーニンとの会談を用意してい
ました。(死への旅立ち)

主席はザップ将軍に南ベトナムでの戦況を尋ね
ました。この頃には北ベトナム正規軍が非武装
地帯を越えて南ベトナムに侵攻していった時期
ですので、その戦況は主席の関心事であったに
違いありませんが、既に主席もザップ将軍も救
国反米戦争には勝利することを確信していまし
た。

翌日からザップ将軍は主席を安心させるために
毎日戦況の報告に来ました。最後には主席は
「まだ戦局の報告に来てるよ」と冗談交じりに言
いました。

9月1日 もう主席はベットから起き上がることも
出来ませんでした。
レズアン党第一書記とファンバンドン首相が見
舞いに訪れた時、主席は翌日の建国記念日の
式典の準備状況を心配し、式典には花火を打
上げて、主席の健康を心配してくれている国民
を元気づけてほしいと依頼します。

9月2日朝 主席の心電図の波はまもなく臨終
が訪れることを意味していました。

最後に主席はベトナム労働党南部委員会で前
年のテト攻勢を指導したグエンヴァンリンの手を
握り締めます。自分の生きている間に統一国家
の建設が出来なかった事をすまないと思うと共に
、南ベトナムの同志が統一に向けて今なお勇敢
に戦っている事に感謝し、もう話す事も出来着
なかった主席はグエンヴァンリンをじっと見つめま
す。

看護婦達が歌う故郷のフォークソングを聞きな
がら、コップに注がれた一杯のココナツジュースを
静かに飲みます。

静かに主席を仰いでいたブーキーの手が止まり、
すすり泣きに変わりました。

時に1969年9月2日午前9時47分でした。

最後に主席が手を握ったグエンヴァンリンは、主
席の死後20年間続いたレズアン体制をひっくり
かえし、ドイモイ政策を実施して、今日のベトナム
発展の基礎を築づきました。

「ドイモイ政策」とは「ホーチミン思想」への回帰
に他ならないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/361-c3b5ac2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。