べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーチミン主席の禁煙 1968
ホーチミン主席が喫煙を徐々に諦めるようになっ
たのは、1966年(76歳)初頭に脳血管の障害
で体の左側の一部に麻痺が生じてからでした。

主席は若い時に喫煙を覚え、主席の長年の唯
一の楽しみになっていました。

しかし主席の体に麻痺が生じてから医師団は、
主席の年齢からして、若い時からの長年の習慣
を諦めさせることはとても難しいことを理解してい
ましたが、あえて喫煙を辞めるよう何度も主席に
注意します。

「喫煙をやめることは健康にいいことだが、私に
はとても難しい」と当初は消極的だった主席もつ
いには医師団の注意を無視できなくなり、禁煙
へ向けて努力し始めます。

主席の取った禁煙への方法は、一本のタバコを
2回に渡って吸いというものでしたが、医師団か
らは余計、健康には良くないと諭されます。

しかし主席はこの方法を取り続けた為、スタッフ
はタバコを半分にカットしてから主席に届けてい
ました。

主席が完全に禁煙したのは1968年(78歳)の
時でした。

この年の3月、主席は軽い風邪を引きます。この
時から主席の机の上に置かれていたタバコが全
く減っていませんでした。スタッフは1週間様子を
見た後、主席にタバコを届けるのを辞めました。

1ヶ月後、ベトナム青年共産団の書記
Vũ Quangが主席を訪問した時、ホーチミン主
席は語っています。
「私は喫煙を諦めました。だから、あなたから若い
人々にも私に続くよう説得してください」

禁煙の生活の素晴らしさを知ったホーチミン
主席は無題の詩を残しています。

Abstaining from wine and tobacco
for three years
Without disease, Life is as a fairytale
Happy to see the South’s great victories
I feel that one year has four springs
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/360-26f80aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。