べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お歳暮

現在の日本では虚礼廃止の習慣が定着し、昔
に比べればお歳暮は少なくなってきていますが、
ベトナムでは「贈答文化」と言う言葉があるくらい
に、まだまだ色濃くお歳暮の習慣が残っていま
す。逆に「虚礼廃止」などと言う言葉は聴きませ
ん。

特に上司や先生にお歳暮を贈るのと、贈らない
のでは、あからさまに将来の出世や子供の成績
に響くようです。

以前はテト1週間ぐらい前から高級官僚の家の
前には公用車の青ナンバーがずらりと並んだそ
うですが、さすがに現在は郵送によるお歳暮に
変わっているそうです。

にわかには信じられなかったのですが、公務員の
給料は安いので、上司には「公金でお歳暮を買
うことが不文律となってしまった」という記事があ
りました。日本では立派な犯罪になってしまいま
す。

ベトナムの歴史を紐解けば、紀元前111年から
約1000年もの間、中国の王朝の支配下にあ
り、やっと西暦938年にゴ・クエンという人が中
国の南漢軍を破り、ベトナム人の王朝になったと
あります。

その後は1945年まで、短期間、中国に占領さ
れたことはありましたが、ベトナム人王朝が続くの
ですが、ほぼすべての王朝が中国の王朝に朝貢
したとあります。

ベトナム最後の王朝、グエン王朝の初めごろま
では、アジアとかヨーロッパなどと言う概念はベト
ナムには無く、中国が世界を支配しているように
感じていたのだろと思いますが、国家の名前も中
国の王朝にお伺いを立てて許可をもらい、毎年
ベトナムの皇帝に特産品を送り、「現在は私が
ベトナム国を治めていますので、よろしくお願いし
ます」と挨拶をしていたのですから、贈答品を送
る習慣はとても長い伝統があります。

そういえば日本も昔、中国から「倭の国の国王」
とかの印鑑を中国からいただいたとか。

ベトナムでは旧正月近くになるとスーパーや露天
の雑貨屋さんで庶民用の贈答用バスケットを売
出します。

11 (2)
スーパーの贈答品メニュー

12 (2)
安いのはこの位から

13_20120203162921.jpg
高いのはこの位まで

14_20120203162920.jpg
いつもの露天食堂も贈答品売り場に早代わり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/343-bc225f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。