べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

74 ホーチミン主席の足跡 1969年 その3 ホーチミン主席の遺言

1965年5月15日、主席は3ページに渡る遺言を
自らタイプしました。これが正式な遺言で主席と党第
一書記のレズアンが署名しています。

11_20120121192756.jpg

12_20120121192755.jpg

13_20120121192755.jpg

ホーチミン主席が遺書を書いたことを受けて、ベトナム
労働党中央委員会政治局メンバーは秘密裏に会
合を開き、2つの決定をしました。

1. ホーチミン主席の健康を維持すること。
2. 彼の遺体の長期保存のための準備をすること

ホーチミン主席の火葬にして欲しいという遺言は、生
前からすでに希望に添えない決定がなされてしまって
いたのです。



1968年に6ページにわたり手書きの補足文を書いて
います。

14_20120121192754.jpg

15_20120121192754.jpg

16_20120121193118.jpg

17_20120121193118.jpg

18_20120121193117.jpg

19_20120121193117.jpg



1969年5月10日にさらに1ページの補足文を手
書きします。

20_20120121193116.jpg


ホーチミンの遺言要旨
(全文の翻訳はまだ出来ていません)

「戦争に勝利した暁には、支援してくれた人々がいる
国々に代表団を派遣し、感謝の気持ちを伝えること」

「戦争に勝利して独立と自由を達成したら、国民の
幸福に思いを致すべし」

「戦争に勝ったら農業税を一年間免除すること」

「地方機関は負傷者や殉職者の父母,妻子で困窮
しているものに適切な生計の道を立てられるようにし、
けっしてかれらが飢えたり凍えるままに放置してはなら
ない。」

「私の遺体は火葬にして、遺灰を3つにわけ、北部、
中部、南部の人たちのために、それぞれの地域の丘
陵に埋めてほしい。丘陵には石碑、銅像を建てず、
訪問した人たちが休むことができるような建物、記念
に植樹ができるようにしてもらいたい。日が経てば、森
林となるだろう。」 

「山もある、川もある、人もいる、アメリカに勝ったら築き
あげよう、 今よりも10倍も美しく」


1969年9月3日、主席の死の翌日の午後、第3回
中央委員会の特別部会が開かれました。

遺言が中央委員会のメンバーには公開されたのか、
レ・ズアンが遺言の内容を報告したのか不明です。

国葬でホーチミンの遺言がレ・ズアンによって紹介され
ますが、当時の状況下で実施することが出来なかった
ことや不都合な事項、すなわち、農業税の免除と火
葬に関しては削除されて朗読されました。

しかし故人の遺書を改ざんし、ホーチミンの遺言を守
らなかったことがベトナム戦争勝利後のベトナムを窮
地に追い込んでいきます。ベトナム国民は「幸福」どこ
ろか、カンボジア進攻後の国際社会での孤立で世界
最貧国の一つに転落してしまいます。

世界最強の国、米国に勝ったと独善的に思い込ん
でしまったレ・ズアン政権はベトナムは自力で何でも出
来ると過信して、「感謝」を通じて国際関係の絆を強
めるのを怠ったのです。

「人間にとって「独立」と「自由」ほど尊いものはない。
しかし、国家としてそれが達成した暁には、「幸福」す
なわち国民生活の向上を図らなければ「独立」と「自
由」さえ絵に描いた餅になってしまう。」これがホーチミ
ンの気持ちでした。

ベトナム共産党がそのことに気づき、「ドイモイ(刷
新)」政策に着手したのは1986年の党大会でした。
レ・ズアンの死を待ってからです。

ホーチミン主席の遺言は生誕百年にあたる1989年
に全文を公表することが決定され、国民には翌1990
に公表されました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/337-d16441e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。