べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

61 ホーチミン主席の足跡 1958年(68歳)

11_20120106081620.jpg
1958年1月12日 南ベトナム解放の決定をしたベトナム労
働党中央委員会の会議で話すホーチミン

12_20120106081619.jpg
1958年2月3日 ジュネーブ協定の実行監視団の訪問を
受ける


13_20120106081619.jpg
1958年2月3日 タイグエン省フンソン村(Hung Son)で
非公式の話をするホーチミン



1958年2月4日から17日まで北ベトナム民主共和国の
政府代表団がインドとミャンマーを公式訪問しました。

14_20120106081618.jpg
1958年2月4日 インドのニューデリー空港でペラサット大
統領(P.Perrasat)とネール首相(J.Nehru)の歓迎を受ける
ホーチミン

15_20120106081618.jpg
1958年2月4日 公式訪問のインドでの歓迎

16).jpg
1958年2月4日 インドの女性から花束を受けるホーチミン

17_20120106081703.jpg
1958年2月 インドのネール首相(J.Nehru)と会談するホーチ
ミン

18_20120106081703.jpg
インド訪問中の2月6日 平和運動家Mrs.Aruna Aliaの
訪問を受けます。彼女の隣にいる美人は1966年、インド首
相になるインディラ・ガンジーです。

19_20120106081702.jpg
2月7日 インドの知識人との会談会場に入るホーチミン。


インドからミャンマーに向かいます
20_20120106081702.jpg
1958年2月14日 ミャンマー共和国連邦の人々と友好を
深めるホーチミン

21_20120106082633.jpg
1958年2月 ミャンマーの民族衣装を着て、民衆に答える
ホーチミン


1958年3月7日 北ベトナムのフアン・バンドン首相は、南
ベトナムのゴ・ジン・ジェム大統領に親書を送り、軍縮と通商
関係樹立を提案します。

1958年4月26日 ジェム大統領は、「北ヴェトナムが南のよ
うな民主的な自由を確立するまで、いかなる議論も拒絶す
る」と回答します。



22_20120106082632.jpg
1958年5月10日 南ベトナムからハドン省に移住してきた
人々を訪ねるホーチミン


1958年、この年新しい私邸が同士によって新築されました。
1969年に亡くなるまでこの高床式の住居に住みました。

<ホーチミン主席の住居の変遷>

1941年、ベトナムの独立を胸に抱いて30年ぶりに中国から
密かにベトナムに戻ったホーチミンの最初の住居は中国国
境に接したカオバン省パックボーの洞窟(Pắc Bó Cave in
Cao Bắng Province)でした。この時彼はすでに51歳になっ
ていました。

23_20120106082632.jpg

24_20120106082631.jpg

ホーチミンの年齢を考え、見かねた同志はパックボーのクオイ
ナム川の近くに掘っ立て小屋を作ります。ホーチミンは付近
の少数民族と接触し革命の種を撒きます。

25_20120106082630.jpg

その後中国で逮捕され、投獄されていましたが、1944年に
釈放されベトナムに戻ります。

ベトナム独立のためベトミンを組織して武力革命の準備をし、
1945年にベトナム8月革命と呼ばれる全国一斉蜂起の激
文を書きます。この時の住居はトゥインクワン省のナルフ(Nà
Lừ Hut in Tuyên Quang Province)でした。

26_20120106082757.jpg

8月革命の成功を見て、彼はハノイに密かに潜入し、48
Hàng Ngang Streetに居を構えて、独立宣言書の作成に
取り掛かります。

27_20120106082756.jpg

しかしベトナムの独立宣言は世界各国に認められず、フラン
スはベトナムを再植民地化します。フランス軍のハノイ侵攻に
対しっ徹底抗戦を国民に呼びかけます。その激文はハタイ
省のバンフック村(Vạn Phúc Village in Hà Tây Province)
で書かれました。

そして体制を立て直すため中国国境に近い北部山岳地方
ベトバックに抗仏作戦本部をおきます。

28_20120106082751.jpg

1954年ディンビンフーの戦いでフランス軍を撃破し、フランス
軍が引上げるまでの9年間の抗仏戦争中は北部山岳地帯
で転々と作戦本部が移動し、萱葺き屋根の小屋で過ごしま
す。

およそ3畳位の高床式の家で、建築材料はその地で取れる
竹や草木を使って建てられ、野菜の栽培とスポーツの出来
る区画が確保されました。


1954年のディエンビンフーの戦いで勝利した後、ホーチミン
大統領はハノイに凱旋します。彼の部下は空家のフランス
総督府に入居するよう案内しますが、彼は笑いながら「ここは
悪臭がする」といいます。総督府はその日の内に大掃除が
なされ、それを知った大統領は翌日悪臭の意味を説明しま
した。「悪臭」は「植民地の匂い」だと。

彼は総督府の近くに住居を探し、電気技術者が住んでい
た平屋の家に住むことにしました。その家は小さくて質素なも
のでした。昼間でも暗く、彼が仕事をしている時には明りがつ
けられていました。しかし彼は多くのベトナム国民よりいい家に
住んでいると考えていました。そして彼の警護や当番兵がい
つも近くにいて連絡が取れることが何よりと考えていました。

自然を愛していたホーチミンは家の周りが木々で埋められ、
池が近くにあるこの家が気に入っていました。南ベトナムの
人々から彼にスターアップルの木が送られ、庭に植えられまし
た。南と北の気候の違いを気にして、冬には藁を木の回りに
巻くなど、彼は南に住む人々の気持ちを大切に育てます。

スターアップルの木は彼の死後、南ベトナムの人々の敬愛を
示すものとしてホーチミン廟にも植えられています。

1958年、彼の外遊の前に数人の同士が新しい家を建てよ
うと計画、提案してきました。彼は建築家に要望を話してい
ます。

高床式の1階(オープンエアーです)には労働党政治局のメ
ンバーとの会議室、要人を迎えるゲストルーム、子供達が会
い来た時の石造りのベンチを希望し、2階の廊下は彼が仕
事や読書を廊下でしている時でも誰もが楽に通れるように広
くしてほしいと要望します。そして最後に、建築材料は中位
の品質の竹を使うように指示します。彼は新築の家が住居
とともに大統領官邸としての機能を果たせるように要望した
のです。

1958年5月17日、住居が新築された折、彼はポケットマネ
ーで、建築に携わった人々全員を呼んで感謝の言葉を述
べます。が一つだけ苦言を呈します。ベトナム国はまだ貧乏
で、国民は困難に直面しているのに、この家は一人住まいに
は立派過ぎると。

29_20120106082750.jpg

30_20120106082750.jpg

31_20120106084738.jpg
高床式です

彼のライフスタイルはシンプルで実用的でした。家の中には
日常必要最低限の備品しか置いてありません。ベット、タン
ス、テーブル、椅子、ランプ、花瓶、椰子の団扇、ラジオ、水
のペットボトル、日よけ帽子、読みかけの本、新聞、雑誌、タ
イプライターぐらいでした。そして廊下にも小さな机と籐椅子
が置かれました。

日々、彼はスターアップルの木の木陰になる廊下で新聞を
読み、ラジオを聴くことは彼の日課でした。彼がよく聞いたラ
ジオ番組は、ニュースの他に、詩の朗読、伝統的音楽、子
供達の歌声でした。食堂にはラジオをありませんでしたが、同
志がトランジスターラジオをプレゼントすると食堂で食事をしな
がらでもラジオを聞いていたそうです。


32_20120106084737.jpg
1階の会議室では政治局のメンバーとの多くの重要な会議
の議長を務め、ゲストルームには子供達と同様に多くの外
国からの要人を迎えています。


33_20120106084737.jpg
2階の彼の執務室には3台の電話が用意されていて、グリー
ン色は政治局、ブラック色はそれぞれ陸軍、空軍に繋がって
いました。

タイプライターからは国内外の多くの人々に手紙が打たれま
した
         
34_20120106084736.jpg
寝室

ホーチミンの死後、この建物の保存に力を注いだのは、194
5年以来、ホーチミンの死去まで24年間秘書を務めたブー
キー氏で、信頼厚いブーキー氏はホーチミンの遺言書も預
かっていました。

<ホーチミンの愛用品>
35_20120106084736.jpg

36_20120106084840.jpg

37_20120106084840.jpg

38_20120106084839.jpg

39_20120106084839.jpg
棺にも入れられたタイヤのゴムで作ったサンダル。外国の要
人に会うときもこのサンダルでした。



1958年7月7日 フランス共産党代表団の訪問
40_20120106084838.jpg

41_20120106085913.jpg
フランスの平和運動家 Mrs.Raymonde Dienと Mr.Henri
Martinと談笑するホーチミン.


42.jpg
1958年7月8日 土地改革によって、新たに組織されたハタイ
(Ha Tay)省の合作社の視察にきたホーチミン


インドネシアを訪問
43.jpg


12月21日 南ベトナムのゴ・ジン・ジェム政権は、ジュネーブ協
定を廃棄すると発表します。平和的に南北を統一する道は絶
たれます。


44.jpg
ハノイの小学校を訪問するホーチミン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/320-fb80ee79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。