べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リー・トゥ・チョン


11_20110816125723.jpg
Lý Tụ Trong(1914年-1931年)

1926年(13歳の頃)にはホーチミン主席の秘密連絡員とし
て広州で活動していましたが、その後サイゴンに戻ってい
ました。

12_20110816125722.jpg
最前列中央の少年がリー・トゥ・チョン
1926年 中国の広州で

1931年2月8日(リー・トゥ・チョン17歳)同志の
PHAN BOI(HOANG HUU NAM)がLARÉGNÉNE通り
(現在のTRUNG DINH通り) で開かれた集会で演説をして
いました。この時期、フランス植民地政府は共産主義者の
弾圧を強めていましたのですぐ警察官のLEGRANDが飛んで
きて、彼を逮捕しました。

リー・トゥ・チョン(Ly Tu Trong)はLEGRANDに銃を向けます。
銃声と共に民衆は逃げ、広場には彼が横たわっていました。
フランス官憲は彼を逮捕し、拷問しますが、リー・トゥ・チョン
は彼が属する「青年革命同志会」組織の詳細を一言も話さ
ず、拷問に耐えました。

サイゴン中央刑務所に収容されましたが、他の囚人たちは
ハンガーストライキで植民地当局に抗議しました。

後日、彼が警官殺害の犯人かどうか確証がなかったと言わ
れています。

しかし1931年4月18日サイゴン裁判所は、死刑を宣告し
ます。囚人たちは20歳にも満たない少年に対する死刑判
決を聞き、フランス植民地政府の圧政に対して、再び抗議
のハンガーストライキを行います。

リ・トゥ・チョンはギロチンによって17歳の生涯を閉じます。

当時のフランス植民地政策は「農民と油は絞れるだけ絞
れ」で、人頭税をかけるため16歳で成人扱いとしていまし
た。特に白人に対する危害は重罪とされていて、白人警官
を撃ったとされるリ・トゥ・チョンに対し、容赦はしませんでし
た。

リ・トゥ・チョンは現在サイゴンの通りの名前になっていて、
サイゴン中央刑務所の斜め前の公園は「リ・トゥ・チョン公
園」と名づけられ、公園内の立像前の広場では、時たま小
学生に対する教育(思想教育かな)が行われています。




13_20110816125722.jpg

14_20110816125721.jpg
リ・トゥ・チョン公園

15_20110816125721.jpg
参考書

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/262-99c8e972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。