べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25 ホーチミン主席の足跡 1930年(40歳)
1930年1月6日から1930年2月7日の期間、
ベトナム国内の代表的な共産主義グループがコミンテルン
によって香港に召集されますの3グループ
(Indochina Communist Party、Annam Communist
Party、Indochinese Communist Lea。グエン・アイ・コック
もコミンテルンの委任によって広州から香港へ移動し、
2月3日
ら2月7日のテト正月にベトナム共産主義者gue)の
統一会議が香港に近いカオルーン(九龍)の工場労働者
の宿舎で行われます。
3グループは合同してベトナム共産党を結成します。
Indochinese Communist Leagueは会議に出席できません
でしたが、2月24日、正式にベトナム共産党に参加す
る旨、通知します。

11  1930年設立会議
ベトナム共産党を設立した7人の侍

12  1930設立趣意書
ベトナム共産党結成会議設立趣意書

会議に出席した7人の侍は、現在もベトナム国の英雄で
す。
<コミンテルン所属>3名
13
NGUYỄN AÍ QUỐC

14
Hô TUÔNG MẬU ́

15
LẼ HỔNG SƠN

<Indochina Communist Party>(2名)
16
NGUYỄN ĐỨC CÂNH 

17
TRỊNH ĐINH CỬU

<Annam Communist Party>(2名)
18
NGUYỄN THIÊU

19
CHÃU VÂN

後に、ベトナム労働党第3回全国代表大会(1960年9月5
日)で統一会議の初日(1930年2月3日)が「ベトナム共産
党設立の日」として採択され、現在でもベトナム各地で式典
が行われます。

20 革命戦略書
21 革命戦略書
グエン・アイ・コックにより編集されたベトナム共産党の政治
および戦略プログラム

1930年2月18日、 グエン・アイ・コックは「インドシナにお
ける共産党創立に際しての呼びかけ」を執筆して、革命に
よって目指すべき目標を10項目示します。
1.フランス帝国主義、封建主義およびベトナムの反革命ブ
ルジョアジーを打倒しよう。
2.インドシナを完全に独立させよう
3.労農兵政府を樹立しよう
4.帝国主義者の銀行その他の企業を没収し、労農兵政府
の統制下に置こう
5.帝国主義者とベトナムの反革命ブルジョアジーのプラン
テーションおよび財産をすべて没収し貧農に分配しよう
6.8時間労働制の実施
7.公債と人頭税の廃止。貧農にたいする各種酷税の免除
8.大衆にあらゆる自由権を取り戻そう
9.普通教育の実施
10.男女平等の実現


この年はベトナム共産党を設立した年なので、いろいろな
人に手紙を書いています。

22_20110814195728.jpg
1930年2月18日 香港からコミンテルンに出した報告書

23_20110814195728.jpg
1930年2月27日 フランス共産党党首に出した手紙


24_20110814195727.jpg
1930年2月28日 イギリス共産党の香港事務所に出され
た手紙

25_20110814195727.jpg
1930年2月28日 ソ連コミンテルン幹部に出された手紙

ホーチミンは4月の初めからタイ国の共産主義拠点作りに
出かけ、4月の終わりごろにマレーシア、シンガポールを
経由して香港に戻ります。
26_20110814195912.jpg
香港に戻ったときには結核を患っていたという記述がありま
す。

27_20110814195912.jpg
1930年4月20日 ベトナム共産党へ出された手紙

5月1日ベトナム共産党政治局の指導の下、インドシナ史
上初のメーデーが実施されます。Ben Thuyのマッチ工場、
鉄道整備工場の労働者やVinh村周辺地区の数千の農民
が中心となり、赤いハンマーと鎌を高く掲げ、手間賃の増
加、労働時間の減少、税金の減額をスローガンにフランス
の地区委員会に激しく抗議を行います。植民地当局は軍
隊を動員してデモを鎮圧、デモ参加者7名が射殺されま
す。

28
銃殺されるデモ参加者

29  共産党旗
ハンマーと鎌は現在のベトナム共産党の党旗になっていま
す。
ベトナム共産党はベトナム国の指導団体であると憲法にも
明言されていますので、公官庁の建物にはベトナムの国旗
と党旗が掲げられます。

この事件をきっかけべトナム各地で抗議デモや抵抗運動
が激しく行われるようになります。

30.jpg
1930年5月3日 Cao Lang地区の役所に過酷な税の軽減
を求めてデモをする住民

ホーチミンはコミンテルン本部からインドシナに共産党を創
立する権限を与えられていましたが、ベトナム共産党の結
成に際しては、コミンテルン(国際共産党)から詳細な指示
を仰ぐことなく、独自に行動したとされています。コミンテル
ンはインドシナ全域を統括する共産党の設立を目指してい
たため、ホーチミンの指導によって結成された「ベトナム共
産党」の結成趣旨を齟齬が生じていたようです。そこでコミ
ンテルンはモスクワ本部からチャン・フーをベトナムのコミ
ンテルン東方局に帰還させ、ベトナム共産党の性格を階級
対立路線に軌道修正させます。

31.jpg
チャン・フーはハティン(Ha Thin)省出身で1925年ゲア
ン省の「新ベトナム革新党」に入党し、1927年からモスクワ
の大学に留学していました。

ベトナム共産党は1930年10月14日から31日まで香港で
第1回中央委員会を開き、コミンテルンの指示に従ってベト
ナム共産党を「インドシナ共産党」と改称し、初代書記長に
チャン・フー(陳富)を選出します。この会議にホーチミンは
出席していません。

32.jpg
1930年10月の中央委員会の記録

1930年12月9日 インドシナ共産党の書記長であるチャ
ン・フーはグエン・アイ・コック(ホーチミン)を批判して「この
同志はなんら明確な計画を持たず、コミンテルンの計画に
そぐわない多くの誤りを犯した」とする文書を配布します。こ
の時がホーチミンの生涯での政治的危機とされています。

1930年12月14から30日まで 香港で最初のインドシナ
共産党大会が開かれ、チャン・フーが中心となって作成し
た政治要領「ブルジョア民主主義革命に関するテーゼ」を
承認します。ブルジョアを打倒して労農評議会(ソビエトゲ
ティンと呼ばれています)政府を樹立し、資本主義を飛び
越えて社会主義国家を建設するという主張でした。


33.jpg
チャンフーがまとめた「ブルジョア民主主義革命要領」

34.jpg
チャンフーが住んでいた家。ハノイ
 
「ブルジョア民主主義革命要領」に沿ってゲアン省とハティ
ン省を中心に各地で労農評議会の蜂起が起こります。ゲテ
ィン蜂起を呼ばれていますが、ゲティンとはゲアン省とハテ
ィン省をあわせた呼び名です。


35
1930年 ゲティン省評議会の蜂起

36.jpg
労農評議会の蜂起を伝える新聞

労農評議会の蜂起は1930年から1931年にかけて、盛り
上がりを見せ、その後はフランス植民地政府の弾圧のため
先細りになってしまいましたが、この蜂起はベトナムで初め
て労働者階級が中心となった蜂起で、後のベトナム8月蜂
起の原動力になっていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/261-fbabd344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。