べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1. ホーチミン主席の足跡 1890年

このシリーズは資料が追加されるごとに随時更新されます。

1890年(誕生)

01  キムリン村の風景
ホーチミンの誕生地キムリン村。正面の山はホン山

Image0425.jpg

ホーチミンは幼名を グエン・シン・クン(Nguyên
Sinh Cung)といい、ゲアン省ホアンチュ村(現在のキ
ムリン村)の農家でフランス植民地時代の1890年5月
19日に第3子、末っ子として生まれました。

当時の住所はlàng Hoàng Trù, xã Chung Cự, tổng
Lâm Thịnh , Huyện Nam Đàn, tỉnh Nghệ An 

現在ではxã Kim Liên, Huyện Nam Đàn, tỉnh
Nghệ An となります。

02  母親の実家
母親の実家で生まれました。

03  父親の家
父親の家

誕生後は同じキムリン村にある父親の家で家族一緒
に住みます。
この生家には50年以上たった1957年と1961年
に大統領として凱旋しています。

04  祖父の家
祖父Nguyen Sinh Nham の家。同じキムリ村にあり
ました

彼が生まれた時代はフランス帝国主義者によってベト
ナムは侵略され、ベトナム人民は過酷な生活を強いら
れていた時代でした。フランスの植民地政策に対する
人民の抵抗運動が始まった時期でもあり、ホーチミン
が生まれたゲアン省は抵抗運動の最も盛んな地方で
した。

ホーチミンが生まれる少し前の1886年、タインホア
省のニャソン(Nga Sơn)でフランス侵略者に対する
暴動が起きます。3つの村が抵抗基地を作り、しばらく
の間、フランス侵略者の侵入を防ぎました。しかし
1887年には征服されてしまい、首謀者は刑務所に
いれられ、処刑されます。
P1250750.jpg

ハノイのバーディン広場は北部ベトナム人のフランス
侵略軍に対する勇気ある抵抗の精神を象徴するために
命名されました。

バーディン広場(Ba Đìnḥ)のBa=3、Đình=村 
を意味します。

ほぼ60年後の1945年にホーチミンはこの広場で、
ベトナムの独立宣言を読み上げたのです。



05  Father
父親 グエン・シン・サック
Nguyễn Sinh Sắc
(1863-1929年)

ホーチミンの父親はもともとが農家の家柄でしたが、子
供のころに両親を亡くし働きながら勉強をしていました。
恩師であるホンスードン先生の指導のおかげで、189
4年に芸術の大学を卒業し、1901年には文学博士と
なって先生の娘さんと結婚し、一教師として質素に暮
らしていました。彼は多くの子どもたちに、労働を愛す
る気持ちやヒューマニズムを理解する勉強を指導しま
した。

その後、1906年5月には儀礼省の官吏に推挙され、1
909年に難関中の難関である科挙の試験(国家公務
員の試験)に合格し、ビンディン省ビンケ地方で公務
員のチーフを勤めます。彼の本性の愛国精神から、公
務員在勤中にしばしば「公務員はフランス当局の手先
みたいなもので、続けているとより卑屈な人間になっ
てしまう」と言って、貧乏から脱却するためにフランス植
民地官吏におべっかを使って働いているベトナム人と
は相容れませんでした。

それゆえ彼は1910年1月17日にフエに戻され、5月1
9日には懲罰委員会にかけられ、100回の鞭打ち刑や
7等級の官吏の位を剥奪され、解雇されてしまいま
す。

一緒に生活していたホーチミンは父親の解雇によって、
独立して生計を立てねばならなくなり、南下してファン
ティットに向かい職を探します。

父親はフエで教師をした後、ベトナムの知識階級と国
家のあり方について議論をするために南部ベトナムに
行きます。

1927年からは南部ベトナムのドンタップ省Cao Lan
でベトナムの伝統的薬を作り、患者を治療し続けまし
た。彼は生涯貧乏でしたが清貧で正直者でした。


ホーチミンは当初、父の失業を大変心配して、父親に
海外から送金したり、フランス植民地政府に父の就職
を依頼していましたが、そのうち音信不通になってしま
ったようです。

父親はCao Lanで生涯を閉じますが、現在では立派
な墓所が作られています。

06  父親の机
父親の勉強机 

愛国者としての誇りから公務員としてフランス植民地主
義者のゴマすりになることを断固として拒否したため、
解雇され、その後は南部ベトナムへ行き、伝統的医者
として死ぬまで質素な暮らしを続けました。

07
1901年朝廷によって編纂された科挙合格者のリスト。
父親の名も載っています。

科挙の試験は郷試(地方試験)と会試(全国試験)があ
り、郷試を合格した人が会試の試験を受けられました。
父親は1909年会試にも合格します。



08  Mather
母親 ホアン・ティ・ロアン
Hoàng Thị̣̣ ̣Loan ̣
(1868-1901年)

ホーチミンのお母さんはキムリン村に住むHOAN
XUAN DUONGという儒学者の娘で農業とはた織り
をしていました。母は勤勉でとてもやさしい人でした。
夫の勉学を助け、子供の養育に一生を捧げました。19
01年2月10日にフエで若死にしてしまいます。
6歳のホーチミンが涙をながしている絵画が残って
います。ホーチミンが涙を流している写真はこの
シリーズ中に1枚だけ登場します。

現在、お墓はフエから故郷のキムリン村に移されてい
ます。
P1250643.jpg

ホーチミンの母親は優しくて勤勉、人生を農耕と子供
達の教育に捧げました。

08  ハンモック
母親が使っていたハンモック

09  はた織機
はた織機


ホーチミンには、お姉さんとお兄さんがいましたが、2
人とも反仏運動に参加をしていました。

10  Sister
姉 グエン・ティ・タン
Nguyễn Thị Thanh
(1884-1954)

ホーチミンのお姉さんはファン・ボイ・チャウの維新運
動に参加していて、Vietnamese National
Restoration Association の支援事務所として、
主に、資金集めやフランス兵士から横流しされた武器
をベトナムの愛国者団体に供給する活動をしていまし
た。

彼女は何回となくフランス植民地軍に逮捕、拷問され、
フエで9年間監視下での生活を言い渡されます。

1940年にはCentern Police Investigation Service
からゲアン省のチーフを任せられます。兄のホーチミ
ンが主導した1945年のベトナム8月革命の後、彼女
は郷里のKim Lien Village Fighter’s Mothers
Association で活動します。1954年、郷里のキムリン
村で生涯を終えます。


11  Brother
兄 グエン・シン・ハイエ
Nguyỗn Sinh Khiêm
(1888-1950)
(別名 Nguyen Tat Dat)

ホーチミンのお兄さんは理知的で独立心が強く、父親
同様、純粋な愛国者でした。若いときから正義の行動
をする人を愛していました。

彼も姉と同じように維新活動に積極的に参加し、人々
に古い習慣を廃し、封建的な官吏組織を改め、ローマ
字化されたベトナム言語で教える学校を建設すること
を強く主張していました。

1912年、彼はインドシナ総督府に陳情書を送り、ベト
ナム人民の窮状を訴え、改善を要求しています。フラ
ンス植民地政府は彼が愛国的行動をする前に嘘をつ
き彼を改心させようとしましたがうまくいきませんでし
た。

1914年にフランス植民地政府に反逆者として逮捕さ
れ、9年間服役を言い渡されました。1920年にはフエ
に送られ、監視の下で生活するようになります。

その後1940年、郷里に帰ることが許可されましたが、
郷里に帰っても改革の要求やベトナム人に新しい考え
を広めることをやめませんでした。そのためフランス植
民地政府に再び逮捕され、解放されたのは1941年の
後半でした。

釈放後は郷里に戻り、父親と同じように伝統的なベトナ
ムの薬を作って暮らしました。1950年6月25日、郷里
でなくなります。


ホーチミンは幼少の頃、村で尊敬されているDienお
じさんの鍛冶屋工場によく行きました。
12  鍛冶屋さんの家
Dienおじさんの家


ホーチミンの家族は、フランス植民地政府から見れば
札付きの反植民地闘争の一家でした。しかし母親だ
けは子供を育てるのに精一杯で、早死にをしてしまい
ます。
 
13  Huy

14  P1200396

15  Thanh
上から父、姉、兄に関するフランス秘密警察の報告書

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/220-bf308624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。