べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディンビンフーの戦い  ベトコン補給部隊

ディンビンフーの戦いは、1地域での戦いでは56日間という
世界の戦争史でもっとも長期の戦いでしたので、前線への補
給確保が重要な役割を果たしました。特にベトナム側の補給
部隊には兵士の数より多数の市民が参戦しました。

もともと北部ベトナムの北西地方は人口密度の低い地方で1
平方キローに8.5人しか住んでいない少数民族地帯(ターイ
族が中心)でしたが、この戦いのために多くの青年ボランティ
アーや労働者が北部ベトナムを中心に集結し、その数は100
000人にも達したと言われています。集結した人は「バイク部
隊」、「道路工事部隊」、「精米部隊」などに区分けされ、補給
部隊として戦争に参加します。前線兵士1人につき、10人の
補給部隊が結成されたとされています。

この地方の少数民族は自給していた米を兵士のために供出
し、自分達はトウモロコシやタピオカなどを食べて凌ぎました。
紅河デルタ地帯から多くの精米機を借りて、兵士へ送る米を
袋詰めにし、15日から20日かけて昼夜兼行で天秤棒や馬、
自転車で前線に送りました。

01徒歩
補給はまさに人海戦術でした

02天秤棒
天秤棒姿はベトナムの伝統です

04像
馬や象も大切な戦力になりました

05自転車1

06自転車2

07自転車3

08自転車4
補給部隊の主役は自転車でした。

この地方では自転車は宝物でしたが、20000台の自転車が
補給のために供出されました。自転車はハンドル部分が改良
され一度に200Kgから300Kgを運びます。

フランス軍は補給路を遮断するべく、航空機によって道路を
爆撃し、化学剤を使用して雨を降らせ、地すべりを発生させる
などして攻撃しましたが、ベトミン側は山岳地帯に地元民しか
わからない新たな補給路を人海戦術で数本完成しており、こ
れらの道は発見すら出来ませんでした。

とはいえ補給部隊にとってディン・ビン・フーへの道のりは険
しく、傷を負って帰ってくる人が絶えず、途上で命を失った人
も多数いました。

しかし、後に首相になるファン・バン・ドンは、ディン・ビン・フ
ーの戦いはベトナムにとって負けられない一戦のため、共産
党と政府を統合して「中央補給評議会」を結成し、国民に激を
飛ばします。

「すべての国民はディン・ビン・フーの戦いのために、労働力
のすべてとすべての財産を供出しよう」まさに国の命運をか
けた一戦だったのです。

国民はベトナムの真の独立と自由のために参戦します。現在、
高齢になっている市民兵士が自負を胸に口ずさみます。

[ We are the soldiers of Dien Bien Phu Campaign ]

我々はディン・ビン・フーの戦いの兵士だ

国民が何故これほどまでに協力したのかについては、国家
の真の独立のためという大義に加えて、前年の1953年に行
われた農地改革が影響しているものと思われます。

ベトコン側の補給部隊に対して、フランス軍の補給は航空機
に頼るしかなく、戦闘の開始直後にフランス軍が整備した2本
の滑走路が攻撃を受けると、もはやパラシュートで補給物資
を投下するしか手段がなく、雨季の天候を作戦計画に織り込
んでいなかったフランス軍は致命的な欠陥を露呈します。

補給部隊の明暗はこの戦いの成否を決定する重要な要素で
した。
(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/202-9f803aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。