べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディンビンフーの戦い 休戦
<ディンビンフーの戦いでの休戦>

56日間に渡って砲撃や塹壕をほる音が絶えなく続いたディン
ビンフーの戦いのなかで、2回だけ休戦時間が設けられたことが
あります。

<第1回目は1954年3月14日 午前8時―12時>

ディンビンフーの戦いは1954年3月13日の夕方5時、ベト
ミンの総大将ザップ将軍(総司令官)の「Fire」の号令と共に
ベトミンのカノン砲40門が一斉にフランス軍の飛行場に向かっ
て射撃したことから始まりました。

その後、日が暮れてから、砲撃はフランス軍の一番北方の陣地、
ベアトリクス(ベトミン軍の呼び名はHim Lam Post)陣地に目標
が変えられ、砲撃後、機関銃などで後方支援を受けたベトミンの
青年兵士が手榴弾を絶え間なく投げつけました。

夜が明けると、勝敗は決していました。フランス軍の陣地には
死体がごろごろと横たわっており、指揮官のTurpin中尉は捕虜と
なっていました。

べトミン軍312師団は中尉の返還と死体処理のため、3月14日
の朝8時から12時までを休戦時間とする312師団長の手紙を
フランス軍へ渡して、攻撃しませんでした。

フランス軍のカストリー将軍はハノイのCognyに連絡し、Cognyは
サイゴンにいるナバール総司令官の許可を得ます。

ナバールの許可が9時に下され、フランス軍の陣地から赤十字の
旗をかざしたジープが遺体の収容を始めました。500体以上の
遺体を収容しましたが、ベトミン側には既に約200人の捕虜が
いました。

Untitled_20110316184738.jpg


<第2回目は1954年3月15日 午前7時―10時>

休戦時間が時間が終わった14日午後から夜にかけて、ベトミン
はフランス軍のガブリエル陣地(ベトミン軍の呼び名は
Doc Lap Hill)の攻撃に移ります。夜が明けた15日の朝には
勝敗は決していました。ベトミン軍の司令官は7時から10時まで
を休戦時間としました。

フランス軍は戦車を先頭に2陣地の奪回を図りましたが、出来
ませんでした。

この2回以降は特に定めた休戦時間はなかったようです。戦闘は
56日間にも及んでいるので、兵士は塹壕の中ですべての日常生活
を過ごしました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/199-7b3268c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。