べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻薬工場
フランスがベトナムを植民地にしたかった理由は、アヘンの販売とゴムプラ
ンテーションでの利益の追求であったとはよく言われていることですが、サ
イゴン中心街にはアヘン工場の跡が残っています。

フランスは1860年代から、アヘンをインドから仕入れ、ベトナム、カン
ボジア、ラオスに独占販売し多大の利益を上げていました。

そしてさらに利益を増大させるためにハイバチュン、グエンユー、ティサッ
ク、レタントン通りに囲まれる一角に1881年末にアヘンの精製工場を造
りました。当初は3軒ありましたが、フランスから最新機械を導入した工場
だけが生き残り、現在にその遺跡を残しています。

1954年、フランスがディエンビンフーの戦いに負けて引き上げると、こ
の一帯は歓楽街になります。そして現在でもベトナム随一の歓楽街としての
地位を保っています。(?)

1975年、南北統一後は税関職員が住んでいましたが、最近3-4年前か
らレストランになりました。

ハイバチュン通り、パークハイアットの駐車場入り口の向かい側にクリーム
色の門があり、中に入ると左側に4件レストランがあります。この建物が昔
のアヘン工場で、現在では中流クラスのベトナム人や外国人が利用している
名の知れたレストランになっています。

P1240392.jpg
店の名は「The Refinery」(精製の意味) 「Hoa Tuc」(ケシの花の意味)

P1240391.jpg
入り口の門

P1240390.jpg

門の上部をよく見るとケシの花が飾られています。

ケシの花は悪くは、アヘンやヘロインの原料、良くはモルヒネの原料です。
ちなみにフランスでの花言葉は「怠惰」「安逸」「眠り」「休息」「無気力」な
んですって。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/197-c43c5f49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。