べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共産党新書記長

2011年1月12日から19日までハノイでベトナム共産党全国党大
会が開催されました。

ノン・ドク・マイン書記長は演説で、導入から25年となる改
革開放の「ドイモイ(刷新)」政策を継続するとした上で、こ
れまで「労働者階級でない」として認めてこなかった私営企業
家の新規入党を認め、「社会主義市場経済」をさらに加速させ
ることを明言しました。
1
ノン・ドク・マイン書記長


17日には党中央委員175名が選出され、18日には新人事が承
認されました。
2

国家の方針を決める共産党政治局員14名のうち、9名が再任、5
名が新任されました。

<再任>
グエン・フー・チョン(67) 国会議長、書記長 
グエン・タン・ズン(62) 首相 次期国会で再任予定
グエン・シン・フン(65) 副首相
レ・ホン・アイン(62) 公安相
フン・クアン・タイン(62) 国防相
チュオン・タン・サン(62) 党書記局常務
次期国会で国家主席に選出内定
ファム・クアン・ギ(62) 党ハノイ市委員会書記
レ・タイン・ハイ(61) 党ホーチミン市委員会書記
トー・フイ・ズア(64) 党中央情宣委員長
<新任>
ディン・テー・フイン(58) 党中央機関紙ニャンザン編集長
ゴ・バン・ズ(64) 党中央事務局長
グエン・スアン・フック(57) 政府官房主任
チャン・ダイ・クアン(55) 公安次官
トン・ティ・フォン(57) 国会副議長、女性、ターイ族

3


新指導部は、引退する最高指導者のノン・ドク・マイン書記長
(70)(2001年から2期10年在職)の後任に保守派の
グエン・フー・チョン国会議長、国家主席に改革派のチュオン・
タン・サン党書記局常務をそれぞれ昇格させ、グエン・タン・
ズン首相を留任させるトップスリーの人事を内定しました。
4


19日の閉幕時、グエン・フー・チョン(Nguyen Phu Trong)新書記
長は、「引き続き党の指導力、戦う力を上げ、全民族の力を発揮、
全面的なドイモイを推し進め、2020年までに近代的な工業国に
成長させる任務を完遂する」と述べています。
5

<グエン・フー・チョンの略歴>
1944年4月ハノイ生まれ。1967年ハノイ総合大学(現ハノイ国家
大学)を卒業し、同年ベトナム労働党に入党。党の理論誌「タップ
チーコンサン」に20年間携わり、1991年からの5年間は編集長を
務めた。1981~1983年にソ連に留学して博士号を取得。2000
年以降、党ハノイ市委員会書記、党中央理論評議会議長を歴任。
2007年7月、国会議長に就任した。実務家というより理論家で、保
守穏健派とみなされています。

余談:とかくホーチミンの子供と噂されていたノン・ドク・マインさ
んが引退しました。彼はターイ族ですが、今回の新人事でターイ
族の女性が政治局(女性政治局員は歴代2人目)のメンバーにな
っています。
6
トン・ティ・フォン(57) 国会副議長、女性、ターイ族

新書記長は勿論序列第1位で、最高権力者なのですが、理論家
であり、実務的には現在の首相が5月に開かれる国会で再任され
ることが確実で実権を握るものと噂されています。
7
グエン・タン・ズン(62)現首相 次期国会で再任予定
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/184-3215ec0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。