べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボ・ティ・ソウ(Võ Thị Sáu)

本名はグエン・ティ・ソウ(Nguyễn thị Sáu)、南部ベト
ナムで革命家としてフランス植民地政府に抵抗した女性兵士。

Sau


1935年Long Dien, Ba Ria (現在はレッドランド地区、バリ
ア- ブンタオ)で生まれ、1948年から革命運動に参加し、

1949年からダット地区警察のボランティア活動家として、伝
令や物資の供給任務についていました。

1949年7月14日、フランスがナショナルデーの祝賀集会を
開いているところに手榴弾を投げつけられ、フランス兵士の
多くが死亡した事件が起こりました。

1950年5月 犯人としてボ・ティ・ソウがバリアで拘束され、
サイゴンのチーホア( Chi Hoa)刑務所に収容され拷問を
受けます。フランス政府とフランス軍事裁判所は15歳の彼
女に死刑判決を宣告したため、世論の猛反対とともに弁護
団も死刑宣告文は18歳にもなっていない彼女に対して十
分な理由が無いと反論し、裁判が続きましたが、1951年4月
死刑判決が最終確定します。

1952年1月21日コンダオ(Con Dao)刑務所に移送され、
翌日22日の夜にボ・ティ・ソウはベトナム共産党員であるこ
とを認め、翌1月23日午後7時に銃殺刑が執行されました。

銃殺時の目隠しを拒否し、最後の瞬間まで革命戦士として
の態度を崩しませんでした。

Sau (1)


1993年ベトナム政府は国軍の英雄として彼女を評価し、
1994年 9月2日、ベトナム人民の英雄として勲章
(State of Vietnam Hero of the People's Armed
Forces )を授与しました。

ボティサウの墓は殉教者の墓地ハングドゥオン、コンダオ
(Hang Duong, Con Dao)にあり、命日にはお線香の煙が
耐えません。

Sau (2)


ホーチミン市3区にある南部ベトナム婦人博物館の前の道
路はボ・ティ・ソウ通りと呼ばれています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/170-0446b2e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。