べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グエン・ティ・ミン・カイ
 1910年8月25日ゲアン(Nghe An)省生まれのベトナ
ム女性革命家。

 1924年フエの国立アカデミー校に入学し、その後、タ
ンドン学校の歴史教師となります。

 1930年にインドシナ共産党のメンバーとなり、国際共
産党(コミンテルン)東方支部でホーチミン主席の秘書を
務めました。

グエンティミンカイ


 1934年にコミンテルン・モスクワ大会にホーチミン主席
とともに参加し、レーニン夫人と会談しています。大会中
にホーチミンの戦友、レ・ホン・フォン(Le Hong Phong)と
知り合い結婚。

グエンティミンカイ (1)


1936年サイゴンに戻ってから、ベトナム南部の革命
運動を指導していましたが、1940にフランス植民地政府
によって投獄されます。投獄されても刑務所の中から革
命運動の続けましたが南部の一斉蜂起(ナムキー=南
部 コイギア=蜂起)に失敗し、1941年8月26日、ホッ
クモン県で銃殺されます。31歳でした。

 後を追うように夫のレ・ホン・フォンも処刑されます。

ホーチミン市の旧南ベトナム大統領官邸に沿った横の
道路は「ソヴィエトゲティン」(ゲティン省の評議会の意味)
通りと呼ばれていましたが、サイゴン陥落後はグエン・テ
ィ・ミン・カイ通りと改称されました。

ちなみに官邸の正面の通りは南部蜂起を記念してナム・
キー・コイ・ギア通りといいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/138-dbfb89e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。