べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カシューナッツ
ホーチミン市から北上していくとドンナイ省を通りカンボジアを国
境を接するビン・フォック(Binh Phuoc)省に突き当たります。

このビンフォック省はカシューナッツの王国です。ブー・ザー・マップ
(Bu Gia Map)郡は「カシューの木の王国」の中心で、ドン・ソアイ
(Dong Xoai)町からフォック・ロン(Phuoc Long)町に続く約100
キロメートルの道にはカシューの木がづっと続いています。この
近辺の農家は1軒で約3ヘクタール~4ヘクタールのカシューの木を耕作
しているそうです。

この辺りには少数民族のスティエン族が住んでおり、山岳地帯なので
焼畑農業に頼って貧困生活をしていましたが、1990年代からカシュー
の木を植えるようになってから、生活水準は飛躍的に向上し、現在では
所得が年間8千万ドンに達する農家も出てきています。

最近ではカシュ―の木々の間にコーヒーやココアの木を植え、
生産性をさらに高めています。

もはやカシューナッツの生産はベトナム経済で重要な農業政策になっており、
2009年には世界のカシューナッツ輸出の50%を占めるようになって
います。もともとカシューナッツの生産はインドがメインで耕作面積も
80万ヘクタールもあるのですが、生産性が悪く、ベトナムは40万
ヘクタールの耕作面積で世界一の生産高、輸出高を誇っています。

ビン・フォック省は約20万ヘクタールのカシューの木の耕作面積を持ち、
全国のカシューの木の作付面積の45パーセントを占め、200の
カシューナッツ加工企業があります

2010年からはベトナム首相や地区の人民委員会の肝煎りで
「金色のカシューナッツ祭り」が開催されます。


01カシュー (1)  02カシュー (2)  03カシュー (3)
03 木々の小道ではミツバチを飼っています。

04カシュー (4)  05カシュー (5)  06カシュー (6)


07カシュー (7)
07 皮むきはもっぱら人海戦術。カシューナッツが高い理由かも。
スポンサーサイト

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
[2013/02/09 13:58] URL | 投資の勉強 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/117-69407078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。