べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レロイ通り
市内の道路のほとんどは歴史上の出来事や人物の名が付けられています。

レロイ通りは市民劇場とベンタン市場をまっすぐ直線で結ぶホーチミン市の
目抜き通りです。

レロイ(黎利)は1428年黎朝を建てた初代の皇帝で皇帝名レ・タイ・トー
(黎太祖)としてもよく知られています。

1385年ベトナム中部、タインホア(清化)のラム・ソン(藍山)で貴族の3男
として生まれました。

1408年からベトナムは中国の明朝、永楽帝の支配下に置かれてしまい、
ベトナム語の使用禁止や重税に苦しんでいました。

1418年レロイは明軍に対して挙兵し、緒戦は苦戦したものの、各地の反
明軍勢力、を結集し10年にわたり抵抗し続け、1427年に明軍をベトナム
から撤退させ、中国からベトナムの独立を回復しました。

翌年1428年には黎朝を建て、自らレ・タイ・トー(黎太祖)と名乗り、初代皇
帝になります。首都をトン・キン(東京)とし、国号をダイ・ヴィエット(大越)と
しました。

皇帝になったレロイは属明期の戦乱での疲弊した社会の建て直しを始めま
す。全国を五道にわけ、科挙制度を充実し、戦争中に無主になった土地を
公田とする均田制を実施し、中央集権的国家の建設を目指しました。また
法律上は男女が家庭内で平等であることを定めるなど進歩的な政策を実行
しています。

レロイには有能なスタッフが2名ついていました。グエンチャイとレライ。両名
ともレロイと一緒に道路名として残っています。

レ・ロイの銅像は、レロイ通りにはなく、バータンハイ(3 Thang 2)やホンバン
(Hong Bang)通りが交差する、6区と11区の境界にあるロータリーに立って
います。

せっかく名の付いた道路があるのに、ベトナム政府はどうしてその道路上に銅像
を建ててあげないのでしょうね。


01レロイ (1)  02レロイ (2)  03レロイ (3)


04レロイ (4)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vietkon.blog73.fc2.com/tb.php/108-e181cc5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。