べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カイディン帝
カイディン帝
11 (251x400)

Khải Ðịnh (啓定帝)
生没年 1885年10月8日~1925年11月6日(旧暦9月20日)
グエン朝第12代 皇帝
在位  1916年5月18日~1925年11月6日
父   第9代ドンカイン帝
母 Hựu Thiên Thuần (仙恭皇后 1868年4月18日—1944年9月17日)
妃 Dương Thị Thục

1885年
フエの王宮で9代ドンカイン帝と仙恭皇后の間に生まれた。父帝が死
去した際、まだ幼少で病弱だったこともあり即位は見送られ、皇位はタ
インタイ帝(ズックドゥック帝の子)が継いだ。

1916年
11代皇帝ズイタン帝(タインタイ帝の子)が宗主国フランスを排除しよ
うとしたために廃位され、レ・ユニオン島へ流刑となってしまったので、フ
ランスによって12代皇帝に擁立されることとなり、年号を「啓定」と定め
ました。

12

13 (350x247)

啓定帝が即位すると、フランスは科挙を廃止して反仏勢力となりや
すい知識人の影響力を弱め、公文書の表記方法も漢文から
クオック・グーに改めました。

カイディン帝はフランスの搾取に苦しむ国民から「フランスの保護下
で贅沢な暮らしをしている傀儡皇帝」と見られ、その評判は芳しいも
のではありませんでした。

著名な民族主義者であるファン・チュー・チンからは批判され、
グエン・アイ・クオック(後のホー・チ・ミン)は、カイディン帝を風刺する
戯曲「竹の龍」を著しています。

カイディン帝の時代にはフランスの植民地政策に対して武力で反抗
する勢力はことごとく鎮圧されており、ポール・ドゥメールの強権的な
植民地政策が始まっていました。
実際、この皇帝が実施した政策は自身とグエン一族の繫栄のため
だけでした。

皇帝は宮城内の多数の建物を改修し、一族のための離宮を建設し
ました。

14 (400x267)
アンディン離宮(Cung An Định)新築

15 (400x276)
建中楼(Lầu Kiến Trung )改築

16 (400x300)
顕仁門(Cửa Hiển Nhơn)改修

17 (400x300)
彰徳門(Cửa Chương Đức)改修

そして極めつけの建造物が国民に30%の増税を強いて完成させた
カイディン帝廟なのです。(別掲)

1922年5月20日
カイディン帝はマルセイユ殖民博覧会に出席のためフランスを訪問し
ます。これはベトナム皇帝の始めての外遊でしたが、愛国者からはこ
ぞって批判されます。

18 (400x244)
マルセイユ殖民博覧会場に向かうカイディン帝と後のバオダイ帝

19 (400x258)

バオダイは帰国せす、フランスで教育を受けます。
カイディン帝はフランスの大型建造物に多大な影響を受け、王宮内
の建中殿を増改築する際、特に命じてバロック様式にさせるなど、
その建築様式は親仏的傾向が強いものでした。

1923年
フランスから帰ると、自身の陵墓建設と40歳の記念式典の開催の
ために30%の増税を命じ、多くの批判を受けることとなります。

1924年9月  
40歳の記念式典の計画が始まります。計画を担当する官僚の
請願書にカイディン帝は心にも無いことを書き込みました。
「ミンマン帝、ティウチ帝、トゥドゥック帝の治世で実施された40歳
記念行事以来、臣民はこの行事に出会っていない。しかし私が
皇帝になってから8年あまりの間に私は臣民に多くの気を使ったが、
何もしてあげられなかった。
最近では多くの災害が発生し、さらに官僚は汚職に明け暮れている。
このような時期に式典を開催することに躊躇は感じるが、かといって
他にいい方法を見つけ出すことができない。
官僚たちは私の心配ごとを共有し、臣民の生活状態を改善すること
に全力を注ぎなさい。私にへつらう必要はない。

記念式典は緻密な計画の下に厳粛に行われなければならないが、
同時に私の帝廟の建設も始まっているので、経済的に行われなけれ
ばならない」

この請願書への書き込みを読んだフランス理事官Pasquierは
カイディン帝は近代的で人道的な考えの持ち主であると感心し、
記念式典の開催許可を与えます。

20 (400x281)
勤政殿前広場でのカイディン帝40歳の大慶式典

10月30日
式典が挙行されましたが、とても節約した式典ではありませんでした。
式典は10日間も続いたのでした。30%増税の資金を使って。

著名な愛国者であるフイン・トゥック・カン(ホーチミン主席がフランス
との独立交渉に渡仏したときに大統領職の代行をしました)は詩に
残しています。
「Who enters the Hell and asks Emperor Gia Long;
Is Khải Định really your great grandson??
The Longvevity Ceremony at the Age 40 is a play thing
But it makes the peasants suffer the waste of 30% agriculture
taxes
His recent tour of the North is notorious
Last year’s visit to France is also scandalous
The mother country creates a wooden statue
The King is there but the nation is lost」

1925年11月6日
しかし記念式典の翌年、幼少時より病弱だったカイディン帝は結核
により40歳で死去してしまいます。

父カイディン帝のフランス訪問に同行した後、そのままフランスに留学
していた長男グエン・フック・ヴィン・トゥイが帰国して皇帝に即位し、
バオダイ帝となりました。

カイディン帝は女性を好まず、宮廷舞踏でも男が変装して女役を
行っていました。彼は性的不能者であったらしく、後継者のバオダイ帝
も彼の本当の子供ではないのではないかとの噂が絶えません。
カイディン帝が即位した時バオダイ帝はまだ2歳でしたので、真相は
未だにはっきりしていません。

側室や紫禁城に呼ばれた女性たちは生活には困らないものの悲惨
な生活を詩に託しています。

22 1916年(248x400)

21 (205x350)
后 Dương Thị Thục

スポンサーサイト
ズイタン帝
ズイタン帝
11 (261x400)
Duy Tân(維新帝)
生没年 1900年9月19日~1945年12月26日
グエン朝の第11代皇帝
在位  1907年9月5日~1916年5月6日(退位)
父親  第10代皇帝タインタイ帝の8番目の子
母親  Nguyễn Thị Định

1907年9月4日  戴冠式の前日
タインタイ帝が宗主国フランスの圧力により退位させら
れたため、新たな皇帝を選定するため、インドシナ総督
とフランス理事官がフエ宮廷に来て、宮廷の高級官僚

と会議を開くことになりました。タインタイの息子達は宮
廷衣服に着替えてフランス使節団を待っていました。
その時官僚がビンサン(Vình San ズイタン帝の幼名)
がいないのに気付きます。警護兵、兵士、女中達が総
出で宮廷内を探しまわり、フランス使節団の到着まで
に何とか間に合いましたが、水浴びをする暇もなく、ビ
ンサンの服は泥だらけでした。

官僚はフランス使節団にビンサンの服が泥だらけなの
を説明します。がこれが幸いしました。フランスはコント
ロールしやすいように幼少で遊び好き、愚直な後継者
を探していたのです。

1907年9月5日  戴冠式
遊び好きで愚直と思われていビンサンは僅か7歳でズ
イタン帝として即位させられました。

しかし、ズイタン帝はフランスの使節団を落胆させまし
た。
戴冠式に臨んだズイテン帝はその言葉使いや態度は
立派なもので、宣誓書を読み上げる声は高らかに響き
渡りました。頭脳も明晰でフランス語も流暢に話しまし
た。

フランス使節団は翌日からズイタン帝をコントロールす
る計画を考え、宮廷官僚に指示します。

1.アンナム理事官の下に6人の高級官僚で内閣を構
成すること。
12 (400x229)
左から(Tôn Thất Hân, Nguyễn Hữu Bài,
Huỳnh Côn, Miên Lịch, Lê Trinh, Cao Xuân Dục)
1907年

2.ズイタン帝が国事を忘れ、リラックスして遊べるような
施設を川沿いに建築すること。
3.ズイタン帝の考えや行動を監視させるために
Ebénart生物学博士をしてズイタン帝に教育を施すこ
と。

フランスがこんな計画を実行してもズイタン帝の愛国心
や愛する父親を追放したことによるフランスへの憎しみ
が減少することはありませんでした。

13 (400x261)
ズイタン帝の高級官僚達

14 (323x400)
行幸する維新帝

ズイタン帝は父のタインタイ帝にも増して、フランスに抵
抗する気概を持った皇帝に育っていきます。

1908年
ベトナム中部を中心に農民の抗税デモが発生し、首
謀者としてファン・チュウ・チンが逮捕、コンダオ島に流
刑され、フエのクオックホック校で勉強していたグエン・
タッ・タン(後のホー・チ・ミン主席)もフランス人への通
訳を行うなどした為、退学処分を受け、以降危険人物
としてフランス秘密警察に調書を作成され監視の対象
人物とされます。
このデモは武器を持たない静かなデモでしたが、フラン
スの植民地政策に反抗して農民が立ち上がった最初
の出来事でした。

1916年
1月30日
ズイタン帝は彼の先生であるMai Khắc Đônの娘Mai
Thị Vàngと結婚します。

4月半
ファン・ボイ・チャウは1914から1917年まで広東の刑
務所に投獄されていましたが、彼によって中国、広東
で1912年に組織された「越南光復会」は1915年末
になるとベトナム救国のためフランス植民地軍に対して
反旗を翻すため、蜂起に参加する人々を結集していま
した。そしてこの蜂起にベトナム皇帝も引きずり込もうと
企みチャン・カオ・バン(Trần Cao Văn)とタイ・ヒエン
(Thái Phiên)がその任務にあたります。

15 (284x400)
チャン・カオ・バン

2人は皇帝の運転手に数ヶ月に渡って多額の賄賂を
渡し、運転を「越南光復会」のメンバーであるファン・
フウ・カン(Phạm Hưu Khánh) に譲るようにさせます。
知的で好青年だったファン・フウ・カンはズイタン帝に気
に入られ、数日後、皇帝にチャン・カオ・バンからの手
紙を渡します。

「陛下、あなたは知的で正義感に溢れ、愛国者であら
れます。国民を救うために敵と戦う能力をお持ちです。
追放されたあなたの父親であるタインタイ帝に何の罪
があったのでしょうか? 彼らは何故トゥ・ドゥック帝の
墓を掘り起こすのでしょうか?」
皇帝はいたく感動し、手紙の主に会うことを約束してく
れます。ファン・フウ・カンは感激で膝まづき、何度も皇
帝に低頭しました。
「明日午後2時に宮城裏門近くの釣り場に来るように」
と約束してくれました。
それは1916年4月半ばのことでした。

翌日、チャン・カオ・バンとタイ・ヒエンはズイタン皇帝と
国の現状について話し合いました。

その後2人の革命家は「越南光復会」のメンバーと詳
細な蜂起計画を練ります。それは5つの州(Quản
Bình、Quảng Trị, Huế, Quảng Nam、Quảng Ngãi)
で同時に蜂起する計画でした。

16 (263x240)

1914年に勃発した第一次世界大戦の影響により多
くのベトナム人がフランスの植民地軍として戦場に繰り
出されていましたのでベトナムにおけるフランス軍の軍
事力は低下していました。

叛乱計画はメンバーによって承認され、タイ・ヒエンが
実行責任者、チャン・カオ・バンが補佐をします。ズイタ
ン帝は勿論、最高顧問となります。

1.タイ・ヒエンとチャン・カオ・バンはフエ宮殿を占拠し
てズイタン帝を脱出させる任務を行う。
2.5月3日1:00AM Quản Bình、Quảng Trị省に
蜂起の開始を知らせるため、フエ宮殿のキャノン砲を
撃つ
3.キャノン砲の合図をもとにハイヴァン峠に待機してい
るメンバーが一斉に発砲してQuảng Nam、Quảng
Ngãiの同志に蜂起を知らせる。
4.もし蜂起が失敗に終わった時はQuảng Namの同
志はBà Ná山に逃げ込み、Quảng Ngãiの同志は
Gió Rút山に逃げ込み反撃を待つこと。
5.蜂起が成功したときには、フエ宮廷の官僚を追放し
て臨時の政府を樹立すること。

計画はとても単純でしたが、「越南光復会」のメンバー
にとっては十分な計画のように思われていました。

5月2日午後11時~5月3日
この計画に沿って、ヘッドドレスを締め、白のズボンにダ
ークレッドのシャツを着たズイタン帝は裸足で秘密裏に
フエ宮殿を脱出します。外の船着場にはチャン・カオ・バン
のボートが待っていました。
彼は皇帝をHà Trung villageに案内し、「越南光復
会」のメンバーの家にかくまい、翌日午前1時のキャノ
ン砲の合図を待ちます。
ズイタン帝がこのような行動をとったのは、国家の主権
を取り戻すために、皇帝の座も家族をも犠牲にする覚
悟を決めていたからでした。

しかし午前3時になってもキャノン砲はなりませんでし
た。
「越南光復会」の裏切り者によって、この計画はフラン
ス理事官に筒抜けだったのです。
理事官のCharlesはフエ市内をはじめ各省にあらかじ
めフランス兵士を配備していました。

蜂起が失敗に終わったのを知ったタイ・ヒエンとチャン・
カオ・バンはHà Trung villageからかねてから逃避先
に決めていた場所に皇帝を案内します。

5月6日
逃避行の途中でフランス理事官から派遣されたLe
Folt率いるフランス軍に見つかり、ズイタン帝を始め、
4人の革命同志は逮捕されてしまいます。

Le Foltはズイタン帝に皇帝の座に戻るように説得しま
すが、ズイタン帝の決心は固く、信念を変えることはあ
りませんでした。仕方なくLe Foltはズイタン帝を車に
乗せ、フランス理事官のもとに連れて行きます。

理事官Charlesは勝ち誇った笑みを浮かべながらズイ
タン帝と握手をし、冷たく言い放します。
「皇帝、これ以上自体を拡大したいですか?」
皇帝は静かにフランス語で答えました。
「No. 蜂起は失敗に終わった。もしあなた方が私を皇
帝に戻したいのなら、私は独立国の皇帝として自由に
フランス本国の政府と交渉したい」

フラン理事官には到底受け入れられる要求ではなかっ
たので、Charlesは皇帝を一旦フエ宮廷に戻し、フエの
官僚や親族が皇帝を説得できるかどうか1週間の猶
予を与えます。

皇太后、后、高級官僚はズイタン帝に皇帝に戻るよう
に説得しますが無駄でした。そこで皇帝は反仏運動家
の口車に乗せられて、王宮を脱出し山奥に連れて行
かれそうになり、苦難の生活を強いられたとの屁理屈
を付け、ズイタン帝の責任回避の理屈を考えフランス
側に伝えます。

フエ宮廷の評決はフランス理事官に承認され、反仏運
動家の4人、Trần Cao Vân, Thái Phiên, Tôn Thất
Đề, Nguyễn Quang Siêu は宮廷から1Km北のAn
Hòa村にある小さな処刑場で断罪されました。

11月3日
そしてズイタン帝はブンタオに追放されていた父親の
タインタイ帝とともにアフリカ、マダガスカル島沖の
レ・ユニオン島に流刑されます。
皇帝に従ったのは皇太后Nguyễn Thị Định、后Mai
Thị Vàng、そして妹のMệ Cưởiでした。
レ・ユニオン島に行く途中で后のMai Thị Vàngは身
ごもっていた3カ月の胎児を流産してしまいます。

16 (287x400)
Nguyễn Thị Định

17 (400x365)
Mai Thị Vàng

レ・ユニオン島で2年が経過した時、皇太后、后、そし
て妹の3人は当地の気候についてゆけず、帰国して行
きます。ズイタンは父親のタインタイとも別居し、一人暮
らしをするようになります。

その後、ズイタンはよく勉強し、多彩な才能を発揮して
いきます。特に音楽、絵画、詩文、通信技術について
専門的な知識と技術を身につけました。彼の描いた絵
画はレ・ユニオンの美術学会でも賞賛されています。

18 (390x312)
中央がズイタン

個人的な生活については、1925年に后のMai Thị
Vàngとの離婚書をフエ宮廷に送り、彼女が再婚でき
るように要請しましたが、后は最後まで忠誠を尽くすこ
とを決心していました。

1929年
ズイタンは再婚し、その後、3人の息子と1人の娘に恵
まれます。后のMai Thị Vàngにも再婚を促しますが、
彼女の決心は変わりませんでした。
「たとえ岩が崩れ落ちようと、金が輝きを失ったとしても、
私は生涯ズイタンの后である」

19 (251x400)
ズイタンの子供達

20 (289x400)
1930年のズイタン帝

1944年末
ズイタンは第二次世界大戦中、自由フランスに共鳴し
パリ解放後、軍人としてフランスに渡りました。

21 (300x353)

1945年
8月
日本軍の降伏に呼応してベトナム八月革命が起き、
バオダイ帝がホー・チ・ミンの呼び掛けにより8月31日
に退位し、グエン朝は滅亡しました。バオダイ帝は
ベトナム民主共和国最高顧問に迎えられます。

12月14日
フランスのド・ゴール将軍は、バオダイ帝に代わる親仏
派の指導者としてズイタン帝を選び、フランスで会見し
ます。

12月26日
ズイタンはベトナムへの帰国のため、一旦、レ・ユニオン
島に戻る途中、中央アフリカで飛行機が墜落して死去
してしまいます。遺体は中央アフリカ共和国の
M'Baikiカトリック墓地に埋葬されました。

改葬
1987年4月24日
ズイタンの息子であるバオ・バン(Bảo Vàng)と旧
グエン朝一族は、ズイタンの遺骸をアフリカからフエへ
と持ち帰り、伝統儀礼に則って祖父のズックドゥック帝
陵の傍に改葬しました。

22 (400x267)
右側がズイタン帝、左側が父のタインタイ帝

23 (400x286)
ズイタン帝の墓

2001年
ズイタンの息子、バオ・バンはズイタン帝の生涯を記し
た著書『Duy Tan, Empereur d'Annam 1900-1945』
を執筆しています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。