べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイゴンの路面電車
フランス植民地政府はインドシナの中心都市であっ
たサイゴンの鉄道網を建設、整備していきました。
鉄道敷設のメインはサイゴンとハノイを結ぶ南北縦
貫鉄道ですが、サイゴン市内の主要道路にも路面
電車を走らせました。しかし、ベトナムは南北統一
後、いつの間にかバイクの社会に変わっていまい、
路面電車は邪魔者扱いにされ、姿を消してしまい
ました。

鉄道や路面電車の中央駅は現在のベンタン市場
前の9月23日公園で、ここに昔、旧サイゴン駅があ
りました。なのでこの公園は細長い公園なのです。

<路面電車の旧サイゴン駅>
11  1906年サイゴン駅
1906年

12   9月23日公園


<サイゴンーチョロン間>
サイゴンーチョロン間の路線はメインルートで、運河
沿いとチャンフンダオ道路を通る2ルートがありまし
た。

13  1931年チョロン
1931年 サイゴンーチョロン間の鉄道沿線の倉庫

14
左のビルはサイゴンの電力会社です。

15  チョロン
チョロン街

16 チョロン
チョロン街

17  1897年チョロンの駅
1897年 チョロン駅

18  チョロン駅
チョロン駅

19  チョロン
チョロン駅


20
1943年にはサイゴンの路面電車はチョロンの工業
地帯、ホックモン(Hoc Mon)やベンドンソーの町に
(Bendongxo)に繋がっていました



サイゴンーチョロンの幹線道路に加えて、サイゴン中
心街にも路面電車は敷設されました。

<グエン・フエ通り>
21 グエンフエ
グエン・フエ通り。埋め立てが終わり、路面電車(最
初は電気ではなく蒸気で引っ張っていました。)が
走っています。右端の一番奥のビルあたりが現在の
日本領事館で市電の終点です。領事館の右3軒
が現在のベンタン市場が完成する前のサイゴンのセ
ントラルマーケットです。(現在はCho Cu(旧市場)
と呼ばれています。)


22  市民劇場前
市民劇場前広場、建物は昔のエデンモール

23  グエンフエ
グエン・フエとレ・ロイの交差点。右下に路面電車
が走っています


<ハイ・バ・チュン通り>
24  ハイバチュン.
1947年

<チャン・フン・ダオ通り>
25  チャンウンダオ

<ハムギ通り>
26  1930ハムギ
1930年 ハムギ通り

フランスが建設した路面電車を南北統一後、すべ
て取り壊してしまったベトナム。しかし最近になって、
この市電の便利さが見直されていて、バイクを規制
して市電を復活させようという動きもあります。

Saigon Economic Timesは2010年4月16日付け
の記事で次のように報道しています。
ベトナム政府は路面電車の建設のため国際社債
を発行することを許可しました。路線はホーチミン市
に3路線が計画されていますが、最初の建設路線
はベンタン(Ben Thanh)- ソイティン( Suoi
Tien)間で、2010年8月から工事が始まり、2012
年の完成を目指しています。総工費は$762
million。

しかし、サイゴンに路面電車が走るなどという話は誰
からも、風の便りにも聞きません。


路面電車はハノイにも敷設されました。

27
ハノイ フィルハーモニー協会(SOCIETE
PHILARMONIQUE)前

28
PAGODON DU PETIT LAC

29



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。