べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Financial Tower   200メートルからの眺め
11_20111030185802.jpg

10_20111030185802.jpg
Bitexco Financial Tower ビテクスコ・フィナンシャルタワー 
49F,Bitexco Financial Tower, 45 Duc Ke St.,District 1, Ho
Chi Minh City


ベトナム最高峰のビルディング「ビテクスコ・フィナンシャル
タワー」は2007年から建設が始まり、 2010年10月31
日に完成しました。

開発会社 ビテクスコ社
総工費   2億7000万.ドル
設計    Carlos Zapata Studio
施工    ヒュンダイE&C

別名「ロータスタワー」と呼ばれている様に外観は、ベトナ
ムの国花である蓮花のつぼみをイメージしています
米国のCNNニュースは「世界で最も印象的な高層ビル20
選」にこのファイナンシャルタワーを5位にランクしていま
す。
12_20111030192310.jpg
ビルの高さ 265.5メートル
地上68階 地下3階建
総床面積  約48,000平方メートル


2011年2月には49階に「Saigon SkyDeck」と呼ばれる展
望台がオープンしました。円形に突き出したヘリポートの
下が展望台のようです。

営業時間  (月~金)13:00~21:00、(土・日)10:00~22:00
入場料   大人=20万VND、子供=13万VND

展望台からはホーチミン市のパノラマ風景が見渡せるの
ですが、所々近辺のビルにはばまれて、絶景と言う訳に
はいきません

13_20111030185801.jpg
円形に突き出ているのが展望台ですが窓に近づくと恐怖
感を覚えます

14_20111030185800.jpg
工事中の展望台


15_20111030185902.jpg
サイゴン川から見たファイナンシャルタワー

16_20111030185902.jpg
夜景

17  23
真下のサイゴン川。渡し舟と近距離用の桟橋


18_20111030185901.jpg
バソン造船所


19_20111030185900.jpg
対岸2区の全景

20_20111030191124.jpg
2区と4区を隔てるサイゴン川

21_20111030191119.jpg
ホーチミン市税関

22_20111030191118.jpg
トォーティエム河川トンネルの2区側の出入口

23_20111030191118.jpg

24_20111030191117.jpg
トォーティエム河川トンネルの1区側の出入口
オレンジ色の屋根は国家銀行です。


25_20111030191225.jpg
サイゴン川からチョロンに通じるベンゲ運河。
河川幅を縮小して埋立て、道路になっています。

26_20111030191221.jpg
ハムギ通り。
上方の森は9月23日公園(旧サイゴン駅)

28_20111030191220.jpg
9月23日公園

29_20111030191220.jpg
ベンタン市場

30_20111030191923.jpg
サイゴンセンタービル(レロイ通り)


31_20111030191923.jpg
ホーチミン市人民委員会


32_20111030191923.jpg
ホーチミン市博物館(中央)

スポンサーサイト
45 ホーチミン主席の足跡 1947年(57歳)
抗仏作戦の本部はベトバック地方(中国と国境を接する北
部山岳地帯の総称です)に置かれました。

11_20111029142908.jpg

12_20111029142907.jpg
左からファン・バン・ドン副首相(Phan Van Dong)、ホーチ
ミン、ヴォ・グエン・ザップ将軍(Vo Nguyen Giap)。 Bac
Baceにて。この2人はホーチミンの懐刀です。

13_20111029142907.jpg

14_20111029142906.jpg
ベトバックで執務中のホーチミン

15_20111029142906.jpg
フランス植民地軍に対する抵抗基地ベトバックに遊びに
来る子供達

1947年2月24日、ホーチミンは1通の手紙を書きます。あ
て先はベトナムからフランスへ帰国した(Sainteny)
夫妻で、ベトナムの平和的独立のために共に努力した友
人でした。この時点ではまだ部分的な交戦状態でしたが、
ホーチミンは平和への努力を訴え、友人であることにかわ
りないことをしたためます。

16_20111029142954.jpg
親愛なる友人

私はあなた方夫妻がフランスへ帰国したことを今知りま
した。夫妻のよい旅行と健康を祈っています。

あなたは私と同じように平和への私たちの努力が壊され、
相争う戦争になってしまったことを深く悲しんでいると思い
ます

あなたはフランスの強権による征服の政策に対して私が責
められるべきでないと言いたいのをよく知っています。

私は何が起こってもあなたと私は友人であることを改めて
言っておきたいのです。そしてベトナムとフランスの人民も
また友人であると確信しています。

私たちの国はもう十分に破壊され、多くの人々が死にまし
た。今私たちは何をすべきなんでしょうか。フランスはベト
ナムの統一と独立を認め、すぐに攻撃をやめるべきです。

平和と信頼を取り戻して、両国の平和を再構築していきまし
ょう。

我々の方は今すぐにでも両国の平和に向かって努力する
準備が出来ています。

あなた方のほうも同じゴールに向かって努力してください。

我々の成功に対して神の恵みがありますように!
親愛なる友人へ
Hồ Chí Minh

この手紙を書くことによってホーチミンは心の整理をしたよ
うです。フランス植民地軍に対して毅然とした態度で徹底し
て反撃します。

そして1947年4月の後半から徹底抗戦が全国に広がりま
す。

17_20111029142954.jpg
ハノイ Hanoi(北部)

18_20111029142953.jpg
ミンチュン Mien Truong(中部)

19_20111029142953.jpg
ナムボー Nam Bo(南部)


20_20111029142952.jpg
1947年5月19日 ホーチミンの57歳の誕生日を祝う警護
の人々

20-1.jpg
Sông Thao労働組合から贈られたジャケットを着る
ホーチミン

1947年9月2日 ベトナムの独立記念日に際して、ベトナ
ム人とアメリカ人の友人に書いた手紙。
21_20111029150048.jpg


22_20111029143857.jpg
1947年10月 XYZとサインされたホーチミンの著書
「Sửa đổi lối làm việc」(Change of work style)が完
成しました。 この本は党幹部の教育、道徳、仕事の
やり方等に非常に重要な影響を与えました。

ホーチミンの戦時中の住居は粗末なものでしたが、野菜畑
とスポーツ広場はいつも確保されていました。彼は護身術
もわきまえており、警護の人々に教えている国営フィルム
が残っています。

23_20111029143857.jpg

24_20111029143856.jpg

25_20111029143856.jpg
トウモロコシを植えるホーチミン

26_20111029143938.jpg
移動手段は馬だったようです。 ホーチミンは皮肉なことに
アメリカ製のタバコが好きでした。

27_20111029150556.jpg
ヴォ・グエン・ザップ将軍からViet Bac Zoneの戦況説明を
受けるホーチミン.1947年秋―冬作戦

28_20111029143937.jpg
1947年のLO川での戦いで勝利をおさめるベトミン軍


44 ホーチミン主席の足跡 1946年(56歳)
1946年1月6日フランスの再植民地化が進むなかで、ベト
ナム全土で初の総選挙が行われ最初の議会がハノイのオ
ペラシアターで開かれました。

11_20111027151129.jpg
1946年1月6日 第1回国会選挙の投票に行くサイゴン市民

12_20111027151128.jpg
第1回の国会召集 ハノイのオペラハウス
13
1946年1月 ベトナム国最初の国会召集当選者祝勝会で
演説するホーチミン

1946年2月 フランスは中華民国と重慶で協定を結び、中
華民国の国民党軍を引き揚げさせます。フランスは国民党
軍撤退の代償として、中国でのフランス租借権の放棄、雲
南鉄道の譲渡・ハイフォン港自由化、在インドシナ華僑に
対する優遇措置などを受け入れます。

ベトナム各地では英印軍やフランス遠征軍とベトナム人の
小競り合いが頻発していました。


14_20111027151127.jpg
1946年2月28日 ベトナムの独立を支持するよう訴えたア
メリカ大統領あてのホーチミンの電文。アメリカ大統領はフ
ランスとの関係から無視せざるを得ませんでした。

1946年3月になるとフランス軍は大挙して北ベトナムのハ
イフォンに向かい、圧倒的な火力でホーチミンに圧力をか
け、3月6日にはハノイに進駐し、インドシナ全域の再植民
地化を目論見ます。同日、フランスは北ベトナム軍事制圧
の時間稼ぎのため、停戦予備協定を結びます。

15_20111027151127.jpg
1946年3月6日 予備協定に署名する前にフランス政府代
表サントニー(G.Xanhtoni)と交渉するホーチミン。サント
ニーは「ドクラップ(独立)」の文言をホーチミンに決して与
えませんでした。

16_20111027152018.jpg
フランス軍の代表Tuong Lo Clec を迎えるホーチミン

予備協定は、ベトナム民主共和国を「フランス連合内の自
由な国家」として承認する。トンキン(北部)とアンナン(中
部)ではベトナムによる自治を認め、コーチシナ(南部)の
帰属は住民投票で決めることとする。1952年までにフラン
スは軍事基地を除いて撤退するという内容でした。

ホーチミンは強硬派を抑えて譲歩して調印しましたが、こ
の協定はフランスの北ベトナム軍事制圧のための時間稼ぎ
でした。

17_20111027152018.jpg
1946年5月23日 ホーチミンの側近ファンバンドンがフラ
ンス政府の招待でベトナム独立交渉のため、フランスへ出
発します。


5月30日 ホーチミンもベトナム独立交渉のため、渡仏しま
す。(帰国は9月19日)

18_20111027152017.jpg
5月31日 ホーチミンが南部の人々に当てた手紙。

「我々は絶対に奴隷となることに甘んじない。独立と自由を
失うならばむしろ死を選ぶ。」
フランスとの交渉に旅立つホーシミンの決意です。

しかしフランスは、1946年6月1日 予備協定に違反して、
旧皇帝バオダイを国家主席にして南ベトナムに臨時政府
「コーチシナ自治共和国」を建国してしまいます。

19_20111027152017.jpg

20_20111027152016.jpg
1946年6月22日 フランスのフォンテヌブローで行われ
る外交交渉のため,パリに到着するホーチミン。大歓迎を
受けましたが。


21_20111027155401.jpg
1946年7月2日 首相官邸で行われた晩餐会でホーチミ
ンを見送る首相のG.Biđonと議員のJean Sainteni

22_20111027155135.jpg
パリのタウンホールでベトナムは2度と他国の植民地になら
ない旨、全ベトナム国民の決意を宣言するホーチミン

23_20111027155134.jpg
パリ市民にも非植民地の決意を述べるホーチミン

24_20111027155134.jpg
子供から花束を受けるホーチミン。

25_20111027155133.jpg
ベトナム人の子供達の歓迎を受けるホーチミン

26_20111027155509.jpg
フランス人家族の質問を受けるホーチミン(7月3日)


フランスに4カ月半も長期間滞在したホーチミンはフランス
の各地で戦争で荒廃したフランス国土の悲惨さを自分の目
で確かめます。

27_20111027155509.jpg

28_20111027155508.jpg
1946年7月14日 フランス革命記念日に顕花するホーチ
ミン

第2次世界大戦後のフランス各地を視察するホーチミン
29.jpg

30_20111027155507.jpg


31_20111027160556.jpg
1946年9月14日 フランスとの間で仮調印をし、帰国しま
す。

仮調印の詳細が不明ですが、フランスとの交渉は勿論不調
に終わります。

帰国後フランスとの関係は急速に悪化します。

32_20111027160556.jpg
ホーチミンは帰国後、南部ベトナムの学者Trần Đại
Nghĩaと武器の製造について指示を与えます。


33_20111027160555.jpg
第1期第2回国会で内閣のメンバーとの記念写真。

34_20111027160555.jpg
第1期第2回国会開会での国会議員のメンバーとの記念写
真。1946年11月28日、29日 首相はNguyen Van To

35.jpg
第1期第2回国会で演説するホーチミン

1946年12月18日午後、フランス軍司令部はベトナム民主
共和国軍に対して武装解除の最後通牒を送ります。これに
対し共和国軍は徹底抗戦を決定し、翌日20時04分、ハノ
イの民衆30000人が蜂起し、2ヶ月に渡りフランス軍と
抗戦します。

この衝突はベトナム全土に飛び火して、「第一次インドシナ
戦争」が開始されます。

12月20日 ホー・チ・ミンはメッセージを発表して全国民に
長期抗戦を訴えます。

ホーチミンのメッセージ:「我々は平和を望み譲歩した。し
かし彼らはふたたびわが国を略奪しようと決意している。断
じて許さない、我々は絶対に奴隷となることに甘んじない。
独立と自由を失うならばむしろ死を選ぶ。」


36_20111027160702.jpg
ハドン省バンフック(Van Phuc)村のホーチミンの私邸。ここ
で全国民に向けた抗戦アピールが書かれました。

37.jpg
徹底抗線のアピール書

38.jpg
南部の同胞に送った抗戦アピール書の質問を受けるホーチミン

39.jpg
南ベトナムの青年軍団


41.jpg
ベンチェ省のモッカイでフランス軍に反撃する南ベトナム
の市民

フランスの再植民地化に対しての抵抗がゲリラ的に各地で
起こります

1946年12月19日午後8時には、ハノイ市街の電源が切ら
れ、暗黒の中で、サントニーの乗った車が爆破されます。


<陸軍中学>
1946年5月にベトナム中部海岸のクアンガイで、軍事訓練
学校「陸軍中学」が創設されていて、残留日本軍将兵30名
が約400名のベトナム人学生を訓練していました。教科書
は旧日本軍の『歩兵操典』です。11月には抗仏戦争の開
始を受け学校を閉鎖しますが、教官・学生ら約100人は北
部山岳地帯へ移動してベトミンと行動をともにします。

この学校のベトナム人卒業生は後の1954年ディンビンフ
ーの戦いやベトナム戦争で指揮官として働きます。1975
年サイゴン陥落日に南ベトナムの大統領官邸に一番乗りし
た戦車に乗っていた一人もこの学校の卒業生です。南北
統一後30人以上の日本軍兵士がベトナム政府から勲章を
受け取っています。


しかし12月、フランス軍もハノイ、ハイフォンを武力攻撃し、
ホーチミンは態勢を立て直すため、中国国境近くの山岳地
帯に退却します。まさかフランスが再植民地化をするとは
思っていなかったホーチミンは蜂起のアピールをしたもの
のフランス軍と戦う軍事的な体制は整っていませんでした。


43 ホーチミン主席の足跡 1945年 その5 フランスの再侵略
1945年9月2日のベトナム独立宣言。しかしフランスはベト
ナムを初めとするインドシナ全土の独立を認めませんでし
た。

1945年9月21日には英海軍艦艇に乗った最初のフランス
軍部隊がサイゴンに上陸し、ベトナムの再植民地化が始ま
ります。

11_20111019154409.jpg
イギリスとフランスの軍隊はサイゴン市内を俳諧します。

12_20111019154408.jpg
1945年9月23日 フランスの再植民地化に最初の抵抗を
したサイゴン市民 (現在のベンタン市場前)

13_20111019154408.jpg
この日は現在でも南部蜂起記念日となっています

ベンタン市場前の公園(旧サイゴン駅)はこの日を記念して
9月23日公園と名づけられています。

14_20111019154407.jpg
フランスの侵略に対して退却を要求するサイゴンの愛国者
達の集会

15_20111019154407.jpg
党の呼びかけに答えて生活を守るために武器を持って立
ち上がる婦人達

1945年9月26日 ホーチミン主席は南部の人民にも
「我々は奴隷として生きるよりも死を選ぶ」と訴える書簡を送
り、フランスの再植民地化に対して徹底抗戦を開始します。

16_20111019154433.jpg
サイゴン市民はフランスの再植民地化に抵抗します


18_20111020040428.jpg
1945年11月5日 ハノイのオペラハウスでレジスタンス結
成式に出席するホーチミン主席

17_20111019154433.jpg
フランス軍に抵抗するベトナム人民



42 ホーチミン主席の足跡 1945年 その4 ベトナム独立宣言
1945年8月26日、ベトナム8月革命を成功させたホーチミ
ンはハノイに入城し、ベトナム独立宣言の起草に取り掛かり
ます。

11_20111015170803.jpg

12_20111015170802.jpg
独立宣言の起草はハノイ、ハンガン通り(Hàng ngang)48
番地の部屋で作られました。

独立宣言の前文にはフランス革命の宣言書や米国諜報機
関OSSから提供されたアメリカの独立宣言が引用されてい
ますが、ホーチミンはさらに平等の概念について広く定義
しています。

文言は格調高いものではありませんが、誰にでもわかるよ
うにやさしく、具体的に記述するのが信条であったホーチミ
ンらしい宣言書になっています。

1945年8月30日、グエン王朝最後の皇帝バオダイに退位
を説得、バオダイはフエ宮殿の御門の前で退位式を行い
ます。「退位勅書」を発して、皇帝の象徴である王剣と金の
玉璽をベトミンの使者Trần Huy Liệuに渡します。この日を
以ってグエン王朝が崩壊したばかりでなく2000年近く続い
たベトナムの皇帝による支配が終了し、以降共和国として
のベトナムの歴史が始まります。

13_20111015170802.jpg

<退位勅書の内容>
私自身、20年の在位のあいだ、多くの苦汁を味わった。い
まや自らも祖国のためにその一身を犠牲にし、独立国の自
由な一市民としてバオダイの名を捨て、一市民として幼名
グエン・ヴィン・トゥイ(阮永瑞)を名乗る。わが国人を惑わす
ために、何人といえども私の名前や王族の名前を用いるこ
とを許さない。ベトナム独立万歳! われらが民主共和国
万歳!

バオダイ帝はベトナム社会主義共和国の最高顧問として迎
えられます。

1945年9月2日米戦艦ミズーリの艦上で日本の降伏文書
の調印式が行われます。

14_20111015170801.jpg
重光葵

15_20111015170801.jpg
梅津美治郎

日本の降伏文書の調印と同日の9月2日、ハノイのバーデ
ィン広場(旧インドシナ総督府前、現在のホーチミン廟前)
で独立宣言がホーチミンによって読み上げられ、ベトナム
社会主義共和国が誕生します。

16_20111015170855.jpg

17_20111015170855.jpg
独立宣言会場(旧インドシナ総督府)に入場するホーチミン

18_20111016150801.jpg
この壇上には米国諜報機関OSSのスタッフもいます。ホー
チミンはベトナムの独立を誰よりもアメリカに認めて欲しか
ったのです。

19_20111015170854.jpg
9月2日ベトナム独立宣言を読み上げるホーチミン

20_20111016150801.jpg
記念すべきマイクはホーチミン市博物館に飾られています。(レプリカです)

9月2日 独立宣言式典に参加するハノイの防衛部隊。
21_20111015170935.jpg

22_20111015170935.jpg
喚起する民衆

独立宣言書は同日、全国に配布されます。

23_20111015170934.jpg
サイゴンでも9月2日の午後、現在の統一会堂前のレズア
ン通りで祝典が行われました。当時、この通りはノロドム・ブ
ルバードと呼ばれていました。


24_20111015170934.jpg
翌日1945年9月3日 ベトナム社会主義共和国最初の内
閣が発足します


ベトナム独立宣言

ベトナム独立宣言のホーチミンの肉声
http://www.youtube.com/watch?v=N9v9KORaauA&feature=related

25_20111015170933.jpg
独立宣言の原文

全ての人間は平等に作られている。人類はその創造者に
よって奪う事の出来ない権利が授けられている。それら
は生命、自由、そして幸福の追求である。 この不滅の
宣言は1776年のアメリカ独立宣言の中に盛り込まれた。
より幅の広い感覚で言えば、これは次の意味である。地
上の全ての人類は生まれた時から平等であり、そして全
ての人々は生きる権利、幸せになる権利、そして自由の
権利を持っている。 1791年に行われたフランス革命に
於ける人間と市民の権利の宣言も同様に宣言している。
全ての人間は自由として、平等な権利を持って生まれて
いる。 それらは否定出来ない真実である。 であるにも
拘わらず、80年以上に渡ってフランスの帝国主義者たち
は自由、平等、友愛の精神を踏みにじって我々の祖国を
侵害し我々の市民を圧迫して来た。彼らは人間愛や正義
の理想と相反する行動を取って来た。政治の世界では、
彼らは我々の民族から民主主義的自由を奪い取って来
た。 彼らは非人道的な法律を押し付けた。彼らは我々
の国家的統合を破壊し統合を妨害する為にベトナムの
北部に、中部に、南部にそれぞれ三つの別々の政治的な
体制を建設させた。 彼らは学校よりも多く刑務所を建
設した。彼らは無慈悲にも我々の愛国者を殺害し、血の
川に我々の蜂起を沈めた。 彼らは公的な意見を束縛し
た。彼らは我々の民族に対し反啓蒙主義を実行した。
我々を人種的に弱める為に彼らはアヘンやアルコール
の使用を強要した。 経済学の分野で言えば、彼らは我々
から気骨を巻き上げた。我々の民族を貧しくし、我々の
土地を壊滅させた。 彼らは我々の田んぼを、我々の炭
坑を、我々の森を、そして我々の天然資源を盗んだ。彼
らは紙幣の印刷や輸出取引を独占した。 彼らは多数の
不当な税を発明して、我々の民族、特に我々の農民を極
端な貧困の有様に引きずり下ろした。 彼らは、我々の
国家ブルジョアジーの成功を妨害した。彼らは我々の労
働者を情け容赦なく搾取した。 1940年の秋に、ファシ
スト日本(日本のファシズム)が連合国との戦いにおい
て新しい基地を確立する為にインドシナ半島の領域を
荒らした時、フランスの帝国主義者は彼らに膝を曲げて
ひざまずいて、我々の国を彼らに手渡した。このように、
その日付から、我々の身内は、フランス人と日本人の二
重の軛に服従した。彼らの苦しみと惨めさは増加した。
結果は、昨年の終わりから今年の初めまで、クアンチ省
からベトナム北部に至るまで、我々の仲間の市民のうち
の200万人が飢餓で死んだ。 3月9日に、フランス軍隊
は、日本人によって武装解除された。フランスの植民地
主義者は逃げたか、降伏した。それを示すだけでなく彼
らが5年の間に、もし彼らが日本人に我々の国を二回売
っていなければ、我々を「保護する」事が出来なかった。
3月9日の前に、幾度もベトミンは、日本人を相手取っ
てフランス人にベトミンと同盟するよう訴えた。この提
案に同意する代わりに、フランスの植民地主義者は、逃
げる前に彼らが拘留される沢山の我々の政治犯を大虐
殺したように、ベトミンメンバーに対してイエンバイ省
やカオバン省にて彼らのテロ活動を強めた。 こういう
事にもかかわらず、我々の仲間の市民は、常にフランス
人の方へ寛容で人道にかなった態度を常に明らかにし
て来た。1945年3月の日本の反乱の後さえ、ベトミンは、
多くのフランス人が境界線を横切るのを援助して、彼ら
の何人かを日本の刑務所から救い出して、フランスの命
と資産を保護した。 1940年の秋から、我々の国は実際
にフランスの植民地であるのをやめて、日本の所有にな
った。日本人が連合国に降伏したあと、我々の全部の仲
間は我々の国家主権を回復して、ベトナム民主共和国を
起こす為に蜂起した。 真実は、我々はフランスからで
はなく、日本から我々の独立をもぎ取った。 フランス
人は逃亡し、日本人は降伏し、皇帝バオ・ダイは退位し
た。我々の仲間はおよそ一世紀に渡って縛り付けて来た
鎖を破り、祖国の独立を勝ち取った。我々の仲間は同時
に、何世紀もの間最高位に君臨した君主体制も倒した。
その場所に現在の民主共和国が建国された。 これらの
理由から、我々臨時政府のメンバーは全てのベトナムの
人々を代表して、今後、我々がフランスの植民地支配者
の全ての関係を絶つと断言する。我々はフランスがここ
までベトナムに代わって同意した全ての国際的義務を
無効にする。そして、我々はフランス人が我々の祖国で
不当に得た全ての特権を廃止する。 全部のベトナムの
人々は一般的な目的によって活気づけられ、最後まで、
国を再奪取するフランスの植民地主義者による如何な
る試みとでも戦う決心を固めている。 我々は、連合国
がテヘランとサンフランシスコで認めた自決の原則と
国の平等がベトナム独立の承認を拒否しないことを確
信している。 勇敢にも80年に渡ってフランスの支配に
反対した人々、ファシストを相手に連合国と共にこれら
最後の年の間に戦った人々は、自由で独立しているに違
いない! これらの理由から、我々べトナム民主共和国
の臨時政府のメンバーは世界に対し厳かに宣言する。ベ
トナムは自由で独立した国である権利を持っている。そ
して実際既にそうなのである。全てのベトナムの人々は
全ての彼らの肉体的および精神的な強さを動員する決
心を、そして彼らの独立と自由を保護する為に彼らの命
と資産を犠牲にする覚悟を固めている。


独立宣言前後にホーチミンはアメリカの支持を期待して、
アメリカのトルーマン米大統領に8通もの手紙を送っていま
すがすべて無視されてしまい、この独立宣言を認める国は
ありませんでした。

9月6日 日本軍の武装解除や戦後処理のためイギリス軍
のインド駐留部隊がクレーシー将軍に率いられサイゴンに
入城し、3日後の9月9日には慮漢将軍率いる中華民国軍
もハノイに入城し日本軍の武装解除と、日本軍の収容所に
入れられていたフランス軍将兵を解放します。

26_20111015170959.jpg
中華民国軍 慮漢将軍

27_20111015170959.jpg
日本軍の武装解除

インドシナ全土の独立を認めないフランスは9月21日 イ
ギリス海軍部隊と共にサイゴンに上陸します。


41 ホーチミン主席の足跡 1945年(55歳) その3 8月革命
1945年5月8日ドイツが無条件降伏し、日本の敗戦も濃く
なってきた7月17日から8月2日にかけてベルリン郊外ポ
ツダムにあるツェツィーリエンホーフ宮殿に
アメリカ合衆国大統領ハリー・S・トルーマン、
英国首相ウィンストン・チャーチル(途中に選挙で政権が
交代しクレメント・アトリーと交代)、
ソビエト連邦共産党書記長ヨシフ・スターリン
が集まり、第二次世界大戦の戦後処理とソ連の対日参戦を
含めた日本との終戦について話し合われました。(ポツダ
ム会談)
11_20111011192451.jpg

日本の敗戦後、ベトナムでの日本軍の武装解除は北緯16
度線を境界とし、北側を中国、南側を英国が担当することも
決められました。

1945年7月26日のポツダム会談でフランスはインドシナ
植民地全土の回復を要求し承認されたとされています。

フランスの植民地についての方針はフランス連合国家内
で、植民地自治権の拡大は認めが、宗主権は放棄しないと
いうことが基本になっていました。

この頃ホーチミンはアメリカ諜報機関OSSと手を組んでア
メリカのパイロットを救出したり、援蒋ルートの確保に協力し
ていました。この時期ホーチミンは通信設備の設置を進め
ています。日本軍の敗戦が近いことは知っていたと思われ
ます。


12_20111011192451.jpg
1945年5月から8月22日までホーチミンが住んでいた家

1945年8月13日、ホーチミンはラジオの短波放送で日本
軍降伏の情報を掴みます。そして夜11時インドシナ共産
党中央委員会内の蜂起委員会は軍令1号を出し、ベトナム
全土での一斉蜂起の準備を指示します。この時点でベトミ
ン兵士は800人、銃は90丁しかありませんでした。

1945年8月15日正午、ベトミンは日本軍の降伏確認後、
敗戦処理までの軍事的空白を利用して政権奪取の行動を
始めます。

1945年8月16日、タンチャオ村で共産党の全国代表会議
及び人民代表大会が開かれ、総蜂起の開始で合意し
ます。ホーチミンはベトナム民主共和国臨時政府を
樹立し、全国民に一斉蜂起を呼びかけます。

13_20111011192450.jpg
1945年8月16日 ベトミンの全国大会が召集された
トゥインクワン省(Tuyen Quang)タンチャオ村の拠点


14_20111011192449.jpg
拠点近くの菩提樹の木。20年後、ホーチミンは回想してい
ます。
「20年前、この木のもとで我々共産党は、日本、フランスの
侵略者とどのように戦うか、人民の抵抗戦争を指導した。 
そして今、我々は美しい国土を持っている。」

15_20111011192449.jpg
現在も健在で石碑に歴史が刻まれています。

一斉蜂起(ベトナム8月革命)はハノイから始まり、全国に広
がりました。

16_20111011192529.jpg
ベトナム8月革命の前にホーチミンによって全国民に送ら
れた檄文

ベトミンは日本軍に対しては中立を守るよう要請し、日本軍
は本国が無条件降伏を受け入れた以上、武力行使は出来
ず、静観します。

17_20111011192528.jpg
バックボー(Bac Bo)8月18日

18_20111011192528.jpg
ハノイ(Hanoi)8月19日には、ベトミンはハノイの保安隊や
警察署など政府機関の接収に成功します。

19_20111011192527.jpg
ハイフォン(Hai Phong)8月23日


20_20111011194252.jpg
サイゴン 8月25日

21_20111011194251.jpg
サイゴン 8月25日

22_20111011194251.jpg
サイゴン 8月25日 ベンタン市場前

一斉蜂起はベトナム八月革命と呼ばれ、8月18日から始ま
ります。ベトミンが全国で総蜂起してフランスや日本の傀儡
政権となっていたベトナム国のグエン王朝の封建体制を倒
します。

40 ホーチミン主席の足跡 1945年 その2 「200万人」餓死事件
1944年から1945年にかけて、北部べトナムで「200万人」
の餓死が発生しました。「200万人」の数値については、ホ
ーチミンが独立宣言の中で引用した数値で根拠に乏しいと
されていて、多くの研究者の間でもその被害者数の把握や
原因について諸説があります。しかし多くの餓死者が出た
ことは動かしがたい事実なのです。

餓死事件の原因として挙げられているのは、

1.1944年、黄河デルタは洪水や干ばつの自然災害に襲
われ、凶作であった。
黄河デルタは過去のベトナムの歴史でもしばしば洪水
に襲われており、そのたびにこの地方の人々は団結
して水害対策を行っていましょた。この習慣が北部ベト
ナム人の団結力の強さを養ってきたといわれていま
す。

Untitled (2)


2.日本軍の稲作からジュート栽培への切り替えで、稲作
  耕地面積は減少していた。
ジュートとは黄麻の英語名です。100日ぐらいで収穫
できるそうですが、日本軍が稲作をジュートに以切り替
えさせたのは何故でしょうか。? 軍服が足りなかった
ため?

3.アメリカ軍の空爆によって輸送路が破壊、使用不能に
されていた。
南部のメコンデルタ地方では平年並みの収穫があった
ようですが、空爆による鉄道陸橋の破壊や海路の制空
権をアメリカに握られていたため北部ベトナムに米の
輸送ができない状態でした。

4. 日本への米の輸出
日本でもまた日照り続きで西日本や朝鮮半島のコメ
の凶作が起き、都市部では主食の米が底を突いて
いたため、ベトナムから多くの米が、大手商社の手
で日本に安価で輸出された。いわゆる「外米」といわ
れる米です。

日本軍はサイゴン・チョロン地区の華僑が所有してい
たコメ倉庫のいくつを事前に接収していたとありま
す。

日本軍の「明号作戦」発動まではフランスが形式的
には行政権を把握していましたから、日本軍が勝手
に華僑のコメ倉庫を接収することは出来なかったで
しょうがコメの備蓄は少なくなっていたはずです。


飢餓の原因はいくつかの要因が重なり合っているのです
が、日本の教科書には、日本軍侵略による圧政から生じた
と記述されているのだそうです。

飢餓の様子の証言も諸説あります。

当時の日本軍兵士は、「飢え死にした人たちを満載した荷
車が市内をがらごろ行く。文字どおりの飢餓地獄だった」
「ジアラム空港近くの高射砲陣地にいたが、周辺の辻に日
本軍が大釜を置いておかゆの炊き出しをして配った」

ハノイの革命博物館では当時の惨状を伝える記録写真が
展示されています。その説明文には「ファシスト日本は水田
から稲を抜き、わずかなコメも取り上げて機関車の燃料
にし、200万人が餓死した」

ハノイ人民委員会の幹部は「実際はこの時期の大洪水によ
る不作が原因だった。それにアメリカ軍の爆撃で南部から
のコメの輸送が途絶えたことが飢餓に拍車をかけた」機関
車のことは「これは南部の話」という。南部の米、北部のホン
ゲイ炭というように北部では燃料にこと欠かなかったが、南
部には石炭が届かず、「余ったモミを燃やして機関車を走
らせたことはある」と

これに対してベトナム共産党のある古参党員は、「今は賠
償問題を持ち出す気はないが、日本がかつてベトナムに
対して何をしたかだけはきっちりと認識してもらいたい」と語
っている。

ホーチミンが独立宣言で「200万人飢餓」を記述したのは
政治的プロパガンダ」であったとあっさり認める共産党員も
いるようですから、日本の教科書の記述は書き換えを検討
したほうが良いような気がします。(既に書きかえられてい
るかもしれませんが)

ベトナムへの戦後賠償問題での日本の国会討論でも100
万人を基礎として討論されていますが、この数字の根拠も
薄いです。

この戦後賠償問題は利権がらみのようです。
日本軍が迷惑をかけたのは、この飢餓事件に見られるよう
に北部ベトナムの人々が多いのに、日本政府は南ベトナム
をベトナムの正当政府として認めて445億もの賠償金を払
い、賠償問題は決着済みとの態度をとっています。当時の
岸信介の思惑は南ベトナムの海洋油田採掘にあったようで
す。ちなみに当時の岸首相の事務所は東京西新橋の日石
ビルの中にありました。

現在サイゴンにある石油採掘最大手会社、ペトロベトナム
のビルは日本石油と同じ三井系の資本が入っています

Untitled_20111007161800.jpg
ブンタオ沖の油田

但し、日本軍がベトナムに進駐したために、特に南部仏印
進駐が遠縁となって南北の輸送路が破壊され、コメの輸送
が出来なかったことは事実ですから、責任の50%ぐらいは
日本軍にあると思ってくさいと話す共産党員の方の話が的
を得ているような気がします。

美術博物館
Bảo Tàng Nghệ Thuật
ART MUSEUM
97A PHO DUC CHINH,Q1
時間:9時~17時(月曜休館)
11

ベンタン市場の真向かいの道を少し入った右側に美術博
物館があります。この博物館の一番の見所は展示物よりそ
の建物にあります。この建物は大金持ちの華僑、Hui Bon
Hoa(フイ・ボン・ホア)の邸宅でフランスの植民地時代の1
925年にフランス人建築家リベラによって建てられたもの
です。

12 正面
正面

13 側面
側面`

14 中庭
中庭

この時代になると、サイゴンにはフランスの植民地政府に
取り入って、米の運送や精米で財を成した華人が少なから
ずいました。建物の外壁は真黄色で、窓にはステンドグラ
スがはめられフランスのバロック建築風なのですが、華人
の家とあって屋根の瓦や正面入口の両サイドに掲げられた
漢詩の看板に中国文化が取り入れられています。床には
ベトナム産タイルがキッシリ敷き詰められ豪邸の貫禄を具
現しています。

サイゴン陥落後は北ベトナムに接収されたようで、1987年
9月には人民委員会の決定によって美術館として使用され
るようになりました。

この美術館の1,2階は現代ベトナムの絵画やベトナム戦
争をモチーフにした絵画が展示されていますが、特に世界
的に有名な絵画があるわけでもなし、現代ベトナム絵画に
よほど関心がないと印象に残りません。

15  絵画
絵画

この美術館で見るべき展示品は3階で、階段を上りきった
中央展示場にはベトナムの古代作品(陶器、漆、ラッカー
製品)があり、その左右のウィングには4部屋の常設展示場
があります。

16
中央展示場

左ウィングには第7世紀から20世紀初頭までのセラミックと
ブロンズ、右ウィングにはチャム族やクメール族の彫刻、デ
ルタ地方のOcEo美術品、ベトナムの少数民族の伝統的な
手仕事が展示されています。

17
陶磁器

18
ブロンズ像

19
チャム族の彫刻

20
OcEo美術品


正面入り口ではお土産販売店があり、街中の本屋さんでは
置いていない美術関係の出版物やCDなどが販売されてい
ます。

正面入り口の右側にはホアンキエム湖の伝説を再現する
亀とレロイ皇帝の大きな像がひっそりと建っています。

21



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。