べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムのオートバイ事情
 1100  2101  3102


人はどこを歩いたらいいのでしょう。歩道を歩いていても気が抜けない。毎日緊張して生きているから長生きするかもしれない。



 4103  5104  6105


雨が降ったら2人用のカッパもありますよ。
歩道上の駐車場は深夜まで満員。



 7106  8107  9108


歩道上の無店舗?修理屋さん。 
タイヤのチューブだけでも商売になります。
事故は頻繁に見かけます。




●オートバイ専用道路
オートバイが庶民の足であるベトナム。中心街の道路は広く6車線もあるとこがあります。しかしこのうち外側の2車線はオートバイ専用車線になっているところがあります。交差点でも信号はほとんどありませんから、この道路を横断するときには細心の注意と度胸が必要なのです。横断歩道の白線が描かれていても、横断している人に止まる車両は1台もありません。車両は人をよけ、人は車両をよけ、お互いが阿吽の呼吸で避けて通ります。おくびもなく道路の横断ができるようになったらベトナム人になれるのかも知れません。一日に救急車の走るのを3回も見ることがあります。


●オートバイ駐車場
ホーチミンでは車の台数よりオートバイの台数の方が圧倒的に多い。
オートバイは路上に駐車しておくと盗難の危険が多いので、歩道上に駐車場がたくさんあります。深夜を除き有料営業しています。見張り役もいます。デパートの地下を覗いてみた。すごい、駐車しているのは車ではなく数百台のオートバイオンリーである。
このオートバイ、夜は家族同様に家の中にしまっておきます。ベトナムの家の1階、グランドフロアーは応接間であるとともに夜のオートバイ車庫でもあります。毎日のオートバイの出し入れがまた一苦労、結構大変な作業である。家の前の道路と家の玄関とでは段差があるので、鉄板を敷いてからバイクを移動します。バイクが結構重いものであることをこの時知りました。


●オートバイの呼び名
オートバイは車種が何であれ、すべてホンダと呼ばれることがおおいのです。これではヤマハやカワサキがあまりにも可哀想である。現在は中国から安いオートバイが輸入され販売されているが、これもベトナムに入ればヤマハになってしまう。




スポンサーサイト
ベトナムのタバコ事情
 5  6  7


 8  9  1


 2  3  4


愛煙家皆さんお喜びください。まだ自由にタバコを吸
える国がありました。

野外、室内どこでも基本的にOK. 
灰皿もそこらじゅうにあります。道路が全部灰皿にな
っています。どこかの国のようにポイすてはけしから
んなどどケチなことは言いません。どうぞ吸殻は投げ
捨ててください。きちんと道路は掃除しておきます。

地元のタバコやイギリス、日本の輸入タバコも各種取
り揃えてあります。マイルドセブンなら成田空港で買
ってこないでも当地でも販売しておりますので、お気
軽においでください。

でも日本の製品はいいですね。
タバコも日本のが一番美味しいです。当地ではタバコ
も売る人によって値段が違いますから、くれ暮れも繁
華街の屋台では買わないようにしてください。一箱2
5000ドンも取られます。雑貨屋の私どもでは17
000ドンで御提供しております。ハイ。




ベトナムの新聞
01s10  02s11  03s12

04s13  05s14  06s15

07s16  08s17  09s18

10s19  11s20  12s21

13s22  14s23  15s24


ベトナムには実にいろいろな新聞が出まわっています。インターネットが急速に発達しているとは言え一般家庭にはまだまだ普及していませんから、情報源はテレビニュースと新聞です。

テレビのニュースは主要な出来事だけですから、やはりメインは新聞です。バイクタクシーのおじさんも暇を持て余し気味にバイクに腰掛けてよく新聞を読んでいます。

新聞の宅配制度もあるようですが、一般庶民は宅配料金を支払うのがまだきつい家計状況なのか、道路脇の屋台で新聞を買っています。

不動産売買や賃貸をメインにした物の売買情報誌、「MUA BAN」は(写真1)ベトナムでは庶民のバイブルのような存在です。1部2800VNDです。13カテゴリーに分けて情報満載なのですがベトナム語です






ほうき
 箒1  箒2  箒


ベトナムではまだ電化製品がそれほど普及していませんから、電気掃除機などはよっぽど裕福な家庭でないと使用していないようです。というより床がタイル張りなので電気掃除機が必要ないのかもしれません。やわらかい箒で掃けば十分なんです。

テレビでは電気掃除機の宣伝をしていますが、売れ行きはどうなんでしょうか。広告料倒れになりそうな感じです。

日本はタタミの生活であることから、高度成長期にあっという間に普及してしまったようですね。
中心街の道路掃除も朝から夜まで枝の長い箒で掃除しています。


サトウキビジュース
フレッシュジュース1  フレッシュジュース2  フレッシュジュース3


亜熱帯気候のホーチミン市では果物は豊富にある
のですが、中心街では果物店や果物屋台は見かけません。

タイのバンコクではそこら中の道路で果物屋台があるので
すが、ホーチミン市では賄賂を払わなければ屋台が出せな
いこともあってベンタン市場や中心街を少し離れたマーケ
ットに行かないと果物店がありません。

フレッシュジュースを専門に売る店が出来るとガイド
ブックに紹介されるほどです。

ホーチミンに住んで一番美味しいと思ったジュースは
サトウキビをそのまま絞ったジュース。ヌックミア
サトウキビは果物の類に入らないかも知れませんがこの
ジュースは100%天然そのもの.

その場でサトウキビを圧縮機で絞って、飲ませてくれる
ので新鮮さも100%、とても美味しいです。

日本でも沖縄にはサトウキビはたくさんあるのに、みんな
砂糖にしてしまうのでしょうか。

20年ぐらい前に沖縄に行ったときに、サトウキビジュース
を飲んだ記憶はありません。

サトウキビは短く切ってかじっても甘みがあって美味しい
です。 今時、日本では売っていないでしょうが。

ちなみにサトウキビはカイミア、短く切ってかじるものは
コップミア、ジュースにしたものはヌックミアといいます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。