べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムの国名

ベトナムの国名

ベトナムの正式名称
ベトナム語  Cộng Hoà Xã Hội Chủ Nghĩa Việt Nam
(略称) Việt Nam  
フランス語  République socialiste du Viêt Nam
中国語    共和社會主義越南
日本語     ベトナム社会主義共和国

<国名変更>
2013年10月開会の国会で憲法改正が予定
されており、その際ベトナムの国名も「ベトナム社
会主義共和国」から「ベトナム民主共和国」に
変更される予定です。

「ベトナム民主共和国」は1945年9月2日に
ホーチン主席が独立宣言をした時に名付けら
れた国名です。

社会主義の文字を削除して、自由主義経済を
さらに推進する意図があるのですが、共産党
一党独裁の政治体制は変わりません。

<変遷>
ベトナムとは[越南]のベトナム語発音で、1802
年に成立したグエン朝が当時の宗主国であった
中国清朝の許可を得て、命名された国名です。

グエン朝は当初「南越」と申請しましたが、紀元
前に中国から離反して独立した国が「南越国」
だったので許可されませんでした。仕方なく
「南越」を逆さにして「越南」となったのです。

国名を「越南」とされたことにグエン朝は不快で、
フランスとの条約締結時には「越南国皇帝」とせ
ず「大南国皇帝」と署名しています。

1945年9月2日、ホーチミンが独立宣言をした
時も、このベトナムと言う国名を引き継ぎ、現在
に至っています。

1.建国時  紀元前1000年頃から
国名 文郎国(ヴァンラン)
首都 バックハック(現在のメリン ハノイの
北西)
国王  個々の国王名は不明ですべての国王は
「雄王」と呼ばれています。

ヴァンラン国は国家形態を示す記録も遺構も存
在しないため、半ば伝説上の国家とされていま
すが、ベトナム人はこの伝説を大切にしています。

11_201310311717411cf.jpg

12
雄王

2.紀元前257年~紀元前214年
国名  甌駱国(オーラック)
首都  封渓(フォンケ)=古螺(コーロア)
国王  アンズオン王(安陽王)

13
コーロア城はハノイから北へ20Km

15
アンズオン王


3.紀元前208年~紀元前111年
国名  南越国
首都  中国広州
国王  趙佗(チョウダ」

16

南越国はその領土の大半は現在の中国ですが、
中国秦の始皇帝の死去に伴い、中国から独立、
中国の漢によって滅ぼされたので、ベトナム歴史
の一部として扱われています。

17
チョウダ


<紀元前111年~40年  第1次中国支配の時代>


4.40年~42年
国名   なし
王朝名 チュン王朝  
首都   メリン

18
チュン姉妹

中国、後漢により滅ぼされました。
ハイバチュンの伝説で有名です。


<43年~544年  第2次中国支配の時代>

5.544年~602年
国名 万春国(ヴァンスゥアン)
王朝名 前李朝
首都 龍編(ロンビエン Long Biên ハノイ
      の東)
国王   李賁(リビ Lý Bí)
中国の支配下にあった北部ベトナムで反乱を起
こし建国。

19
リビ

602年、前李朝は中国、隋の攻撃により滅ぼさ
れます。


<602年~939年  第3次中国支配の時代>


6.939年 – 944年 
国名 なし
王朝名 呉朝(最初のベトナム人王朝)
皇帝 呉権(ゴ・クエン Ngô Quyền)

20
ゴ・クエン

首都 古螺(コーロア)
最初のベトナム人王朝だが、国家形態を整備し
たのは次期王朝ディン朝と言われています。


<944年~968年  ベトナム群雄割拠の時代>
中国、唐(618年~907年)は現在のハノイ近
辺に「安南都護府」を置いて中国南方地方の
支配の拠点にします。

860年代に北部ベトナムは、中国、雲南省にあ
った南詔(なんしょう)という国家に一時占領され
ますが、その後、奪回して「安南都護府」を中心
に「大羅城」を築いて支配します。


7.968年~980年
国名 大瞿越(ダイコゥヴイエット)
王朝名 丁朝(ディン)
首都 華閣(ホアルー  ニンビン省)
  ハノイから約100キロ南
国王    丁部領(ディン・ボ・リン)

21
ホアルーの東門

22
ディン・ボ・リン


8.980年~1009年
国名 大越(ダイヴイエット)
王朝名 前黎朝
首都 華閣(ホアルー ニンビン省)
国王   黎桓(レ・ホアン) 

23
レ・ホアン

9.1010年~1225年
国名 大越(ダイヴイエット)
王朝名 李朝
首都 昇龍(タンロン ハノイ)
      「大羅城」を「昇龍」と改名します
国王   李公蘊(リ・コン・ワン=リ・タイ・トウ
      Lý Thái Tổ)

24
リ・タイ・トウ

25
タンロン城の遺跡

10.1225年~1413年
国名 大越(ダイヴイエット)
王朝名 陳朝
首都 昇龍(タンロン ハノイ)
国王   陳煚=陳太宗 (チャン・タイ・トン
Trần Thái Tông. )
      実質的な創始者は陳守度

26
チャン・タイ・トン


11.1400年~1407年
国名  大虞(ダイグゥ)
王朝名 故朝(ホ)
首都 西都(タイドー  タインホア地方)
タイドーに対してハノイ地方が通称「東都(ドンド
ー)」ないし「東京(ドンキン)」と呼ばれるようにな
ります。
国王   胡季犛(ホ・クイ・リー)
滅亡   中国、明によって滅ぼされます。

27
タイドーの城門は世界遺産です

28
ホ・クイ・リー

<1408年~1428年  第4次中国支配の時代>


12.1428年~1527年
国名 大越(ダイヴイエット)
王朝名 後黎朝前期
首都 昇龍(タンロン ハノイ)
      東都・東京の名称は北ベトナム全体を
      指す通称として残ります。
国王   黎利(レ・ロイ)

29
レ・ロイ


13. 1527年~1789年
<ベトナム動乱の時代>
国名 大越(ダイヴイエット)
王朝名 後黎朝後期
政権名  莫朝(マック1527年~1677年)
(実質1592年)
   政権名 鄭朝(チン1545年~1788年)
   政権名 広南阮朝(グエン1558年~
         1777年)


14.  1787年~1802年
国名 大越(ダイヴイエット)
王朝名 西山阮朝(タイソングエン)

首都 クイニョン(ビンデイン省) (1778-1793)
国王   阮文岳(Nguyễn Nhạcグエンニャック)
首都 フースワン=フエ (1786-1802)
国王 阮文恵(Nguyễn Huệ グエンフエ)

30
タイソン3兄弟

31
グエンフエ

14.1802年~1945年
国名 越南(ベトナム)
王朝名 越南阮朝(ベトナムグエン)
首都 富春(フースゥアン=フエ)
長い間首都であったタンロン(昇隆)は漢字名が「昇龍」
と改称され、1830年代から河内(ハノイ)と呼ばれる
ようになりました。
国王 嘉隆帝(ザーロン)

32
ザーロン帝


15.1884年~1945年
国名 フランス領インドシナ
王朝名 阮朝(越南阮朝・グエン)
首都 フエ

「ベトナム」という言葉の使用は禁止され、ベトナ
ム国内は3地域に分けられ呼称されます。

地域名 バッキー (東京・トンキン)北部ベトナム
地域名 チュンキー(安南・アンナム)中部ベトナム
地域名 ナムキー (交趾支那・コーチシナ)南部ベトナム


16.1945年3月11日 – 8月30日
国名 ベトナム帝国(日本の傀儡国家)
首都 フエ
元首  バオダイ皇帝
退位 1945年8月30日に退位し、ベトナム
での王朝支配が終焉

33
バオダイ帝


17. 1945年9月2日~1976年7月2日
国名  ベトナム民主共和国
首都 ハノイ
元首 ホーチミン大統領

34
ホーチミン

18.1946年6月1日~1948年5月27日  
国名  コーチシナ共和国(フランスの傀儡国家)
ベトナム臨時中央政府に吸収され消滅
首都  サイゴン
元首  グエンバンティン(阮文盛)


19.1949年6月14日~1955年4月30日
国名  ベトナム国(フランスの傀儡国家)
首都  サイゴン
元首  元皇帝バオダイ

<ジュネーブ協定による南北分断時代>
北ベトナム  ベトナム民主共和国
南ベトナム  ベトナム国

20.1955年10月26日~1975年4月30日
南ベトナム
国名  ベトナム共和国(アメリカの支援国家)
首都  サイゴン
元首  ゴディンジェム大統領

35
ゴディンジェム

21.1975年4月30日~1976年7月2日
国名  南ベトナム共和国(ベトナム民主共和
国の傀儡政権)
首都  サイゴン 評議会議長  グエン・フー・ト

36
グエン・フー・ト


22.1976年7月2日~現在
国名  ベトナム社会主義共和国

1976年6月24日、ベトナム戦争後初の南北統一国会
(第6期国会第1回会議)が招集され、7月2日の
国会決議により現在の国名が決定された.
首都  ハノイ
元首  トン・ドゥック・タン大統領

37
トン・ドゥック・タン

スポンサーサイト
チュオンサ島(南威島)

10 - Copy (274x400) (2)

南沙諸島の西南部にある軍事上重要な島で、1974
年ベトナムが侵攻して占領し、実効支配している
中国、台湾、ベトナム、フィリピンも領有権を主張して
います。

11

12

北東から南西にかけて長さ750m、最大幅350m、
面積は0.15平方キロメートルあり、海抜は2.5mあ
ります。
島には漁民が掘った井戸があり飲料できます。
(領有の歴史)

太平洋戦争中は日本軍が占領し、西鳥島と呼ばれて
いました。

194612月、日本の敗戦後、中華民国海軍は軍艦
“中業号”、“永興号”、“太平号”、“中建号”を南海諸
島に派遣して占領し、領有の石碑を建立します。

1956年、中華民国は太平島、南威島、西月島に 石
碑を建立し、国旗を掲げて、“南沙守備区”とします。

1973年7月から1974年2月にかけて南ベトナムが
南沙諸島に侵攻し、占領していきます。

1975年,サイゴン政権が崩壊すると,北ベトナム軍
が南ベトナムの守備隊に降伏を受け入れるように島
に上陸し、守備隊は投降します。

1985年,ベトナム(ベトナム社会主意共和国)国防部
長が南沙諸島を視察します。

2004年4月,ベトナムはチュオンサ島に観光団を上
陸させます。

2012年6月,ベトナムは南威島に国旗を掲げ領有を
宣言します。

島には600mのコンクリート製滑走路があり、小型の
プロペラ飛行機が離着陸することができます。
ヘリポートや港湾施設も整備されていて、観光船も訪
れまず。

13

14 (2)

15_20130318171408.jpg


16
ベトナム海軍の石碑

17 (2)

20
約500人のベトナム人民軍が常駐しています。

島は熱帯植物や海鳥の宝庫で、ベトナム本土から観
光客が訪れます。

18
ホーチミン主席の祠

19 (2)
チャンフンダオの銅像
チャン・フン・ダオは外国軍隊の侵略を撃退したことで、
ベトナムの歴史上尊敬されている将軍です。


21
島の豊富な漁業資源

22
熱帯の珍しい植物もたくさんあります

西沙諸島 永興島(ウッディー島)

11

永興島は、珊瑚礁に囲まれた平坦な島で長さ1950m、幅
1350m、面積が2.1平方キロメートルある西沙諸島最大
の島で,平均海拔高度は5mあります。

12

永興島は至る所に椰子の木が茂り、南国の花が咲き乱れ、
どこまでも純白で柔らかな砂浜が続く、熱帯ならではの風情
を持つ屈指の景勝地で、本土からの観光客も多く訪れます。

島には中国人民解放軍海軍、中国人民武装警察辺境部隊、
海南省三沙市の人民委員会の要員、建設労働者、入植者、
漁師らが定住しています。
島内には航空海事軍事基地がおかれ、中国の南海諸島
(西沙、中沙、南沙諸島)支配の中心になっていて、現在で
はインフラも整備されています。
毎月生活必需品や建設資材等が本土から送られてくる船が
港に入港すると、島に定住している人々は2日間休日となり、
荷物の運送を手伝います。この2日間はお祭り騒ぎになります。
飲料水や洗濯などの生活用水には雨水が利用されていま
す。

(領有の歴史)
1946年9月,日本の領有権放棄により、中華民国(台湾)
が軍艦“永興号”を派遣して島を接収し、11月24日には
「海軍收復西沙群島紀念碑」と書かれた領土回復の記念碑
を建立します。
島の名は“永興号”に因んでいます。

1955年、アメリカの支援の下、南ベトナム共和国が島の西
半分を占領し、中国との対峰が続いていました。

1974年、中国が南ベトナムとの西沙諸島海戦で勝利して
以降、中国が実効支配しています。

1977年、全島の支配を確立した中国は領有の記念碑を建
立します。

13 (2)

2012年、中国国務院が三沙市の設置を承認し、市政府所
在地は永興島に置くと発表しました。

14
市政府ビル

(施設)
1991年島からはみ出した2700mのコンクリート製滑走
路(軍用,民用共同)が完成し、ボーイング737機も発着で
きます。

15

16 (2)

17

18
同時に800mの桟橋も完成し、5000トンクラスの船も横付
けできます。

海南島三沙市からフェリーでこの島を訪れる観光ツアーが
催行されています。

19
永興島への乗船切符


20

21

22

23

24

25

26

27

28

交通機関のほか、日常生活に必要な建物も建築済み
です。
公安派出所、西沙海事局、中国工商銀行西南中沙群
島支店、人民病院、西南中沙群島郵便局、西沙ホテ
ル、百貨店、中央人民放送局、海南FMラジオ局、海
軍西沙海洋博物館、海南図書館西沙支局、西沙軍史
館、気象台、西沙海洋科学実験所。

29 )
フランスが占領していた時代に建設された気象台

30
気象台の建物

31
通信会社


歩道や芝
生などの自然環境も整備され本土からの
観光客の受け入れ態勢を整えています。

32



サイゴンカルメル会修道院
Đan viện Cát Minh, Saigon
場所 トン・ドゥック・タン通り 33

サイゴンカルメル会修道院は1861年に創設された東洋で最初の女性の
修道院です。

11   (400x245)
カルメル会修道院

12
内部のホール

13
礼拝室

14   (400x293)
内部の彫刻物

1844年、フエで投獄されていたサイゴンのルフェーヴル(Lefebvre)司教は、
1849年に釈放されるとフランスのノルマンディー地区リジューの街
に住む従姉妹Philomeneにサイゴンに修道院を建設するよう手紙を書き
ます。

Philomeneは賛成しましたが、ベトナムでのカトリックへの迫害が小康状
態になるまで待つよう返事を書きます。

そして1961年7月1日、Philomene他3人のカルメル会修道女がカトリッ
クの聖地のひとつであるリジューの街を出発し、3ヶ月の航海を経て
1861年10月9日にサイゴンに到着します。

グエン王朝の皇帝トゥドゥックはこの年の2月初めに. Theophane Venard
slashed司教を斬首にし、キリスト教弾圧を一層強めていましたが、
修道女達はサイゴンに最初のカルメル会修道院を創設します。

修道女はサイゴンに到着して数日後、ルフェーヴル司教が修道院を造り
たいと思った土地を見に行きました。そこは現在のセントポール教会の向
かい側にありました。

建設された最初の修道院は木造作りの小さなものでしたが、1962年に
はサイゴンの女性も修道院に参加するようになります。
しかし、この修道院の礼拝堂は嵐で破壊されてしまい、あらたな修道院を
建築するため、建設資金をフランスのカルメル会に依頼します。

1967年10月8日、新しく建築される修道院の礎石がJean Claude Miche
司教によって置かれ、1876年12月9日に彫刻物も含め、新しい修道院
が完成します。

修道院は中庭をブロック塀で囲んでいて、フランスのカルメル修道院を
真似て造られていますが、内部の礼拝堂はベトナムの建築要素が取り入
れられているそうです。

15   (400x253)
中庭 1

16   (400x247)
中庭 2

17
中庭 3

シャルネ通り(グエンフエ通り)
植民地時代  シャルネ通り(Charner)
現在 グエンフエ通り(Nguyễn Hue)

10 (1)

ホーチミン市人民委員会から一直線にサイゴン川のメイン桟橋に
延びるグエンフエ通りはフランス植民地政府が最初に開発した埋立て
道路で、サイゴン川に向かって左側はドンコイ通りに沿ってすでに
建設された建物があったので、右側に新しい建物を次々と建設しま
した。
なおグエンフエの発音は南部ベトナムでは「ウィンウェ」となります。
「グエンフエ」ではまったく通じません。

<通りの右側に建設されたフランス植民地時代に建造物>

1.  ホーチミン市人民委員会
10 (2)
ホーチミン主席の銅像は南北統一後です。

2.  レックスホテル
10 (3)
建設当初はガレージでした。


10 (4)
現在のレックスホテル

3.  国営デパート
10 (6)
建設当初

10 (7)
現在の国営デパート

4.  キムドーホテル
10 (8)
現在のホテル
フランス植民地時代には「KIMDO INTERNATIONAL」と呼ばれ、
外国人専用のホテルでした。

5.  調停裁判所(現在スンワタワー)
10 (9)
調停裁判所

10 (10)
現在のスンワタワー

6. 旧ベンタン市場(旧インドシナ財務局、現在ホーチミン市財務局)

10 (11)
旧ベンタン市場。火災のため焼失し、現在の場所に移転しました。

10 (12)
現在のホーチミン市財務局

7.  ホーチミン市税関
10 (13)
1900年当時の税関


10 (14)
現在の税関

8.  観光用埠頭
10 (15)
現在の埠頭

10 (16)
昔の埠頭の名残です。


<グエンフエ通りの歴史>

<運河であった時代>
10 (17)
1866年の写真

10 (18)

10 (19)

10 (20)


<埋立直後>

1868年からフランス植民地政府は沼地や運河の埋立てを始めま
した。
グエンフエ、レロイ、ハムギ、パスター通りと次々に埋め立てていき
ます。

10 (21)

10 (22)
左下の階段が今でも残っています。よく探検しないと発見できませ
んが。

10 (23)
引き潮の時にはもっとよく見えます。


10 (24)
7月14日、フランス建国記念日のグエンフエ通り 

10 (25)
1908年のグエンフエ

10 (26)
1909年のグエンフエ


<埋立後の道路整備>

10 (27)
右側建物は税関です

10 (28)
1911年の写真。正面にトレビュー号(Amiral Latouche Tréville)が
停泊しています。後のホーチミン主席が救国を胸にフランスへ旅立
った時に乗った貨客船です。

ホーチミン主席はニャロン桟橋(現在のホーチミン主席記念館、昔
のドラゴンハウス前の桟橋)から旅立ったとされていますが、それは
史実ではなく、実際はグエンフエ通り突き当りの、この桟橋から旅立
ちました。

この写真の説明にもニャロン桟橋ではないと書かれています。
Năm 1911 anh phụ bếp Văn Ba rời Việt Nam từ bến này
chứ không phải từ bến Nhà Rồng


10 (29)
当時の船会社各社の桟橋


10 (30)
中央奥に現在のホーチミン市人民委員会が見えます。
フランスの都市計画手法「ビスタ」によって都市が建設されているの
がわかります。

10 (31)
道路に分離帯が出来、車が走るようになります。

1890年代の後半、フランス海軍の楽団はグエンフェ通りのサイゴ
ン川の近くで夕食後のコンサートを週に1回開いていました。

フランスの居住者はサイゴン川のさわやかな風を受けながら、カフ
ェやベランダから通りを散歩する人々を眺めながらコンサートを楽し
んでいました。

10 (32)
オーペンエアーのカフェレストラン

10 (33)
上の写真の場所には現在 「KITA Cafe Shop」があり、店内に
は上記の写真が飾ってあります。


<南北統一後>

10 (34)
1979年の写真

10 (35) (400x264)
1979年のメーデー

10 (36)
2011年(テト旧正月)のグエンフエ通り。フラワー道路に
なります。

10 (37)
2011年 グエンフエ通りに昔の道路名をつけたカフェ&レストランが
オープンしました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。